スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

誰かを想って走っても良いよね♪

ども!ACのコマーシャル、もう覚えちゃいましたね♪

仁科亜季子・・・若いねぇ

レオちゃんマンっす。

京滋トレイルランのレポの前に

マラソンとかトレイルランニングとか、走ってる人にとっては「走ること」って趣味だよね。

趣味、って言っちゃうと地震で大変なこの時期に不謹慎な、ってのが世間の常識かな?

ランナーの常識は非常識?

んーなことないよね。

ランナーも人間だ。生活があるし家族も仕事も。

地震で苦しんでいる人のことを対岸の火事、なーんて思ってなんかない。

僕は、地震発生3日目のトレイルのレースに出ました。

ワクワクした楽しい気持ちでスタートラインに立ったわけじゃーない。

罪悪感に苛まれながら、でも被災していない僕が元気無くなってどーすんの?って。

自問自答。。。

だって、いずれは復興に向けて明るくなる日が来る。

その時の為に力を溜めなきゃ。僕らは。

お医者さんは重傷の患者さんを見て毅然としてるでしょ。

重症の患者さんを見て、うろたえたりパニックになったりするお医者さんなんて頼りないよね。

だから、僕は普通のことを普通にやりたい。

最低限の思いやりを持って。

僕は先週の京滋トレイルランの最中、ずーっと被災地のこと、家族を亡くした被災者のこと、原発のこと、東日本の素晴らしい自然、風景、これからの天気、どこから復興するか?いつ頃には普通になるか?助けの手を差し伸べてくれてる外国の方への感謝・・・ずっとずっと考えて走ったよ。

それを偽善者、独りよがり、って言うんだろうか?

チャリティーラン。ランを正当化するためのチャリティー?

違うよね。

僕は基本的に性善説に立ってモノを考える。

そんな人はいないハズだと。

走りながらも被災者のこと考えちゃ~イケないんだろうか?

走りながら被災者のことを考えました、っていうのはランを正当化してる言い訳なんだろうか?

違うよね。

僕は、今苦しんでいる被災者の方に直接何も出来ない。

少しの寄付をしたくらいだ。

あと出来ることと言えば、元気に生きることくらいだよ。

今苦しんでいる被災者の方は、今回の地震で辛い思いをしているが、いずれ絶対強くなって元気になる。

将来、強くなった被災者の方とお会いした時に、僕が何も成長していないとしたら。

そう考えたら、落ち込んで自粛、不謹慎なんてばっかり言ってらんないわ。

強く生きる。

そー考えたら、今を思いっきり元気に生きることが将来の為、被災者の為って思えることが出来た。

でもね、本当にそーなの?

って悩む自分もいるのん

悩むから、考えるから、生きてるって感じるんだな。









こちらをドゥーンと押しちゃってー!!
レオちゃんマンの元気の源
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【日記みたいなん】 | コメント(12) | トラックバック(0) | 2011/03/16 22:18
コメント
そうなんですよね。
自問自答の繰り返し。
正当化してる? 偽善者?

じゃあ今の自分に何ができる?

少しの募金と献血。
あとは精一杯生きる事。

僕も次の日曜は思いを込めて走ってきますよ。
No title
考え方は多種多様で、どれが正解かなど分かりません。

私の個人的な思いです。

横浜出身の姉が、仙台に住んでいます。今回の震災に遭い、ガス・水が不通、食料品などの生活物質が不足しギリギリの状況となっています。精神面が心配です。
毎日数回電話して、不足している情報を伝えたり、現地の状況を聞いたりしてます。
堪らない気持ちになります。
しかしながら、一緒に落ち込んでも仕方がないので
「こっちはカップ麺が食えなくなったこと以外は普段と変わらないよ~」
などと茶化しながら話しています。

関西など遠隔地で、同情して暗い顔などする必要などないと思います。
そんなこと、少なくとも姉は全く望んでいません。
が、
「マラソン大会で、あなたたちのことを考えながら走りました」
など、善意を押し付けられることには反発すると思います。(申し訳ありません)
なぜならプレーに対して、お金を対価として受け取っているようなプロスポーツでなければ、単なる素人の趣味・娯楽だからです。
そんなもの(失礼)に、「現地へ気持ち届けた」などと言われても・・・

誤解されては困りますが、マラソン大会開催について、
「被災地に対して不謹慎だから行動を慎め」
などという考えは全くありません。
震災とマラソン大会には関連性などなく(チャリティーなどとして集金されたお金についてはもちろん役に立ちます)、復旧活動に支障が及ぶようなことでなければ開催すれば良いのです。
ただ、「自分の一生懸命の走りで現地を励ます」などとの考えはおこがましいと思われるのです。

