スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

【レポるティバ四】ハセツネ。ゾクゾクが続々・・・☆

ども!連日8時間睡眠を実践中のレオちゃんマンです。やっぱ人間寝ないと、ね。なかなかレポ、進まないので電車の中で書いちゃった。写真や画が無いけど想像して頂けたら有り難し。

さーって、ハセツネの続きね。CP2まで行ったので半分過ぎたよー♪ここで8時間40分。トップのおフランスからお越しの方は美味しいコーヒーを飲んでる頃です。

ですが、この時には誰が1位なのかということも知らなかったので、スタッフの方に教えてもらおうかと思ったけど、こんなグズグズの僕が聞いて何になるのか?ゴールしてからのお楽しみにしておこう、ということで聞くのを我慢しました。

御前山を目指してどんどん進みます。

脚が疲れすぎて上りの方が楽に。結構急な上りもあまりペースを落とさずに歩いて行ける。逆に下りやフラットはダメ。走る気が起きない。この頃には腹筋もやられてて走った振動を堪えきれなくなってきてた。

スタッフのおっちゃんが、「これから尾根が細くなるから気をつけてね。あと、クマが出たらしいから鈴を持ってきてたら鳴るようにしといてね。」と注意を受ける。

そっかー。ウカウカしてらんない。

クマは勘弁!((゜Д゜ll))

確かに尾根は細くなってきて、、、前の方で岩がゴロンって転がり落ちたんだけどずいぶんゴロゴロ転がる音がして最後にコーン♪って高い音が鳴った。これは落ちたら死ねる確率がかなり高い、と思わせるのに十分なもの。

ゾクゾクした~((゜Д゜ll))

1時間ほどかけて御前山に到着。山頂付近で何か腐ったような臭いがして、誰かオッサンがう○こでもしてるんかいな~と思ったら、近くのおっちゃんが、「こりゃ鹿の死骸か何かの臭いかな?クマにやられたか?」だって!

クマは鹿を襲うのか?

じゃ、僕らも・・・((゜Д゜ll))

死ぬ、死ぬるのか??

と思いつつ集団心理の中、そーいう恐怖心も即効で薄らいでいく。

御前山からは大ダワまで300m程の下り。眠さも限界になってきて下りの勢いで谷に落ちるのも怖いので寝れそうな所を見つけて10分ほど仮眠。

落ち葉が雨で濡れてて最初ヒヤッとするけどそれよりも目を閉じて横になる幸せは格別だった。

こーいう時、「ダメだよ!寝ちゃー!」ってドラマで見たことがあるなーって思ってニンマリしてみた。

寝ていると他のランナーがバンバン通り過ぎて行く。必ず僕の方を見るみたいでヘッドライトがいちいち直に当てられるのでゆっくりも寝ていられなかった。安眠妨害である。僕は進路妨害しないよーな位置取りで寝てたのに。。。クマじゃないよ。霊長類だよ。レオだけど。

大ダワに着くとまたまたリタイア希望の人が並んでた。僕は久しぶりにトイレらしいトイレで用をたし、次を目指した。

予定なら御前山を過ぎたら爆走モードに突入していないといけないハズなんだけど、脚の状態からしてもムリムリで今更タイムに固執してどーするんだ、と開き直りモード満開だった。

大ダワから暫くはなだらかかな~と思っていたら、大岳山の岩場祭りには参った。

上りはいける感じだったんだけど、先が詰まってるし、下りも。

ツルツルの濡れ場は危ない!(゜O゜)!

違う!

ツルツルの岩場は危ない!(゜O゜)!

脳内で、そんな言いまつがいをしてニンマリしてましたが、何か?

ハードな濡れ場をかい潜った往年のベテラン女優のように軽やかに、とはいかず、まるで童貞男子ばりのワンパターンでがさつな手つき、腰つきでゴリゴリの岩場をやり過ごします。掴み方・触り方が雑だ、ということです。丁寧に、こねくり回す、次の一手をどーするのか?という思考が、作業がどーも足んない。今思うと場当たり的でなんともお粗末な区間だったように思います。

あっ、この表現、分かりますかね?

OKですか?

さんくす!OK頂いちゃいました~♪(●^o^●)


で、荒れ地をクリアしてもピッチは上げられず、モッサリペースのまま御岳山を目指す。

すると、こんなどーでも良い終盤になって水場が立て続けに出現。泥まみれの男達が順番待ちで大盛況!

あの、そこで[濡れ場が立て続けに]と読み間違えた人は一旦深呼吸してから読み直してみてね。もう下ネタは終了してますよ。注意してね♪

さすがにモー水は要らん、と素通り。

この水場のあたりはすごい走りやすいハズなんだけど、ただただ歩いたな~。

完全にハイキング気取り。闘争心ゼロ。

その辺が課題だね。。。

でも、走れなかったかわりに夜景が素晴らしかった。六甲からの夜景もなかなかなんだけど、ここのも、良いね~♪

ゾックゾクした~(笑)

文明に近付いている安心感。あの光はすごく優しかった♪

さらに、トボトボ歩いていると上から声がして明るい!スタッフの方が笑顔で迎えてくれる。

さんくす!!

よーやく御岳山。CP3到着。12時間43分。ゴールは見えた。さて、どーやって僕のハセツネを完了させるか。その一点。

ダメダメながらここまでこれた。

ここまで辿り着けたなら、まだもっと最善の方法で、自分の在り方で辿り着けたのでは?・・・というここまでの過程に対する後悔も出てくる。

せめて金毘羅尾根は爆走して終わりたい。

最後に、何人にレオちゃんマンの下りを見せられるか分からないけど、行けるとこまでMAXで。

激、超激MAXな下りを。

恐怖心というリミッターを取り去ったブチ抜きの下りを。

この、ラストの金毘羅尾根に、ぶつける。

で、散れたら、本望。

そー思った、御岳山の、、、秋。



(またまた続く・・・)



★文中に不適切な表現があったことをお詫びいたします。ま、それもリアルなんで。じゃなきゃ何時間も何考えて歩いてんだ(逆ギレ)~ってね。



こちらをドゥーンと押しちゃってー!!
レオちゃんマンの元気の源
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
第18回日本山岳耐久レース | コメント(2) | トラックバック(0) | 2010/10/20 19:18
コメント
朝っぱらから元気になっちゃったよ(笑)
これを電車で書いてたレオちゃん想像すると( ̄▽ ̄;)
きっと周りに誰も近寄らなかったはず。
えっと、何の記事だっけ?(笑)
ホシヲさんへ
何の記事?
僕のムッツリんぐな頭の中身を一部公開いたしました(笑)
朝の電車と帰りの夜の電車で書きました。結構読み返して冷静に書いたんですよ。

これでも=3

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。