スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

【レポるティバ壱】ハセツネ。よーいドン、ムシ・ムシ・ムシ☆

ども!ハセツネ完走レポ、よーやく書けそうです。

ハセツネ完走から4日経ちましたが、筋肉痛と全身の倦怠感、睡魔は尋常ではございません。如何に自分が苦しんだのか?ハセツネとはやはり日本最高峰のレースである、と思わせるコース設定と距離、開催時期。クソ暑い夏にいくら汗をかいたのか、それがモロに出るレースでした。

ハセツネ、って距離は71.5km。チェックポイント(CP)が3つ。

CP1(浅間峠22.6km、制限時間9時間)
CP2(月夜見山42.1km、制限時間15時間)
CP3(御岳山58.0km、制限時間21時間)
ゴール(五日市会館71.5km、制限時間24時間)

給水はCP2で水かポカリを1.5リットル補給できる、それだけ。食料は無し。飲食店、コンビニは当然無し。自分で携行することが必須。

完走するだけなら全行程歩きでも完走できそうな時間設定。それを各々の目標に向けて走るから色んなムチャが出てきてそれがドラマになる。誰一人同じハセツネは無いし、同一人物であっても同じレースは二度と出来ない。どんなに悔しい結果になろうが満足のいく結果になろうが、そんなもの一瞬の自分でしかない。逆に、その日その時の自分自身と自然との関わりというものが全てタイムとなって表れるんだと思う。どんなマラソンやトレランのレースでも同じことなんだけど、ハセツネはよりそれが鮮明に表れると思う。

それじゃ、レースの中身をレポるティバしていきます。まずは、スタート前。

いつも要領の悪いレオちゃんマンは受付を11時過ぎに済ませた後、会場でまだ最終のパッキングをやっていた。ハイドレーションの水がジャジャ漏れして、、、プチ騒動。そんな時にレイさんとnachiさんが応援に駆けつけてくれ素早くお水を調達してきてくれた。
IMGP2094.jpg
決して水遊びをしている訳ではなく、命の水を入れてます。なにせ、42kmまで補給できませんから、ね。水はハイドレに2リットル。ボトルに300入れました。べスパプロ4(80ml×4)を含め水分は2.6リットルってとこ。べスパプロは200mlのポカリのボトルに2つ分入れて携行。40ml毎に線が入ってるのでそれを目安に少しずつ摂取することに。補給はパワージェル5発をソフトフラスクに、サバスピットインリキッド4発、カロリーメイト4本、ミニ羊羹6本、ハチミツ150g(レモン果汁入り)、レイさんからの差し入れクッキー2枚、かおちんからの差し入れミックスフード(かりんとう、m&mチョコ、干しブドウ、おかき、ナッツの詰め合わせ)を持参。これでも足りないか?と思ったけどそこは身を削るとして、これでやりくりすることに。


じゃ、前置きとスタート前が長くなったのでそろそろスタートから。

今回は、CP1(浅間峠22.6km)まで。

タイトルにある『ムシ・ムシ・ムシ』、これがCP1まで僕を苦しめ続けたキーワード。ま、言い変えたら、言い訳ね(笑)

13時のスタートの合図で走りだす。ロスタイムはあまり無く1分程度ってとこ。スタート直後、kazuさんが「レオちゃんマーン!頑張って!」って叫んでくれた。おー、サプライズ。来てくれてたんだ~。

kazuさん撮影のスタート動画)

早くも同行のけんこう堂さんが元気にダッシュして消え去った。速い。僕は京都トレイルランナーのまっちゃさんの指示通り押さえ目に。でも、スタートからすぐ下り坂なので、自然と速くなる。それに周りもかなり速くトレイルに入ってからの渋滞も懸念されるので、焦りからかさらにスピードアップ。まずここでレースの雰囲気に飲まれたのかもしれない。
kaochinsatuei.jpg
(スタートから2km程のトレイルに入ったところでかおちん撮影)

