スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

UTMFについて思うこと。

ども!どー考えても痩せる要素が見つからないレオちゃんマンっす(泣)

我慢と誘惑。

誘惑に負けることのつみ重ねがこのお肉なんだ

そー思うと自己嫌悪。(-_-;)

今日はお菓子を食べない。強い自分になろう。



さて、UTMF。

元々、UTMBで必死に走る鏑木毅さんの姿を見てUTMBに憧れたんだよな~。

ヨーロッパで走るんなら家族を連れて行きたい。

子供が覚えていてくれる年齢まであと5年は我慢、

それまで旅費を貯めよう、って。

したら、日本で開催されるUTMFの話がドンドン現実味を帯びてきて、、、

第1回大会って誘惑があったけど、実際は少し引いて考えてる僕がいた。

日本では時期尚早だな、と。

UTMFのプロモーションをしつつ、出走資格を明確にして、

最低2年程度、UTMFに挑戦するプロセスを演出しても良かったのかな、と。

あまりにいきなりな感じでしょ?

「過去に50km以上のレースを2回以上、100km以上のレースを1回以上完走」

この出走資格で、1時間で800人の募集枠が埋まるぅ?

にわかに信じ難い。

なんとなくそーいう加熱した雰囲気は感じてたけどここまでとは。

ま、そーいうのも予想できたので、

僕は、ガチャガチャした中で走りたくないなーって思ってたん。

その、ガチャガチャ、っていう表現は良くないかもだけど。

山のマナーとか、経験とか。

そーいうのん知らずに160kmをミーハーな感じで出てみよう、

みたいな感じがあるとすれば危険だと思うんだ。

マラソンでも、マナー悪い人見かけるし。立ちションとか。ゴミのポイ捨てだとか。

山のレースで危惧されているのが自然に対するインパクト。

その辺の意識の醸成は出来ているのか?

また、装備の問題。

レース案内にレギュレーションは明記しているけどどの辺まで理解されているか。

調べりゃ分かる、ってことかもしれないけど。

自己責任、ってこと何処まで認識があるのか?

まさか、何か事故があれば大会事務局に全部なすりつけよう、ってことはないか。

普通のマラソン大会じゃないんだよな。

その辺で、もっと時間がかかるような気がする。

ま、でももう既に沢山のトレイルランニングのレースは開催されている訳で、

その辺では心配し過ぎなのかな?

