スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

【レポるティバ五】ハセツネ。深夜3時40分。ただいま、ツネオさん。

ども!ハセツネの疲労、ビールの泡でかなり消えたんじゃ?って勘違いしかけてるレオちゃんマンっす。いや~ツネオさんから10日。早いね~時が流れるのは。いよいよ、ハセツネラストの区間。御岳山CP3からゴールまで。

御岳山では旅館や土産屋さんがあったりの情緒ある通りを通過する。雑誌で鏑木さんが走っている写真があったのを思い出し、何とも言えない思いに、浸りながら走った。

少し下って日の出山を上る。久しぶりに気が張っていて良いテンションでかなり集中できた。ま、文章ではなく、この1枚の写真が全てを物語る。

日の出山ハセツネ
<写真ともちんさん提供>

あのー、バカなことばっかり言ってますけど、結構ヒクくらいマジでしょ(笑)日の出山の上りをもうすぐ終えて激下りを前に気合十分のレオちゃんマンっす。

日の出山の頂上は夜景が綺麗で楽しみにしていたポイントなんだけど、パッと見てすぐに下りのスイッチを入れました。それが、スムーズに入った

ここまでのダメダメぶりからは嘘みたいな快走ぶりで恐らく20人くらいは一気に抜かした。下りから上りへ小さなアップダウンはジェットコースター走法で駆け抜けた。疲労困憊の中下りのステップが楽しくて、体が軽く感じて、何時までも走っていられる、そんな気がした。

ほんと飛んでいるよう。

抜かしていくランナーに「おっ、速えええ!!!」って言われて気分が良くなったりもした。すごい楽しい!地味な上りも全然走れる。

恐らく30分くらいはその状態が続いたと思う。

ラスト5Km。13時間35分くらい。

キロ5分以内で駆け抜ければ13時間台が見えてくる。あれだけタイムには固執しない、と開き直ったのに。欲も出てくる、、、とそんなことを考え始めたところで醒めてしまった。集中力が切れてしまった。

トレイルのパターンの変化についていけなくなった。

また足取りが重くなる。

下りが、辛い。。。

走れ、、ない。

アカン。

ぷつっ。

切れた。



ラスト5Km、その後は何人に抜かれたか。抜かれてヘッドランプの行方をただただ見ているだけだった。ついていける気がしない。さっき抜かしたランナーに次々とパスされる。道が細いのでいちいち止まって通す。嫌なら走れば良いんだけど、動かない。

さっきのは何だったんだ?

確かに走れた。70km近く走ってきて一番気持ち良く走れた。なんであんな力が残っていたのか?兵士が死域に入った時にとんでもない力を発揮する、って本を読んだことがあるけど、それに近いものなんだろうか?一瞬の最後のバカチカラ。

最後の区間、男子総合4位の望月将悟さんが1時間ジャストで恐らく最速。鬼クソ速い。トップ選手で1時間10分台が多い。憧れる。

最後の区間、金毘羅尾根。ここは1時間30分を切るスピードで走りたいな~。




1kmが長く感じた。5分で走れそうなところが13~15分くらいかかる。速くも歩けない。それに、下りを歩くのほど、楽しくないものはない。でも、色々振り返って、やっぱハセツネって良いな、って思いながら歩いてた。1時間程みっちり歩いてよーやく舗装路に出た。住宅地だ。よーやくゴール出来る。

そっか、終わるのか。

歩いてゴールしても構わないか、って思ったけど自然と吸い込まれるように走りだしてた。最後の角を曲がると大勢の応援があった。ここが何度も雑誌で見たゴール。カッコ良くゴールすることを思い描いてスタートラインに立った。大誤算だった。ハチャメチャなレースをして、リタイアも何度も考えた。暑さにやられ、オーバーペースからの脱水症状、ハチに刺される運の悪さ、弱気になるのはいつものことだけど、こんなにも序盤に凹んだレースは恐らく初めて経験したと思う。夜間走行の睡魔、想定以上の起伏の連続に揺さぶられた。

こんな状況でゴール出来ることを、純粋に感謝出来た。

だから、すごい普通に、ゴールした。

喜びを爆発させるでもなく。淡々と。

深夜3時40分、ゴールしたよ。ただいま、ツネオさん。
14時間40分20秒



次々に帰ってくるランナーを見て、だんだんと僕がゴール出来たんだ、って実感が出てきた。それから待っててくれた仲間と良かったな~って言い合って。ヘトヘトなんだけど笑顔になる。笑顔のまんま。この顔になりたくて、しんどかったな~って言いたくて。ゴールに向かったんかな?

来年は、このハセツネがメインになると思う。

UTMBへも今のままじゃ、ダメだ。全てのランをハセツネに注ぎ込むような、そんなストイックな試みもありかも知れない。

たぶん、ゆるい方に行っちゃうかも知んないけど(笑)



最後に、支えてくれたみんな、ありがとう!

清々しい気持ちで、幸せに満たされてるよ♪

ほんま、さんくす!!