ここで一つ目のムシ。

スタートの気温28℃、湿度80%のムシ暑さ。これですわ~。前日から朝方までの雨が上り、気温は急上昇。夏再来か?と思わせるような重たくて暑い空気感。これにやられた。レース開始から水を大量に摂取することになる。心拍も普段よりも高く170前後を行ったり来たり。前方が渋滞しかけてるので流れに合わせる。それにしても何故か気分がネガティブ。変電所の横を走り、異常なまでに『電磁波でやられるんじゃないか?』と心配した。変電所を過ぎ、今熊神社の階段を急登。想定ではこのあたりは楽に気持ち良く走るつもりだったのに。かなり無理してる状況。ただ、脚への負荷が少ないように、タマゴを地面に置くような感覚で足を置いていった。

7kmの予備関門の入山峠の手前で2つ目のムシに襲われる。

リアル、ムシ。ハチである。。。正確には見ていないのでハチなのかアブなのか分からないけど、刺す系の奴に違いない。左膝の少し上の内側をブスっとやられた。痛い。かなりトンガッた痛さでブスっとやられたので周りがビックリするくらい『痛っ!!』って叫んだ。一瞬の痛みなら忘れることができるけど地味に痛い。刺された箇所はふくれてくるし、ヤバい。ポイズンリザーブ忘れた。ちゃう、リムーバや。リザーブしてる場合じゃない、なんて本気でアホなツッコミを自分で入れながら、少しでも毒が出るように刺された箇所を摘まんでギューって絞る。でも、吸わないと出ないんかな?ただツネッて痛くなっただけでした。これから山奥に入っていくけど大丈夫か?毒はどれ程のものだろう?普通にしてたら死なないものも、走ってたら回りが早くなって良くないのでは?ハチミツとかべスパプロとか携行してるから敵と思われたのか?などなど、もうパニック状態。集中なんて出来ない。

地図上ではなだらかで走りやすいトレイルを想像していただけに予想以上にアップダウンが激しく連続し小山も続く。早くも10km過ぎの市道山付近で全身にいやーな倦怠感が出てきた。サロマでの30km付近とよく似ている。軽い脱水か?水は取っているけど、足りないのか?塩か?早めに練り梅をなめる。明らかに動揺しっぱなし。落ち着け、落ち着こう。一旦、立ち止まり切り株に腰を下ろしてレイさんからもらったクッキーを食べたり、深呼吸したり。ここで3つ目のムシ。弱虫。弱気のムシである。結構水を飲むペースが早い分、給水できる42kmまで持たないと判断、もう少し先の15kmの醍醐丸か22kmのCP1でリタイヤしようか、なんてことも頭をよぎった。迷う。リアルに水切れしてぶっ倒れても救助される保証はないし、これから山深く入っていくのにこの状態は良くない。

ハセツネで初リタイアなら本望か?

何度もリタイアのギリギリを掻い潜ってきた。2008年のサロマ、四万十、2009年の京都一周、2010年、レースではないけど奈良・大峯。全部諦めなかった。
ここでやめます、って言ってもリタイヤできる場所までは自力で動かないといけない。とりあえずは前に進もう。そうこうしているうちにランナーはどんどん通過していく。休憩10分、よーやく腰を上げる。

走りだし、急な坂を上ると歓声が聞こえてきた。応援がいる。もしかしたらB2Rのやっさんはいるのか?いた!いてくれた!くぅ~泣ける。やっさんが、『相馬さんは1時間前に通過したよ。まだ追いつける。』って言ってくれた。よりによってトップランナーの相馬さんを引き合いにだすなんて、バカだな~って思いながらも癒された。やめたい気分はとりあえず先送りされた格好で前に進む。15km醍醐丸到着の映像をB2Rのやっさんの操作ミスという偶然から動画が残っていたので拝借します。


やっさん、ありがとう。君がいてくれて前に進めたよ。

そこから連行峰、生藤山、熊倉山を過ぎて少し下ってCP1浅間峠22.6kmに到着。4時間14分。想定よりも30分も遅い。醍醐丸からはほとんど覚えていない(笑)ただ、進むのみ。この時点でタイムは一切気にならなくなった。とにかくどーやって生き抜くか?ゴールに辿り着くか。そしてラストの金毘羅尾根を爆走できるように力を残せるか?下りで脚を使わないように優しく速く、これを意識して。

スタートから、ムシ暑さ、ムシ刺され、自分の弱気のムシにやられ、揺さぶられ、でも友に支えられたCP1。

これから20km、給水のあるCP2月夜見山まではコース最高峰の三頭山が鎮座する。

レオちゃんマン。僕の命運はここまでか?