ただ、注目度と言えばこれまでのレースに比べても比較にならないくらいのものだと思う。

一気に認知度を上げることになるだろう。

その面では賛成かな。

トレイルランをスポーツとしてとらえるのか、遊びとして捉えのか、

っていうのは各人の自由で取り組み方はそれぞれで良いと思う。

ただ、山に入ることで色々な人、動物、自然と共存しているってことを忘れてはいけない。

例えば、ハイカーに対して。

爽快に走っている時にハイカーの集団に出くわすと

「邪魔だな」って思ったりする。

思うことは仕方がないと思うけど、

逆もまたアリで、ハイカーも突然現れるランナーのことを「怖い」、

と思っているかもしれない。

他にも多種多様なアウトドアアクティビティがあってそれぞれにそれぞれの主張があるハズ。

よーは同じフィールドを使っている者同士、理解が必要ってこと。

その為には最低限の配慮が必要で挨拶やさりげない心遣いってのが身についていないとうまくいかない。

気持ち良く走っててもハイカーに出会ったら減速して、または立ち止まって

ハイカーの通過を待つくらいの気持ちが無いと。

挨拶をして天気の話やこれから何処に向かうのか、花はどうだ紅葉はどうだってことを

話できる余裕が欲しいと思う。

人と人、話せばみんな人間。

元々お互い山へは楽しみに来ているハズ。

どちらか一方が楽しみを独占して、一方に迷惑をかける、ってのは最悪。

お互いに楽しいな、って感じれることって素敵なことだと思う。



動物や自然に対して。

ゴミを捨てないで欲しい。

ゴミの味に慣れた野生の動物の身になって欲しい。

動物はいるものと思って注意して欲しい。

六甲でもイノシシに襲われた、っていうことでイノシシが殺されたニュースは悲しかった。

木や岩にペイントしないで欲しい。

塗料が雨で流されたりして山が汚染されます。

そんなことトレイルランナーは関係無い、って思うことはやめて欲しい。

そういう問題が常に山につきまとう、ってことを考えて欲しい。

山に入る者としての心構えが必要だと思う。

でも、全てを知る必要は無いと思う。

知ろうとすることで問題は見えてくる。

そのスタンスこそ、今のトレイルランナーが求められていることだと思う。

環境に、人に優しく。

その上でやっと自己探究という課題に立ち向かえるのではないかと。

そー思うのです。



恐らく、そこんところを主催者側もすごい心配に思っていると思う。

UTMF、そこに集まるものは皆素晴らしい人達に違いない。

そー信じてます。

日本一の富士山を1周160km走らせてもらえるんだ、って感謝と責任を持って。



トレイルランニングは楽しいもの。

それは実際にやってみたら分かるもの。

山に入るというマナーやルール、ここへの意識を大事にして欲しいな~って

僕が上から目線で言うことじゃーないけど、真剣に思っていることなので。

言っとくわ~

自分の戒めのためにも。






こちらをドゥーンと押しちゃってー!!
レオちゃんマンの元気の源
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【目標みたいなん】 | コメント(16) | トラックバック(0) | 2011/02/09 00:25
コメント
No title
仰るとおり(*,,^-^)ノノ
お金を払って「走りに来ているんだ」と家族・スタッフ・仲間に「走らせてもらっている」と感じるか。そういった心の持ちようですね、必要なのは。
UTMF楽しんできてください。
O( ・`ω´・)乂(・∀・` )O
せやね
どのレースでも思う部分ですが、こうもインパクトが強いレースだと特に心配になりますね
みんなの山、みんなでシェア(=´∀`)人(´∀`=)
心の余裕を持って走りたいですね♪強く共感
この記事書いてくれたことに感謝(^^)
だね。
資格は、私一応あったみたいだけど、山に対する恐怖とかもあるし、イメージがわかないから最初からエントリーも考えなかった。一時間でいっぱいって…すごいな。大丈夫だと思いたいね。
氷ノ山で
私はまだトレイルは
新城・おんたけスカイ・ダイトレ・ハセツネ・モンブラン・氷ノ山しか走ってません。
新城はコースがシングル多くてマナー悪い人めっちゃやはったけど
氷ノ山はコースが危なすぎてまわりのみんなで声かけあって手をつないで(落ちそうになって助けてもらったり。笑)おしゃべりして楽しかったなぁ~。
タイムも大事かもしれへんけど、大自然の中走りながら見知らぬ人なのに同じ大会走ってるってだけですんごい親近感あって(特に氷ノ山はコースきつかったから余計に)すぐにお友達になれて絶対完走しましょうね!なんて声かけあったり。
私はめちゃくちゃ楽しかったです。

UTMFも1時間ほどで定員になったのがビックリでした。
たぶん・・きっと・・完走率めちゃくちゃ悪いでしょうね。。
氷ノ山がとてもいい例だと思います。
私を含め多くの人が「初」に弱いと思います。
勢いでエントリーしたけれど・・実際走ってみてやっと厳しさがわかる・・みたいな・・。

夜を2回もこえなくてはいけないのでランナーも、サポートスタッフもほんとに大変やと思います。
天気が悪いとさらに完走率もさがるし、レスキューも増えると思います。
参加者1人1人がしっかり対策して怪我のないようにしたいですね。
No title
いい記事だなぁ。
山にも興味あるし、もちろんUTMFだって
興味はあったけど、自分には走力以外に
もっと足りないものがあると思ってました。
そういうことかぁ、って素直にナットク。
自分なりにトレイルのことをもっと知りたいと
思いました。
コカブさんへ
ども!家族のサポートへの感謝は忘れちゃいかんすね。
エイドやボランティアのホスピタリティーを感じて走りたいですぅ♪

藪サさんへ
特別ですよね、ここまでの距離、累積標高となると。
どんな感じでゴール出来るのか、今からワクワクしています。
練習、また六甲でやりましょね!
しまねこさんへ
しまねこさん、資格あるんだったらエントリーすれば良かったのにぃ~
って、しまなみがすぐ近くなんすよね~

富士五湖⇒しまなみのローテ、悩んだな。

出たいレースが多すぎてお金と時間のやりくりが大変(笑)

つっちーさんへ
新城・おんたけスカイ・ダイトレ・ハセツネ・モンブラン・氷ノ山・・・

十分じゃ(笑)

そっか、どっかでニアミスしてたんだね~
六甲に遊びに来ないかな~?
いっぱい楽しいトレイルがあるよ♪

将来、海外のトレイルレースにも出てみたいと思ってます☆
UTMBとか、またおせーて。
さぶろうさんへ
いや、上から目線、恐縮(笑)
僕だってたかだかトレイルは3年くらいっす。
とにかくいっぱい失敗したし、雑誌、ネット、ショップなんかで
情報収集して実際にやってみて身に付けていくプロセスが
すごい楽しい。
モノに頼るの大好きだしぃe-264
今は好きなトレイルを疾走出来るように、ロードでの走力の下地を作らなきゃ、
って考えが1周。
原点は「走ること」「楽しむこと」「楽しませること」
すごいシンプルなことだけど、そこさえ押さえれば
一個一個のことに対して応用が効きますよね。
さぶろうさんはロング向きだと勝手に思っているので、
富士五湖の後はロングのトレイルにハマりますかな?

