スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

トレイルランニングのレースの準備/コースを知る☆

どもです。
トレラン初めて約2年。

今までに11個トレイルランニングのレースに出ましたが、準備で最も大切なことのひとつを挙げるとすれば、コースを知ること、です。

遊びとか、はじめてのトレランコースに入る時なんかはドキドキで楽しいですよね。

でも、ことレースになると、『キロ何分で行けば何時間でゴールできる』って計算が出来ないのがトレイル。ましてや制限時間に間に合わなかったりトラブルが発生してDNFするって時でも、どこからエスケープするのか?エスケープして辿り着く交通機関の運行状況は?など、最低限押さえていないと自分の身を危険に晒す恐れもあるのもトレイルっす。

だから、下見をする。地図を見る。地図を頭に入れて、どこの山で、峠でどのくらいの疲労度で、どこを頑張ってどこで温存するか、補給は?水は?などなど、準備することがいっぱい。

戦略ひとつ立てるにも、コースが頭に入っているのといないのとでは全然違う。補給地点がハッキリしないと不安で不必要なものばかりパックに詰めて重くて走りを邪魔するかもしれない。逆に軽装になり過ぎて途中で水も補給食も底をつく、ってこともありうる。

まずは地図を読んで予想を立てる。
登山の標準タイムが記載されている地図なんかだとその何割のスピードで走れるかな?と逆算してタイムを予想する。そして実際にコースを走って検証してみる。「あそこの坂は急過ぎて今のレベルじゃ○○分かかるな。」とか、「この峠を越えると長い下りがあるので上りで補給食を摂っておこう。」など。そして予想タイムと実際のランとの差がレースでは何をどうすればどれだけ短縮できるんだ、ってのを詰めていく。あと水や補給も、ね。

それをしなかった場合、よくあるのが前半のオーバーペースでの自滅、コースアウト、補給切れ、などなど。

コースアウトの経験はいっぱいしたし、ハンガーノックもある。水切れした時は最悪だったし、前半オーバーペースで入ったので後半の下りで脚が攣ってお話にならない悔しいレースをしたり。路面の状況がかなりのガレ場で長いコースなのに軽くてソールの薄いシューズを履いて足底を痛めたりもあるな。失敗だらけ(笑)

実際には何度も試走にいけないのことの方が多いので、僕がやってるのはコースメモの作成。

京都1周コースメモ
ちょっとした厚紙なんかにざーっと書いていきます。最初はもっと雑に大まかに、次に細かく。試走が出来れば再びざっくりと大きなポイントを整理してラフなものに作り変えます。横の距離と縦の高さ、これに山や峠、地名などの各ポイントの名前を書いて、できれば予想タイムなんかも書ければいいかな?高さを押さえる、ってのがポイント。やっぱ、『あと何個ピークを超えたらゴール』とか『この上りは100m、たいしたことない。10分我慢』とか。心を折らずに進んでいくための武器にもなる。この紙は小さいビニールのジップ月付きの袋で水濡れをカバーして、ポケットに入れてすぐに見れるようにしています。

あんま参考になんなかったかもだけど、要は工夫する楽しさ、もトレランの要素だったりする、ってこと。GPSなんかもあるけど、原始的な手法で迫ってみました(笑)


京都一周トレイルの分岐の注意ポイント、
写真いっぱい撮ったけど編集がおっつかない。
ま、レース後、だね(ごめん!)

こちらをドゥーンと押しちゃってー!!
レオちゃんマンの元気の源
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【トレランレース】 | コメント(10) | トラックバック(0) | 2010/09/08 00:35
コメント
こういうの大好き!準備の段階で9割レースが終わってると思う。
後の1割は当日の運。運を引き寄せるのは日頃の心構え。
いいなぁトレイルのレースは。京都トレイル頑張って!
山はロードと違って、考える事が多い。だから楽しいし、毎回違うし、飽きる事がない♪
コースメモ、いいね!ピークの数や、あとどのくらいの時間の我慢かは知ってると知らないとじゃ頑張りがちがうもんね。
京都がんばれー!。。。私もいつか走ろう!
今月末に初めてトレイルのレースに出ます。
が、残念ながら試走禁止らしく、コース図と地図で確認するしかないみたいです。
そういう意味ではコースメモはなおさら重要ですよね。
ぶっつけ本番のつもりでしたが、できる準備はしなくちゃいけないんだと、勉強になりましたよ!
京都トレイル
自分も距離や不調の時の状況をノートに書くようにしています。
今迄に同じレースを走った事がありませんが、記録を残していると次回作戦が立て易いですね。
いつかトレイルのレースにも参加してみたいと思います。
京都トレイルもうすぐなので頑張って下さい。
まさきちさんへ
試走した分、余計にしんどいのが分かってて気が重かったり(笑)
台風一家で頑張ってくるよ♪
かおちんへ
かおちんが京都一周トレイル走る時、僕はサポーターで出場するよ。
水や食料の確保とコース案内、美味しいカレー屋さんなんかをご紹介なんかもやっちゃうよ。
信越も近いね、体調整えて元気モリモリでいっちゃおー!
マッコルさんへ
矛盾するけど、はじめてのコースを迷いながら
地図を見てゴールを目指すのも冒険チックで
楽しいんです。記録や順位なんか二の次。
楽しければ、良いんです!(^^)!
時々頑張ろう!
アルフ1827さんへ
ども!アルフさんはトレイルまだなんすね。
ハマりますよ~(笑)
そろそろ涼しくなるのでお山も居心地が良くなります。
2時間くらいで行って帰ってが出来る近くのお山を
走って見られたら。新しい発見があると思いますよ~
トレラン
トレラン歴、もっと長いベテランさんだと思っていました。
色々ブログで拝見する限り、ホントに山の楽しみかたを追求されてますね。
色々刺激受けてます。

PS 「V虎騎士V」いいですね。
虎党ですか?
私は虎狂です。
来週末、読売戦を観戦予定です。
フランク翔太さんへ
ども!山は同じコースでも逆から行くのは違いますし、季節が変わればまた違う面持ちがあります。タイムという無機質な数字、だけではない癒し、がそこにはあると思います。トレイルランナーやハイカー、キャンパー、クライマー、バードウォッチャーなどなど、みんな目的は違えど自然が好きで共存しています。新参のトレイルランナーは特にマナーを守って、お山で遊ばせて頂いているという気持ちが大切ですね。楽しさのためには、このことも伝えていきたいひとつなんですね。でも、頭ごなしにルールの押し付け、をするのではなく楽しみながら、他の方の楽しみを奪うことなくアウトドアスポーツを楽しんでいきたいですね~。

虎狂ってことですが、僕も阪神ファンっす。最近では矢野さんの引退がショックですが、花道を優勝で飾れるよう、一丸となって戦って欲しいですね。

ちなみに、僕は桧山選手が大好きです♪

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。