スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

ウルトラマラソン完走のコツ、その2

ども!暑かったり涼しかったりとなかなか服装に悩む今日この頃ですね。

僕の悩みは一昨日の30km走で激しく擦れたBCK(ビーチク)の今後についてです(;´Д`)

BCK擦れ予防にはファイテンのテープがイイね、でお馴染みのレオちゃんマンです え?違うぅ?

さて、こんなタイトルにしてしまったから収まりがつかず難儀しておりますが脈略なくいきますね。

・補給に気を付ける

わっ、当たり前や(笑) でも色んな考えがあると思うので僕なりの対策を書いておきますね。

水分とエネルギーの2面で考えます。

まず水分。スタート前には必ず1リットル以上はガブ飲みしてます。エイドにスポーツドリンクがあれば優先してそれを取り、少しずつ飲みます。立ち止まって飲むと2杯3杯と飲み過ぎるからです。飲み過ぎは体が重くなるだけです。

また後半になればなるほど一度止まると脚が固まって次に動き出すのに苦労します。

エイドは手早く、です。

水は頭にかけたり肩や脚にかけて火照りを鎮めます。その時注意することはシューズを濡らさない、ってこと。シューズの濡れは足指のトラブルに繋がります。筋肉以外の痛みに耐えて走ることを想像すると容易にその辛さが想像出来ますよね。

どーしても不安な方は空のボトルを用意するのもひとつです。少しずつ給水できますし、頭にかけても良いですね。また、大量にかけ過ぎてシューズの中まで濡れることは少ないと思います。

エネルギー補給について。スタート前の水のガブ飲み同様にしっかり食べます。スタートの2時間前には食べておきたいですね。生物やお肉は避けてます。生野菜も食べない。お腹にガスが溜まりやすいんですね。ご飯とお味噌汁、うどんなどを食べバナナをシメにすることが多いです。

レース中の補給ですが、エイドに食べ物を置いてくれるレースなら基本的には手ぶらでOK。

軽いものならエネルギー系ジェルを携帯するのも良いでしょう。ただし、緊急用として1~2個にとどめ、あまり沢山持つのは控えます。

逆にエイドに置いてなさそうなものを持参するのはアリです。例えばガム。噛んでいると不思議と空腹が和らいだりしますからね。でも、ガムの吐き捨ては御法度ですよ。

エイドにも梅干しや塩は置いてることがありますが携帯用に練り梅チューブもアリです。練り梅チューブはスーパーで売ってるもので40g程度で軽量、ダイレクトに脳にガツンとくるお気に入りアイテムです。

後はアミノ系と電解質系のサプリをお守り程度に少し。小さなウェストポーチに十分入りますね。

色々試しましたが補給食は量は要りません。重りとなるのは持って行かない方が良いのです。最低なのは要るかもしれないと不安になって何でもかんでも持って走ること。逆に消費しきれないことがストレスになります(笑) 走ることに集中しましょう。

と、いうことで潔く軽量化をオススメします。

肝心なのは何をどのタイミングで取るか。例えば、アミノ系サプリを20km毎に一つ取る、とか。そんなんでよろし。

あと、レースによっては名物エイドがあってその地の名産や普段ありつけないものが置いてあったりするのでチェックしておけば、「あのエイドまでは我慢して走るぞ」と走る目標になるので良いですよ♪

僕は苦しいサロマの75km地点のお汁粉を食べたくて頑張れた記憶があります。初挑戦の時はお汁粉の存在も知らず、関門もギリギリだったのでお汁粉が売り切れてたのです。2回目のサロマではそれを覚えていて苦しかったですが「お汁粉、お汁粉!」と唱えながら走ってました。それが粘りに繋がった。食い意地の張っているレオちゃんマンはこの経験から必ずエイドの食べ物はチェックするようにしてます(笑)

またまた長くなりスミマセンσ(^_^)



こちらをドゥーンと押しちゃってー!!
レオちゃんマンの元気の源
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【ウルトラマラソン完走のコツ】 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/09/07 20:47
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。