スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

【レポ】サロマ100kmウルトラ/苦しみのフル通過☆

どもです。
W杯、興奮しましたね。正直サッカーのこと、あんま分からないんですが大会の度にどんどん強くなるニッポンを見て、やっぱハートだな、ってつくづく思いました。みんなカッチョ良かった

さて、レポの続きです。
スタート直前
ウルトラを走るといった緊張感は会場からは、さほど感じられず和やかな雰囲気。トレイルもそうだけどこういうゆるい感じが堪らなく好きやることは結構エグイんだけどね。やっぱ背負いこみ過ぎるのは僕には合わないみたい。とか言いながらも緊張はしていたみたいで、心拍は何もしてないのに勝手に95。具合悪いわけじゃないんだけどね。やっぱ緊張?スタート当初の気温は僕の時計の温度計で27度。結構暑かったんだ。これも影響してるかな?

B2Rと談笑し歩きながらスタートゲートを通過。スタート号砲から3分01秒。沿道の歓声に包まれてニコニコランの開始です。開催中止の可能性があったにも関わらず開催に全力を尽くしてくれた運営の方、開催を了承してくれた地元の方、応援してくれる皆に感謝してのラン。走れるだけでハッピーでした。

最初の5kmはアップ。ゆるジョグです。異常なテンションでB2Rとバカ騒ぎしながらのジョグ。あちこちで会話が聞かれ本当に楽しい雰囲気でした。

6分30秒~7分/kmくらい。2.5kmくらいは一緒に走る。変な譲り合いの中、「ほんじゃ、ちょっと削ってくるわ。」とヒトコト言って4分50秒~5分30秒/kmでペースアップ。とか言っても絶対に無理な追い越しとかはしない。変な筋肉使うし、何よりもここで前に出てもゴールはまだまだ先だからね。焦らない。

地図
地図:大会公式HPより

スタート会場の湧別の体育館前からぐるっと反時計回りに走ってきてスタート会場付近に戻ってくるところで約5km。朝の5時というのに沢山の応援の方がいらしてありがたし。一旦スタート地点に戻ってくるのでトイレの方はここで済ませられる。

そこからは竜宮台の折り返し(約17km)までずっと東へ。
だいたい思っていたペースで走れてるけど、去年のふわっと軽い感覚が無い感じ。出来るだけ暑いな~ってことは忘れて淡々とペースを刻みます。だいたい7~8kmくらいだったか、サロマを既に14回も完走し最年少サロマンブルー(10回完走)の称号を持つアートスポーツの鈴木店長にお声かけさせていただく。僕とほぼ同年代。すごい爽やかで笑顔が甘い。ウルトラへの思いや完走のコツなんかをお聞きしまた勉強になりました。ほんと無償の優しさ、っていうか初対面の人にこれだけオープンにレース中にお話しいただけるなんて凄い方だな、って思いました。ありがとうございました。ここ数年、連続で制限時間の13時間ギリギリで完走される匠の技をお持ちの方です。これからウルトラ挑戦する人はためになりますよ。

10kmに近付くと問題なく自分の好きなペースで走れるようになります。


【10km通過】
0:59:17 (実際の通過のネットタイムは0:56:13 5分37秒/km)

10kmの通過ポイントを越えると7kmで竜宮台の折り返し。ここの区間でトップの選手とすれ違います。トップはエリック ワイナイナ選手。なんと今大会の優勝です。タイム6時間36分52秒!あの暑さで強かった!走るフォームは凄く綺麗で羽が生えているかの如く飛んでいるようでした。しかも笑顔(笑)。次々来るトップ選手に勇気をもらって徐々にペースが上がります。

良い気分で折り返し。折り返し付近には勇壮なサロマ湖太鼓の応援が。全員が通り過ぎるまでたたき続けてくれるんだからありがたいよね。心臓にドンドン、っていう勇ましい音が届きます。3回目で分かっているけど嬉しいポイント。折り返すとここからは僕があとから来るランナーに元気を分ける番。B2Rのことも気にしながら走っていると疲れ知らずで走れる。ほんと、仲間ってありがたい

しばらく行くと、B2R発見!ハイタッチでテンションが上がる暑いな~って思いながらも気持ち良く走れた区間。

【20km通過】
1:50:02 ラップ 0:50:45 5分05秒/km

ほぼほぼ予定通り。無理もしていないと思うし、まーまーの調子。だけど心拍が高い。常に160オーバー。うーむ、嫌な予感。。。去年はまだ飛ばせる余裕があったけど、今回はこれ以上のスピードだと急速に疲れるだろうな、って感覚だった。よって自重。

20~25kmくらいもすれ違いのランナーさんがいるので気が紛れて楽に走れる。だけど、ここからが単調。
地図 -前半
車道に出る35kmくらいまでは畑ばっかりの中を走る。広大な北海道、その果てしない風景が走っているランナーにとっては『どこまで続くんだ?』って不安になる区間。