「こんな時期にマラソン大会参加して良いのか?」との疑問を感じ、現地を気遣うとすれば、「被災地の方がマラソン大会が開催されていることを知ってどう思うか?」
そのことを考えれば良いだけです。それだけです。
レオちゃんマンの想いに共感します
言葉で想いを全て伝えることは難しいけど
正しいと思う道を進んで行くべきやと思う
我々にできることをやろう
前を見て進もう
今を生きる
いつも通り笑っていつも通り元気にいましょうよ。ただみんな何かできるスタートラインの上に立って、いつでもスタートがきれるように準備しながら生活すればいいと思います。あんなに悲惨な状況は避けて通れることじゃなくて、事実なんだから何かしたいと思うのも当然ですし。
自分は今は募金、集荷が始まった時に何が提供でするか考えて、いざボランティアが必要になった時のために動ける体をつくっておこうと考えてます!
日本中が沈んでしまっても仕方が無い!関西は元気に行くぞ!!お~~っす!!
No title
普段から相手のことを考える習慣を持ってることが素晴らしいと素直に感じたな~。

レオちゃん、仕事ができて男前で優しい・・・ニクイw

目に見えないし不思議だけど「思い」と「元気」は伝わる、伝染するからね。
いい事だと思うよ!
私もそう思ってやっている。
No title
ciao レオちゃんマン イタリアのakio
です。ここでも相当な話題になっています。

ひとそれぞれいろんな考え方があるし、
その人その人のおかれている状況もあるので
答えはないと思いますが、僕は個人的には
賛同します。

マラソンを延期、中止などを決定する主催者は
競技の社会的な影響を考えて行動するわけですが
ひとたび開催ときまれば、あとはいつもどおり
楽しめばいいと思います。

走りながら、被災地のことを思うのは自発的なこと。僕なんかも当日、正直言うと友人のパタゴニアショップであたらしいコレクション買っていました。(その時点で地震のことはしっていました。あれほどの規模とはそうぞうできなかったけど)

今だって、子供と遊びに行ってもいますし、普通の生活です。でもやはりふとした瞬間に日本を
想うのです。それはスーパーしかり。トイレしかり。お風呂でも。

偽善なんてまったくないとおもいます。
自分の行為に意図的に何らかの見返りを
期待することですからね。

僕の大学時代の友人も福島で家をなくしたそうです。それでも彼と家族が無事でいてくれたことを
ただ感謝しています。

たぶん日本の皆さんもそうだと想いますが、ここにいると”何もできない自分”に涙が出てくることがあります。

僕にできることは、がんばってくださいと、自分の境遇に感謝をすることだと思っています。
よしさんへ
ありがとね♪
ともに走ろう!
ともに生きよう!
チチローさんへ
コメントありがとね。
お姉さん、無事で良かった~♪
チチローさん、ちゃんと教えてくれてありがとう。
たぶん、たぶんだけど、
走ってる人は、恩着せがましく走ってるワケじゃないんだ。
普段、僕は何も無い平穏な時でも家族のこと、仕事のこと、将来のことなんか考えて走るんです。
チチローさんもきっと同じですよね。
走ってて、思いが至るのが、地震のこと、被災者のこと、日本のこと、平和のこと、なんです。
とりとめもなく。
でも、走ったら何か重い気持ちが一旦リセットされるんです。
気持ちが楽になってまた前に進んで行ける気がするんです。
大変なことが続きますが、お身体に気をつけて。
僕も、元気に生きます。
藪サさんへ
ありがとうございます!
キャノンボールダブル、よろしくお願いしまーす!
元気に前を向いて生きる。
よし、そーしよう♪
キッピさんへ
キッピさんの掛け声がとどきました。
ありがとう。
カラダがアツくなりました(●´∀`●)
けんこう堂さんへ
思いだけでモヤモヤ。
直接の手助けにならなくても、何かしたい。
何もデキないという苦しみもあるワケですな。

ツイッターのDM、ありがとう♪
同じ気持ちの人も沢山いる。
元気だけはすぐ注入♪♪
akioさんへ
遠くても、思いは何処にでも行ける。
そっか、イタリアにいるakioさんも関西の僕らも、被災者の方々も、みんな思い合える。
どんなに距離があっても。
ありがとう、良い気付きです(・∀・)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。