(続く・・・)




こちらをドゥーンと押しちゃってー!!
レオちゃんマンの元気の源
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
第18回日本山岳耐久レース | コメント(12) | トラックバック(0) | 2010/10/15 04:34
コメント
思わず記事に応援しました。
レオちゃんマンの激走が手に取るように伝わって来て、読んでるだけで自分が走ってるような錯覚になってアドレナリンが・・・。
特に一瞬の動画の言葉が全てを物語っていますね。わかる!!その気持ちよくわかる!!!
キツいレースでしたが文章が面白くて思わず笑いましたw
早く続きを読みたいですが、とりあえずハセツネお疲れ様でした!
初っ端はどうしても弱気になっちゃいますね(笑)大峰奥駆で更に感覚がシビアになったかな(^^)
とにかく続きレポが気になります♪
いやぁーお疲れ様でした。

それにしてもおもしろい。
ほんとにブログ上手。
とくに虫に刺されて、ハチミツ持ってるからかなぁ、なんてパニクってる所はPCの前でニヤッとしてしまいました。

その弐が待ち遠しい。
ハセツネレポート楽しく拝見しました。
最近海外レースに話題が行きがちでしたが、
今年のハセツネはいろんなドラマ」があったようですね。
いつか参加したいです。しかしあの渋滞はちょっと異様
ですよね。主催者いわく、あれくらいの人数をあつめないと
採算が合わないらしいですが。。。

ひとつ質問です。トレイルなので実際のコースを走らないと
本当の意味での難易度ってわからないですが、それぞれの
関門のタイムリミット、普通のレースにくらべれば余裕のアル
設定に思えるのです。(たとえば第一関門9時間など)
それでもアウトになるひとがいるって、相当タフなコースなんですか?それともあの渋滞も影響しているのでしょうか?
過酷だったんですね~。
レース続きで疲れがとれてないような気がしますね~。
でも氷ノ山もきついと思うなあ~。
まあ疲労抜きJOGやってまた頑張ってください。
またいつか大峰行きましょう~。
takacchさんへ
ここでリタイア、、、その言葉を飲み込みました(笑)
エディさんへ
楽しいのがトレランです。
苦しいのもトレランです。
たとえ、苦しいばかりでも、
そこに楽しさを見いだせないか?
トレランは人生の縮図。
山あり、谷あり。

あー、えーこと言うた。
やまおさんへ
ども!読んでくれて、ありがとー♪

自分がコントロール出来ない=恐怖。
コントロール出来ないような環境を作ったのは自分。
最初から飛ばし過ぎた。
調子良くないんだったら、もっと自分の体と会話しながら
走らなきゃいけない。
だから、完走はしたけど満足いかない。
でも初挑戦で満足しなくて良かった。
また来年挑戦できる。
がんちゃんへ
ハチミツ。熊が出てこなくて良かったです(笑)
akioさんへ
> ひとつ質問です。トレイルなので実際のコースを走らないと
> 本当の意味での難易度ってわからないですが、それぞれの
> 関門のタイムリミット、普通のレースにくらべれば余裕のアル
> 設定に思えるのです。(たとえば第一関門9時間など)
> それでもアウトになるひとがいるって、相当タフなコースなんですか?それともあの渋滞も影響しているのでしょうか?


タフですよ~。でもそれが理由じゃないと思う。たぶん、長谷川恒男さんを弔うためのレースだから?厳しい自然に対し、踏破する、ということを目的としているからではないでしょうか。スピード化が叫ばれる時代ですが、こういう変わらないスタイルも良いもんです。
雲の助さんへ
大峯行きましょう。

レース、月に1本だったら行けるかな~って思ったんですけどね。
仕事がハード。多分それで疲れが抜けにくい。
疲労抜きのジョグが出来てないのも原因だね~。
平日走れないからな~。。。
佐藤先生みたいにドカ走りで強くなれるかな。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。