スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

【夏祭り】おんたけウルトラ100マイル、レース編♪

ども!スタート編からノンストップで書いてます。レオちゃんマンっす

さて、レース編ですな。

ビックリするくらい淡々としたものになる。ありのままを書く・・・

ほんま、記憶にあるのは暗闇とキレイなお月さま、トンネル、雲海、朝焼け、デジャブトレイル・・・・

ま、書き始めましょう。

午後8時スタート。47人の同志がスタートラインを切った。

みんな飛ばさない。自分はまさかのトップ集団。ヤバイヤバイ、自重してスローペースを心掛ける。

それでも10番目くらいを走る。ゆっくりゆっくりを心掛ける。

心拍は明らかに去年より楽だった。

あえて心拍計は付けなかったけど、感覚で楽、って思える走りを続けた。

10km、1時間9分。この時は知らなかったけど去年のタイムは1時間7分。

やっぱり無理せず走れてたワケだ。2分のビハインドでこの身体の負荷ならまだまだ全然余裕。

第2CPまではジョグペースで繋げよう。そう考えていた。

20km、2時間10分。ループに突入。下りもありスピードは自然に上がる。

ここまでは何事もなく自然体。ジェルは80分間隔でピットインリキッドを1個。

上りに転じても無理には走らず歩きと走りを織り交ぜて前に進む。

今になって思う敗因③ 無理に歩かなくても良かった。

温存する、という意識がものすごく強かった。

だからいつもなら攻める、っていう気持ちにリンクして集中力が研ぎ澄まされるのに、

この日は下手に防衛能力ばかりが上がってしまった。。。

結果、まさかの午後10時半での第1回ネムネムタイムに突入

睡魔はいきなり訪れた。

比較的楽な傾斜でガレてはいるが薄目でも十分走れる感じだったので、

危ないのを承知で少し目を閉じて走ってた。

そうすることで少し楽になると思ったから。。

暫くすると飛ばしてたカメさんが調子悪そうにスピードダウンしてたので、声をかけた。

転倒して打ち身だと思うけどかなり痛いと。

僕は睡魔と闘っていると言うと「鈴をハズした方が良い。チャリんチャリん同じリズムで鳴ってると眠くなるんや。」と。

そのアドバイスもその通り、正直ウザいと思ってた、と思い即行で鈴をハズしてパックにしまった。

30km、3時間31分。だいたいキロ7分なので、まだオンライン。ただ、カラダは動かない。

40km、4時間45分。遅れが目立ち出す。振り返ると結構走りやすいトレイルだったと思うのでやはりキロ7分以内でキープすることを意識しないと。

50km、6時間5分。上りを走れなくなった。かと言って下りも飛ばせないようなメマイ、吐き気。。。

53km、7時間3分。(休憩の5分を含む。)第1CP到着。やたらと3Kmが長く感じた区間。

距離はどうだったか分からない。とにかくフラフラになっていた。。

ここからは下りで脚にダメージが残らないように下っていくと集中力が回復してきて少し走れるようになってきた。

やっぱ、眠気は走ることでしか取れん。されど、走れないほど気持ち悪いぃ

60km、7時間39分。下りだから走れているという感じ。ループで下りまくり下のロードに下りてきた。

そのロードもアホみたいに長くてイヤになった。

DSC03503.jpg
このトンネルの後、急激にまたまた睡魔が訪れた。

僕のポラールのストライドセンサーがバカになって全然距離がとんでもない数字になっていたし。。。

まだ70kmも走ってないのに90km以上の距離を計測。。。

絶対バケオにやられたに違いない。。。

敗因④ レースで調子が悪いと怪奇現象だと思い込む



70km、9時間3分。やたら長かったロードも終わりトレイルへ。

でも上り。500m程だから大したことないっちゃ~大したことないんだけどね。

もうハイキングモードでしか歩けなくなってた。ひたすら歩く。

100マイル専用のループコース。前後誰もいない状況でただただクマが出ないことを祈りつつ歩く。

DSC03504.jpg

夜が明け、雲海が綺麗だった。

歩きまくるとようやく1回走ったことのあるコースに出てきた。

でも、上り。

100kmのランナーとようやく合流出来たが、合流したランナーの多くは少しゆっくりのグループで関門に間に合わないとか、ギリギリでリタイアする人とかがチラホラ出ていた。

この合流ポイントにあと1時間、いや30分速ければもうちょい展開が変わったかな?

攻めないと眠い。攻めすぎると潰れる。

どっちもダメなら攻めて潰れた方が本望だったと思う。

勇気が足りなかったのか?

温存するってことがゴールへの執念だったのか?

温存という言葉を盾に甘えていたのか?