20kmを過ぎたくらいで薄々おかしいな?と思っていたのがポラールのストライドセンサーで計測する距離。20km通過時点で、すでに21kmを表示してた。その辺から頭もパニくってきて『いったいどのペースが正しいんだ?』って不安になってきた。これが失敗。振り返ってみると当然誤差が出るものだろうし、公認大会なので距離も完璧。それに従って5km毎のラップの参照で良かったんだと思う。そんなこともきっかけのひとつとなって徐々にペースが狂いだす。

【30km通過】
2:43:33 ラップ 0:53:31 5分21秒/km

7時を過ぎると気温もかなり上昇。ポラールの温度計は32℃。体温もあるからもう少し低いけど体感ではこれくらいあるってことだよね。既に当初の目標ラップ50分を3分半もオーバー。暑さ、距離表示への戸惑い、なかなか下がらない心拍数、イメージと全然違う。給水ではしっかり水分補給、バナナや梅干しももらって食べてたのに30km付近で体に異変が・・・ヒジより先に力が入らない。ハンガーノックに近い感覚?脚もヒザより先に力が入っていない感覚。吐き気もしてきて、いよいよヤバイ、って。かなりペースダウンして中学生のボランティアに頭から水をかけてもらう。気持ち良し!一旦は生き返った、って思うんだけど乾くのが早い。なんだろ。その辺の気持ち良いのと暑さによる不快指数の振れ幅がデカ過ぎるんだろね。人間弱いものです。単純に防衛本能が働いたのか、ただ実力が無いだけなのか、、、徐々に戦意が薄れゆるい方へゆるい方へとペースダウン。

やっと車道に出てすぐは少し下るんだけど、しばらくで上り。普段山を走っている人間からすれば楽勝の斜度なんだけど、暑さがハンパ無い。山はまだ涼しいけど、ロードだからね。アスファルトからの熱、逃げ場の無い直射日光は本当にキツイ。5km毎のエイドでは必ずと言っていい程、2杯以上飲み、アイシングもする。更に2.5km毎にあるぶっかけ水もわざわざ並んで頭や脚に水をかける始末。走っているのは5分/kmでも休憩でかなり時間を食った。それにしてもボランティアの学生君、ありがたかったな。沢山ありがとうを言ったけど、それでも足りないよ。バナナなんか剥いて渡してくれるんだよ。そんな気使いどこで教えてもらったんだろ?ホスピタリティーの精神が高い子なんかは1つのレースで3000人以上のランナーと触れ合ってどんどん進化していく。自発的にこーやったら喜んでくれるかな?とか、こーやったら負担が無いかな?と。


【40km通過】
3:45:54 1:02:21 6分14秒/km

完走も無理かもしれない。 強烈にそう感じた区間。相変わらずヒジ、ヒザより先の末端に力が入らない。吐き気は無くなり呼吸は楽になった。それもそのはず。ペースは格段に落ちている。ひとつ苦痛が減るだけで精神的には嬉しい。だけど、苦しい時には追い打ちをかけられるものだよ。足の裏のいたる個所が順番に痛みだす。多分、痛みは消えていってるのではなく更に強い痛みが別の場所で発生するから気付かなくなるだけだろう。事実、脚が動かなくなってきている。ネガティブなことばかりを考える。どこで救護車が待機してくれてるのだろう?人生初のDNF、どこで踏ん切りをつけるか。そればかり考えてた。情けないけど。正直、そう。

42.195kmフル通過。4時間01分05秒。ここで目標の20分オーバー。レース前、調子に乗ってサブ10を目標に掲げながら、20分の貯金を、ということで9時間40分に上方修正した目標。そのサブ10への貯金20分をここで使ってしまった。挽回は不可能。キロ6分ペース以内で行けば、と計算上はそうだけどエイドでの滞在時間を考えると、そんなのが後60km近くも継続できるワケがない。時間は9時過ぎ、これからドンドン暑くなるだろう。そー考えると、リアルタイムでランナーズアップデートで追いかけてくれてる仲間に申し訳なく思った。

多分、この辺で記録は捨てた。それが良かったのかな?完走は死守しよう、考え方を変えて前へ、前へプッシュ。他の人との比較ではない。自分との闘い。恥ずかしいカッコで走ってもゴールすればカッコいいメダルがもらえる。それで全部報われるはず。1歩のことで夢中になった区間。



暑いサロマ、まだ半分も楽しめてない。。。



ウルトラの完走記はなかなか綺麗に書けるものじゃないね。
読んでくれた方、ありがとう。
重たい文書でゴメンね。
重たいのと軽いの。
その振れ幅も僕は好きなんです

こちらをドゥーンと押しちゃってー!!
レオちゃんマンの元気の源
↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