トレイル、故障明けにゆるゆるとリハビリ感覚で行くと
身体にも心にも優しいですよ♪
ほら、走れないとちょっと病むでしょ、高価な壺買いそうになってるし(笑)
No title
こんばんは☆
まさか1時間で100マイルが締め切られるとは想像してませんでしたi-183
個人的に160kmという距離より累積標高8000mの方が恐ろしいです(笑v-12
京都一周や六甲全縦ですら3000mですよね・・・
約2.7倍・・・それに160km。。。
ん~不健康になるには十分な条件です@
大きな事故が起きなければいいですが!
この資格は100KMはロードでもokで自己申告方式だったんでしょうか?!utmbと比べるとエントリ条件が非常に緩いですね。。。@
でも激走モンブランを見てると後ろの方の人はかな~りゆるゆるで楽しそうに走ってますし、レオちゃんマンさんが言うように要は感謝の出来るランナーさんなら大丈夫だと思うので、そうゆう方達が集まってることを信じます♪

僕は出ないですがutmfのレポが凄い楽しみです☆
ペコ@さんへ
エントリー資格云々には僕も疑問。。。
UTMBと姉妹レースっていうなら参加に際しての
必要完走レースはきちんと整備すべきでしょ。
誰もがモヤモヤした気分になると思うし、
エントリー出来なかった人のことを考えると、ねぇ。
最低1年前には告知、6か月前にエントリー。
厳正に参加可否を審査の上開催しないといけないレベルのレースだと思うけど。
そこは主催者も苦慮したところだと思うけど。
あとは、少しでもその緩い参加条件を埋めるように
残り3ヶ月、主催者側は情報発信すべきだし、
参加予定者は準備をまじめにすべきだよね~

いつかはペコ@さんも一緒に出たいね~
嬉しいな!
どーもご無沙汰です

UTMF行っちゃったんだねぇ~さすがです

僕もエントリー出来たので頑張って完走目指します。

ただ、不安なのが、レオさんほどロングのトレーニングができなさそうだということ。

だから、出来る限りで頑張ります!

僕はトレイルに対する自分のスタンス通り、自然といっぱい戯れて楽しみたいと思ってます

知っている仲間が一緒で良かった!
お互い頑張ろうね。

アフロさんへ
160kmは時間がすごくゆっくり流れると思うから
結構長い時間一緒に走れるかもですね。
逆にずーっと一人旅、ってこともあるかも(笑)
とにかく楽しい旅にしましょうね♪
No title
UTMFの参加資格って最初から「2年以内」って書いてあった?おいら見たときは「年以内」ってなかったと思う。
それにコースの発表ないのに、なんで「コース迷わず完走できる」って条件がOKになるんだ?
申し込む人ってマジ考えてるんかなぁ・・・・
たろーさんへ
どもですぅ。
参加資格は、確かにちょっとフェアじゃないよね。

過去何年、という書き方じゃなくてあくまで「過去」ってことなので極端な話10年前でもOKなんかな。多分ね。証拠の完走証とか不要みたいだし。テキトーに書いても分からんわな。でも、ツイッターで見たけど大会当日までに100km完走か50km以上を2回完走すればいいからまだ間に合うかもしれんすな。

迷わずに完走する自信のある者。どんなトレイルレースでもよくあること、かな。迷わないように地図読み出来るか?または迷うかもしれないから迷わないように覚悟と準備をしてね、っていうことなんじゃーないかな。1時間で160kmのコース不詳のトレイルレースが募集締め切りってほんま信じ難いな。

でも、無茶をしたい、って人間のサガってのも分からないでもないな。

ま、それが無責任なものなら、たろーさんの危惧するとこ、ってことだと思う。
そーはならないことを願ってますよ。

トレイルランの最近のブーム、ウネリみたいなのが如実に出ちゃったね。東京マラソンの抽選が30倍とか、ハセツネのクリック合戦とか、、、そういう時代みたいだよ・・・無理もないよ。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。