FC2ブログ

【カメラは見た!】OSJ氷ノ山50マイル、DNF決断の時☆

ども!ネズミーランドでプーさんに2回乗ったレオちゃんマンっすやばいね、アレ。ココロ鷲掴みにされるわ。『ハチミツドロボウ、ハチミツドロボウ・・・』飛んでくプーさんカワイ過ぎた

さて、DNFの氷ノ山。もう氷ノ山が大分昔のような感覚なんですが、やっぱ書いとかないとね~。レポ。

でも、このレポ書く前に注意事項が要るかな~。色々とランに対して、こんな僕なりに悩み、考えているワケですわ。皆もそーだろーけど。考え方はもちろん千差万別、十人十色ですから強制するのもされるのもゴメンですが、僕はこーだよ、ってのはある。

・とにかく楽しむ。
・とにかく感謝する。
・とにかく比べない。

1つ目の楽しむことについてはそのロケーションだったりラン仲間だったり、ウェアリング、ギア、移動手段、即時、当日の天候などなど、ありとあらゆるものについて前向きに楽しむ、ってことを大事に考えます。多分、これが出来ないと後の2つは出来ません。

2つ目の感謝する。走れるのは健康だったり、環境だったり、家庭だったり。色々なことに依存してる部分が大きい。当たり前だけど健康じゃないと走れないし、仕事や家庭の関係で走れる時間が捻出出来ないこともある。『脚が調子悪いから走れない。』『あのせいで練習できなかった。』なんていうこと。元は自分が引き起こしてる場合が多いし、そじゃなくてもそれを乗り越えるのが社会人として家庭を持つものとして当然のことだったりする。だから走れることに感謝する。これは当然のことだな。

3つ目の比べない。レースに出るのに比べない、ってなんで?なんだけど、さっき感謝する、って言ったでしょ。誰かより速い遅いって、事実としてはとらえるけどそれで人格までは言及しない。結果に対し自慢もしないし卑下もしない。それぞれがそれぞれの背景があってその中でベストを出そうと模索している。それに対して、あーだこーだ言えない。よくよく考えると、『よくやった!』『カッチョ良いね!』そんな表現しか出てこない。『もーチョイ速く走れたんじゃ?』『今回はイマイチだった。』なんて仲間内で話をしていても、それはレース中のごく一部分を指すのであって、その人が『力を出さなかった。』ワケではないから。


DNF初めてだし、あーすりゃ良かったってこと正直沢山ありますよ。完走すれば良かったとか翌日に予定を入れなきゃ良かったとか、脚のケアをもっときちんとしておけば良かった、きちんと移動含め宿泊も計画的にすべきだったとかね。そんなの言い出すとほんとキリが無い。ひどいと自己嫌悪に陥る。。。冗談では言うけど、本気では思わない。全部自分で決めたことだから。

じゃ、氷ノ山、ざっくりと写真と動画で。

DSC01607.jpg
スタート前。いつもこの時はワクワクして楽しい。朝6時でもこの暗さ。

DSC01611.jpg
鉢伏山から見た氷ノ山。美し過ぎる。

DSC01618.jpg
落葉でフカフカ。トレイルは最高!扇ノ山から第2CPの区間。

DSC01619.jpg
幻想的な風景に佇む大樹。

DSC01617.jpg
本気で落ち葉の上で寝てしまいたいと思った。


で、このトレイルを満喫してDNFを決めました。





DNFを決めて最後の下りを堪能。




レポ、細かいのはまた書くと思う。



こちらをドゥーンと押しちゃってー!!
レオちゃんマンの元気の源
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



氷ノ山山系トレイル50マイル | コメント(17) | トラックバック(0) | 2010/11/18 06:30
 | HOME | Next »