そんなこと考える余裕も無かったべ。。。情けない。

ほんま、人間として機能しているんかいなっていうくらいしんどかった。

DSC03505.jpg

でも、ようやく日が昇り沢山の人と一緒に前に進むことで色々なものが蘇ってきた。

長い上りの後ようやく再びの第1CP。

バナナをむさぼり、即行で先を急ごうとした矢先、シゲちゃんに出会った。

『かおちんが10分ちょっと前に出たよ。』

さんくす!

DSC03506.jpg
シゲちゃんのコスチュームに一瞬???と思ったけど脳がきちんと処理できなかったよ。

あとで写真見て笑った。

第1CPから第2CPこの間、約26km?制限時間まで5時間ある。

この時は第2CPまで4時間を目指そうと思って走りだした。

去年リタイアしたかおちん。

おんたけの壁はデカイ。乗り越えて完走したものからはその壁は少し低く見えたりもする。

だけど1度越えて低く見えたハードルを越えれなかった時。

それは数段以上高く見えるに違いない。

怖くてもう2度とスタートラインに立てないかもしれない。

かおちんは1度完走し、2度目で体調不良DNF。

何が引き金となっても完走が遠ざかる恐怖。

それに立ち向かい、スタートラインに立った。

今もきっと笑って走っているに違いない。

かおちんは強い。その強さをしっかりと見たい。

ならば、僕も笑って走って追いかけよう。

去年のカツウォ君を追いかけるように。




軽快に下れるようになって調子が上がってきた。少々の上りでも走ってかわす。

DSC03508.jpg
そこにカニさんが現れた。

特攻ハチマキのカニさんはまさに特攻だった。

かなり調子良く走ってはったので何が原因だったのか分からないけどエールを送って前に出た。

走る、走る。

よーやく走れる楽しみが蘇った。

これだ。走ってる。走れてる。

DSC03510.jpg
100マイルのハーフ通過

80km、10時間33分。

ここで思った。

こっからカウントダウンや~!!

こっからドンドン距離は減っていく。

初のサロマの時も四万十の時も、もちろんこのおんたけの時も。

ロングを走る時にポイントとなるのがハーフ。

どんなに疲れていてもハーフを過ぎれば、数字が小さくなってくれば元気が出た。

確かに元気が出た。

走って走って、歩くのを拒むかのように走った。

出てこい、かおちん!

出てこい!

DSC03511.jpg
いた!

DSC03514.jpg
かおちんはめっちゃ元気に走ってた。

嬉しかった。元気がカラダにみなぎった。



去年、かおちんがDNFした付近だろうか、越えたところだろうか。

それを見届けてエールを送り更に前に出る。


第2CPの関門まで約20km。4時間程ある。

イケる!イケるぞ!!

第2CP越えたら第3CPまで17km程だし下り中心。

第3CPで貯金が30分あればなんとかギリギリ24時間に間に合うかも。

ダイトレ1回分の距離だし。第3CPでなんとか6時間30分あればなんとかなる。

別の力が湧く。

絶対にゴールに、ゴールの向こう側に行く!





こちらをドゥーンと押しちゃってー!!
レオちゃんマンの元気の源
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
おんたけウルトラ100マイル | コメント(4) | トラックバック(0) | 2011/07/27 02:34
コメント
No title
レオちゃんの気持ちが迫ってきたよ。
完走への思いがとめどなく。

私が走れたのはレオちゃんに背中を押されたからだと心から思ってる。読んでて涙でてきた。

とてつもなく長い100㎞だと思ってたけど、それよりもはるかに長い100マイル、手ごわいけど、だからこそ向かうんだよね!
まさしく走流風流だ!

かおちんへ
かおちんの偉業は各国メディアがこぞって報道したね♪
特にレオスポの生中継(笑)
ほんまおんたけは思いが詰まるね。
あの夏の空気感。それに溶け込むランナーの思い想い。
非日常から現実のゴールを。
非日常のままではゴール出来ないデジャブマジック。
今回打ちのめされてよかった。
打ちのめされるのがおんたけで良かった♪
レオちゃんへ
第1CPで突然現れたレオちゃんにはビックリしたけど凄い気迫にこっちもパワーを貰えたよ!!

100マイルの人たちはスタート時間が早くほとんど寝ないでスタートしてる訳だから相当過酷だったんだね

第1CPと第2CPの間でカニさんと少し話をしたけど相当眠そうだったもん

どうしておんたけは皆を魅了するのか?
今回初めて参加してみて分かった!
皆のハートが熱くて火傷しそうだった




しげちゃんへ
しげちゃんも長旅お疲れさん!
来年は夜更かしイッパイやって鍛え抜いてからおんたけオールナイツだね~
日が昇れば全然だったりだけど。
ほんま体調管理、マインドコントロールが難しいね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。