こちらをドゥーンと押しちゃってー!!
レオちゃんマンの元気の源
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
第18回日本山岳耐久レース | コメント(22) | トラックバック(0) | 2010/10/21 03:40
コメント
ありゃ、一週間位続くと思ったのに。
やっぱり速い人はそれなりの努力してるよね。
一日に富士山3回登る人もいるし(笑)
来年はカツウォくんも出るだろうし、パーッとアフターやろうね♪
それにしても、1位のフランス人すごいっす。
午後にはもう皇居で走ってたらしいじゃん。
その人のシューズも気になる~
辛ければ辛いほど引き込まれる、乗り越えたくなる、向かいたくなる。
山って不思議だよね。
お疲れ様!
真剣な顔と足のドロドロ具合最高だね!
私は来年は日の出山で応援するつもりだよ。
お疲れ様!
ブログ書き終わってやっとレオちゃんマンの初めてのハセツネがピリオドを打ったね。
トレイルを愛するレオちゃんマンを魅了したハセツネ。
来年、一回り大きくなってまた挑戦してください。

写真シビレましたよ!
ついにゴール!レポ楽しく読ませていただきました!またどこかでレオちゃんマンにお会いして、元気もらいたいです(笑)ハセツネ本当、長くて泣けるドラマのある大会でしたね。お疲れさまでした。
ハセツネ
写真カッコイイです!
最後はやっぱり走ってゴールに限りますね。
山での修行も試して行こうと思っています。
四万十で足りなかった物が山にあるような気がします。
ホシヲさんへ
アフターを盛り上げたいね♪
やっぱそれだ~

フランス人のシューズ。
あれヤバいね!
HOKA one one ってブランド。
4cmの厚みのシューズ。
あれで勝っちゃう。
ヨーロッパでも絶賛らしいよ。
レイさんへ
写真、シビレテくださいましたか(笑)

やっぱ冒険というか、そんなんが好きみたい。夜中に山の奥深くに入るのって川口探検隊みたいだし♪苦しくても楽しい。だからバリバリの競技志向にならずにゆるゆるが好きなんだと思う。

レイさん、ほんと応援ありがと。
やっぱ、それがなかったら半分も行けなかったと思う。
ほんま、ありがとー!
マリーナさんへ
ども!マリーナさんも超元気でゴールしてたので来年も走るんかいな?僕が元気なのは皆がいるから。これからもよろしうにん♪
アルフ1827さんへ
四万十もヘビーっすよね。
序盤にあの峠越えはきつい。
山に入ると、はまりますのでご用心を(笑)
かおちんへ
かおちんが日の出。
それはモチベーションが持続しそうだ~♪
あっこは夜景が綺麗っすね~
ほんとはもっと眺めていたかった。
地元でもナイトトレイル、久々にやりたくなった~

かおちんの応援は気合いが入ったよ~
べり~さんくす!!
ありがとう
詳細な完走記、ありがとうございます。
自分の中で過去になりつつあるハセツネが、脳裏に鮮明に浮き上がります。
私がゴールしたのも同じ頃。
ああ、レオちゃんマンさんと同じ疲労、気持ちでゴールしたんだろうなあって、感慨深いです。
目標とのギャップはともかく、走ったこと、レースに参加したことの意味合いは、後々色々出てくるだろうともいます。

ひとまず、お疲れ様でした。
フランク翔太さんへ
ども!会場では気付かなくって残念。
その後、四万十も走ったんですよね。
すごい回復力です、その源が知りたいっす!
また最初っから読み直したよ。レオちゃんマン凄いなぁ~ハセツネって凄いなぁ~。いつの日か言ってみたいなぁ~「来たよ、ツネオさん」
ほんまにお疲れさん。
まさきちさんへ
ども!当ブログはコアなファンのおかげで成り立っております♪

こんな乱文にも関わらず、最初から読んでいただきありがとーございます☆で、どこが良かったの?(笑)

そろそろ、まさきちさんとお山行きたいな~。
天候も悪くレースはきつかったようですね。
たくさんのお友達に支えられてよく頑張ったと思います。
来月の氷ノ山は寒いと思います。今月初冠雪かもしれないし..。
今年はもう大峰は無理かもしれないですね。レース続きみたいだし..。
また来年春に行きましょう。
日本アルプスも行った方がいいかもしれない。
もっとお山を知るためにも来年行きましょう!
写真かっこいいな~!
ハセツネの過酷さがよく伝わるね。
来年、ハセツネのパンフレットの表紙は絶対この写真だね。

レポルティバ楽しく読ませていただきました(^^♪
ハセツネの過酷さがものすごく伝わってきました…v-12

最後の写真、ホントカッコ良すぎですよv-218
雲の助さんへ
レースね、一旦リセットしたので、氷ノ山ではピュアにいきます。
気負わず楽しく。その方が上手くいきそうな気がしています。

大峯、無理かな~またいきたいな。
候補を上げて頂ければ、勝手ながらチョイスできるかと。
kenkoudouさんへ
えー表紙いけるぅ?
ちょっと卑猥じゃないか~(笑)

誰かけんこう堂さんの梅茶漬け食ってるとこ撮ってないかな~。
ベストオブはせつねフードなんだけどね~。
あとおちた練り梅。
あれは僕のじゃ~ない。拾って超ラッキーだったね。
ぽんまじさんへ
ぽんまじさんならあの仏人を撃破してくれるだろーな。
だってギャルが履きそうな底厚シューズ履いてましたもん。

レポるティバ。どー考えても五まで引っ張るのはかなり長いボケでした。
限界。
レポるティバ三十五くらいまでいけば、もっと気持ち良く書けたんですけど。
編集長がうるさくて。。
あと経費の問題やらなんやら。
スポンサーが頓挫したのがデカカッタ。
100字でうまい棒1本です。
割に合わん。
惜しいけどあと30話はオクラ入りです。
残りは、キャノンボールと出来ればアフターで、語ります(笑)
レポ一気に読ませてもらいました。
いや、本当に凄い。
凄い世界があるんですね。
ほんまに、お疲れ様でした!
MJさんへ
四万十100kを11時間で走った人に凄いと言われたハセツネって。。。ほとんどの人が四万十完走と言えば驚きますよ!

大自然の中を走る四万十に魅了され、その森の中を走れば気持ち良いだろーなーって山に入り、その山でもウルトラを走って。1周してまたロードも走りたくなる。そんなループにMJさんもハマりそうな、予感(笑)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。