スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

6th六甲CB復路1

ども!脇腹をこちょばされても意外にこちょばがらないレオちゃんマンっすσ(・∀・)

かと言って不意にはやめてね。

不意には

さて、六甲CB復路。

レギュラーの復路とハーフが同時スタートします。レギュラーの一部は既に折り返してる人もいます。

自由な選択制なんですな。

7:35、やや遅れて宝塚ローソン前をスタート。

スタートに100人以上いるって賑やかなもんでただただ楽しかった。

スタート後すぐに急な舗装路の上り。途中で舗装路とトレイルとの分岐があるけど、タイムは気にせずテクニックの要らない舗装路をチョイス。

すぐに暑く感じ上のシェルを脱いだ。

塩尾寺がやたら遠く感じる。ほぼ歩きっぱなしで26分。

塩尾寺からトレイルに入る。普段は走っても十分に走破出来る緩やかな上りなんだけどいっこも足が動かない。

ギヤが上がんないというか。

ここでムリして消耗するのは掬星台以降の後半で酷いことになると判断しゆるペースを貫く。

大谷乗越54分。

なかなか上がらない調子のことは既にアタマの中の意識に無かった。

たくさんのランナーの流れに極力合わせて行った。後ろからイキの良いハーフのランナーが凄い勢いで走ってきてもすっと道を空ける余裕はあった。関東から参戦のどららちゃんが下ってきた。あの猛吹雪を経て知らないルートを10時間以上動きケロッとしてる。戦歴とかやってることが凄い人なんだけどガツガツしないんだよね。そこが魅力かなぁ。どららちゃんとは軽く挨拶を交わして進む。

少し上がって舗装路に。少し標高が上がるとまだ寒い。またシェルを羽織った。結局ここからゴールまでは着っぱなしだった。

昨夜の猛吹雪の名残はあまり感じられず、寒さだけ置いていった感じ。ピンとしまった空気が気持ち良かった。

再びトレイルに入り、下りでは大好きなポイントに差しかかる。この辺には斜めになってる特徴的な杉の木があり毎回タッチして気持ちを入れている。

この辺でまたまた関東からレギュラーに参戦の10Gさんがノシノシと勇壮な姿でニヤニヤしながら下りてきた。「ちゃんと折り返してゴールしますよ。」と彼は言った。今からだと往路で12時間以上かかる。すぐ折り返しても相当かかるからムリだろう。そー思ったが彼は33時間、六甲で2晩を過ごして誰もいない須磨浦公園にゴールしている。とてつもなくスゴいお方だ。

舩坂峠1時間25分。

ここから少し急な上り。たくさんのランナーに道を譲るがまだまだたくさんいるよーだ。

東六甲縦走路入口1時間56分。遅い(笑)

この辺でしんちゃんと一緒になる。お互いボロボロ。それを確認しあえたことで元気が出た。

一軒茶屋2時間07分。トレイルライダー兄さんのエイドでソバを貰う。濃いめの出汁が嬉しかった。あの猛吹雪の中何時間も僕らをサポートしてくれ大きな声援を送ってくれた。ほんまありがとう!

これからはロード。ほぼ無心で前のランナーについていく。ずっとしんちゃんの背中を追いかけてた。しんちゃんは走り出しが軽くてスーッと先にいってしまう。ついて行くのが大変だった。

ガーデンテラス、ゴルフ場、この辺りだったか、しんちゃんについていくのがしんどくなり独りになった。


(ムダにつづく)
スポンサーサイト
6th六甲CB | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/04/11 07:59
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。