スポンサーサイト
第25回サロマ湖100kmウルトラマラソン | コメント(16) | トラックバック(0) | 2010/06/30 05:05
コメント
暑さ
その暑さでは身体もどうなるのか予測出来ないもんね~。頭を切り替えて完走を目標にしたのが正解だったんでしょうね。
俺も目標に届かなかったなんて事はよくありますよ(>_<)
なので『完走』が目標で良いんじゃないですか(笑)
実力が付けばイヤでもタイムは付いて来る!! なので 気張るのは止めました☆ にしても北海道でも暑いんだなぁ…(;¬_¬)
読んでると記憶がフラッシュバックするよ。終わってから「なんであそこで踏ん張れなかったのかな。」って回想してます。ある意味良くもアリ苦くもある思い出だね。
ん~~~!続きが早くよみたいっ!
しかし、ウルトラって思わぬことがおきるよねぇ~。
だから面白いんだと思う!
苦しい事、楽しいこと、びっくりしたこと、すべてひっくるめて自分の走りだもんね~v-82
やっぱり、苦しさ楽しさ含めてのウルトラですねぇ。
それにしても、ホスピタリティ精神溢れる学生が要るって事で
まだまだ今の子達も捨てがたい事でとても良いこと!
やまおさんへ
過去2年が涼しかったので予想外の暑さでした。暑いと心拍も上がりがちでパフォーマンスも良くならないね。無理すると潰れるのが見えたので、セーブしたけど経験を積んだらそこからでもいけるだろーね。サウナとか苦手な方だけど慣れも必要かな?
やすしさんへ
完走率49%らしいよ。だから余計に完走したかったね。付加価値付くじゃん。でも、それもまた人生。今度、いつか挑戦し達成した時には失敗しなかった奴よりも感動のピークは高いと思うよ、絶対!人生、ならせばイーブン。一時の凹みは気にしないで!やすしさんみたいに優しくて気遣いできる人は、次にきちんとやってくると信じてる。なんてね♪
かおちんへ
ん~期待に応えられるか??(笑)
上手に言ってくれるね~♪^O^

すべてひっくるめて自分の走り・・・

そそ、それ。僕は僕スタイルで走るんだな~。
だから今、清々しいのかも☆
失敗しても、それを超えたいと思えば、やりたいことが見えてくる。やらないといけないこと、って思うのと全然違う。楽しいと思えるのはその気持ちがあるからなんだろーね。
かおちんも、そういうニオイがするな~♪
クンクン(笑)
虎騎士さんへ
そーなんです。
案外、今の子の方がまともかも。
おじさん、おばさんになると、どーもずうずうしくなるところがある。鈍になると言うのかな?あんだけボランティアがやってくれてる真反対に立ち小便やカップのポイ捨てをするランナーがいる。レポでは書いてないけど、ほんと虎騎士さんが見たら怒鳴り散らすだろうなって光景があったよ。

考えさせられるね、ニッポン。
北海道,それも北見で気温32℃なんて,誰も想像しなかったでしょうし,そのギャップも精神的に堪えたのかもしれませんね。
完走率49.9%がその過酷さを物語っています。

それにしてもワイナイナ選手は,当然なのかもしれませんが凄いですねぇ。
更に苦しみ(?)の後半戦も楽しみにしています。
シビれるレポです。
やっぱりウルトラ挑戦してみたい。
完走できるかどうかは別にしても、
苦しんだ分だけ感動がありそう。
まだ完走できる走力ないけど、あと10ヶ月、
練習して富士五湖行きます!
鈍足親父さんへ
ワイナイナ。
僕の上司がワイワイナって言って、
何度ワイナイナって言っても気付いてくれず
ワイワイナて言うんです。

そのなワイナイナはすっごい笑顔なんです。
憧れるな~。人間性が出てたわ~。
あーいう人になりたいな。
さぶろうさんへ
シビレルと言ってもらえて、超テレル。
僕も富士五湖。これはハズセナイ。

さぶろうさん、完走するための10ヶ月。
300日もワクワク出来るのってランナーって幸せっすよね♪
うぅぅ、苦しそうだよぉ、辛そうだよぉ、読んでて涙出そうに
なっちゃった。 って、あ、まだ続くんだっけ(^^ゞ

30℃超える中、100km走るなんて ホント壮絶だわぁ。
アタシなんて5Kとか8Kでも 頭が煮えそうになっちゃい
ますもん。 でも どんなレースでも究極の所は 『自分
との戦い』 ですよね、ホント。 その人なりのレベルで
その人だけの戦い。 続きが楽しみ~♪
みきむぅさんへ
ありがと!
自分との闘い、その通り。
1年間イロイロあったことの総決算というか。
走りはウソをつかないというか。
結果がありのままに出てくる誤魔化しの効かない距離でしょ。
100kmって。

だから、練習不足だったりすると怖くなるし、
練習し過ぎても「これでダメだったら」って怖くなる。

いろんなもののバランスを保って挑戦できた時に
良い結果が出るのかな?

みきむぅさん、これからどんどんレースが面白くなると思う。
その時の気持ちって、忘れないでいると楽しいよ♪
アートスポーツの店長さん、私もウルトラ前にお店で色々アドバイス頂きました!とってもしゃべりやすい方で素敵でした
アズケンへ
おー鈴木さんにあったの?値打ちあるよ!ココロに汚れが無い。神だわ。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。