スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

僕にとっての100km。

ども!ビール工場の見学で飲み過ぎたレオちゃんマンでーっす♪

20分の試飲時間で4杯頂きましたσ(^_^)



また写真横になってるけどま、良いか。

さて、今日は100kmマラソンについての雑感。

僕が走り出したのが4年前の夏。

その2007年はハーフ2本、フル2本を完走しフル4時間半がやっと。

テレビでサロマ湖のウルトラマラソンの挑戦企画をやってて今まで24時間テレビとかで100kmマラソン見ただけだったので衝撃を受けた。

僕も走ってみたい!

単純にそー思って迷わずサロマにエントリー。

エントリーしたものの完走の自信は全くなく、とりあえずは翌2008年3月の篠山マラソンでサブフォーを目標に練習に熱が入る。

で、篠山マラソンでなんとかサブフォーをクリアして少し自信が出てくる。

フルマラソンで初めて歩かなかった♪

これは大きな経験となる。

調子に乗って挑んだ4月のとくしまマラソンは撃沈の4時間20分台。

そして、一度は半分の50kmは経験しないと、と思い出た5月の赤穂ウルトラ50kmでは7時間近くかかって完走。

半分で7時間なら100kmだと関門通過出来ない(゚Д゚;)

現実を感じ、ヤバいなと真剣に思い始める。

直前に早歩き練習を入れていったい早歩きでキロ何分なのかを計った。

速くてキロ10分、気を抜くと13分てとこ。

そして6月のサロマ。

ママちゃんと当時まだ1歳6ヶ月の福娘1号を連れて。

応援バスに乗って各ポイントで待ってくれてる。

それが励みだった。

70km過ぎから関門制限時間との競争だったけどなんとか制限時間13時間内にゴール♪

貯金は30分程だったか。

夕暮れのワッカ原生花園は忘れられない。

その年、10月に四万十のウルトラも制限時間ギリギリで完走。

ウルトラマラソンに完全にハマった2008年だった。

2009年はサロマ、おんたけ

トレイルでの100kmも経験した。

2010年もサロマ、おんたけ

2011年は六甲キャノンボール、富士五湖、おんたけ、神戸24時間マラソン

そして、今月の丹後ウルトラ。

100kmの魅力。

それは、旅を感じれることでしょうか。

長く、できれば速く走りたい。

そー思うのであります。

そして、激しく急激に疲労するのではなくゆっくりジワジワ疲労して、最後に自分とガップリ四つで向き合える感覚。

あれは走ってみないと分からない。

で、何度走っても毎回違うからクセになっちゃうのだな(笑)


こちらをドゥーンと押しちゃってー!!
レオちゃんマンの元気の源
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【日記みたいなん】 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/09/05 08:08
コメント
全く同感~
大人の遠足だな、僕には!
富士五湖やサロマも興味あるけど、やっぱり遠足なら山なのかなぁ~
僕も速く走れるなら勿論そうしたいけど、なかなか難しいそう(笑)
ま、ゆるゆるいきますわ。漢超は怖いけどねぇ…
アフロさんへ
でったい山のが楽しい。
イニシエの道を辿るのはいとおかし。
しっかし、ゲンダイの道も悪くない。
そこに住む人の営み。違う土地、知らないニッポン。
共通点はエイドや応援はどこもあたたかいってこと。
だから、ロードのウルトラも欲張っちゃう。
それに、感超はロードだと察知しやすいからね(笑)

で、僕はアフロさんとのロングロングなハイキングを熱望しております。
実現させることを考えちうだよ♪

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。