FC2ブログ

【レポロジー】第3回キャノンボールでキャン♪

ども!キャノンボールの余韻でにんまりしまくりのレオちゃんマンっす

キャノンボール、というネーミングだけで???の人も多いかと思いますが、けんこう堂さんプレゼンツの私設イベントで須磨から宝塚までの六甲全山縦走56kmをエンジン以外の動力で思い思いに駈け抜けるというもの。

2010_1024_062307-DSC01429.jpg

で、これがルートの地図(笑)

全く六甲全山縦走が初めての人には『そうなんしないようにね』とか書かれても無理ってもん。しかーし、このキャノンボールに集いし猛者達は六甲を愛し、『摩耶ケーブルをなくさない、イノシシを殺さない』の大号令のもと少しの道間違いでくよくよする奴なんていない。

きゃのん1 きゃのん2 きゃのん3

なんやかんやと30人ちょい。みなさん山好きの個性的な方ばかり。

スタートは6:30の予定だったんだけど、「電車で向かっている人がいるから」と理由で7:00スタートへ変更。なんとも優しくて、ゆるーいイベント。居心地が最高なんです。

2010_1024_065515-DSC01432.jpg

このキャノンボールを企画運営するしんちゃんさん(右)と、けんこう堂さん(左)。ほんま、人柄と良いセンスと良い大好きになっちゃうお二人です。

で、スタート。

僕は、あわよくば6時間30分、頑張らない走りで7時間ジャストってラインを目標に、でも心拍は前半の掬星台までは極力160より上には上げないという自己ルールの下走りだします。ゆるーいスタートから、ぽんまじさん、けんこう堂さんが抜け出して雲の助さん、藪サさん、私レオちゃんマン、ジュンマン君と続く感じで旗振山を目指します。

楽しくおしゃべりをしながら上っていきます。

今日は心拍を上げずに抑えて走りますよ~って宣言して間もなくで170オーバー(笑)いつもならガンガン走る最初の上りを歩きも入れながら出来るだけ心拍を落として進みます。

よーやく旗振山。この時点で5人は先行して行っちゃいました。久しぶりの全縦で、同じコースをみんな走ってるんだ、っていう感慨にふけりながら小さなアップダウンを経ておらが茶屋を通過、高倉台の住宅地を抜けて栂尾山への鬼のような階段を上ります。ここはハンサムネコさんのアクアスロンのアフターで走ったところと同じ。この階段はほんとストイックに走ってたんだけど、この日は一切走らず。何故なら歩きだけで160オーバーしてたから(泣)。しかも、追いかけてるハズの藪サさんや雲の助さん、ジュンマン君の姿が無い。

だいぶ置いていかれたな~。

でも、追いかけてくる人もいない。開始2Km地点くらいで一人旅。結局、これはかなりのところまで続くんだけどね。まー後で分かる。

6.7km横尾山で44分。歩きも入れてるのに半年前に走った時よりも2分も速い。なんでじゃ?と思いながらも馬の背に向けて岩場を駈け下りる。この辺は前よりも力を使わなくなった。滑り降りるイメージ。脚は踏ん張らない。全然のゆるゆるジョグ。気持ち良く馬の背を走り抜けしばらく行くと横尾団地への下り。ここも自然体で。頑張らない走りって僕大好き。どんどんテンションが上がってきました。

いちお、16.2kmの鵯越駅までの区間を65分って設定してたんだけど、微妙かな~って思ったら高取山が意外にもサクッと上れてしまって丁度65分で鵯越駅を通過。設定してる時間に限りなく近いので走ってて楽しかった~。鵯越から19.5kmの菊水山は35分の設定。菊水の上りは黒い階段や急な坂で日当たり良好過ぎていつもヤラレ気味。ほぼずっと歩きだったんだけどこれまた何故か設定の35分通り。

トレイルを計算通りに走るオトコ、山上に参上。

なーんてバカなことを考えつつ、どーせ次の鍋蓋山でチーんだよ。と思ったら・・・

ほんとにチンした。激チン!

菊水山の下りも非常に無理せず良かったんだけど、天王吊り橋の辺で立ちくらみ。別に高所恐怖症じゃーないんだけど、ね。鍋蓋山に怖じ気づいた、当たり、かも。

鍋蓋山を上りはじめて、2mくらいの身長のマッチョでトッポなハイカーさんに『どーぞ』と先に行くよう道を譲って頂いたんだけど、そのマッチョなハイカーさんの歩きが尋常じゃなく速くって、すんごいプレッシャーなん。
えー無理、って思いながらも無理をしてしまい早くも脚が動かんくなりますた。菊水山~鍋蓋山が31分。そんなに速くない割にすんごく疲れてしまった区間。

そこから市ヶ原を目指すんだけど、大竜寺の自販機でデカビタって炭酸飲料300mlを飲み干し、マッチ500mlをボトルに入れて市ヶ原へ。それが、ほぼ下りの舗装路が走れない。。。急にやる気無し子になってしまいボトルに入れたばかりのマッチをガブ飲みしそのまま市ヶ原到着。お腹たぷんたぷん(笑)所要56分。設定の11分ロス。想定外の大竜寺での休憩と下りで頑張れないやる気無し子が出てしまった。。。

市ヶ原に着いてもダラダラでコーラの自販機を見つけては買ってしまう。缶しかなくって後でゴミになるのも邪魔なのでボトルに入れ替える。350ml。これも、結局はトゥエンティークロスと摩耶山への分岐くらいで飲み干してしまう。わずかの距離で1リットル以上をがぶ飲み。たぶん、ハセツネの反動です。あの水無しのトラウマ。あれば飲んじゃうという病気が出てきた。その代わり、無くなると恐怖なのでハイドレの水はあまり飲めない。

摩耶山への道は、山ガールに追い上げられた。離しては迫られ、離しては迫られる感じ。山ガールも『あいつ、さっさと行けよな』って思っていたに違いない。

24.5kmの市ヶ原から28.7kmの摩耶山へは45分を設定。結果、59分、14分ロス。原因は、ほぼメンタル、これに尽きる。心拍は140台で全然頑張れない。たまに上りを頑張ると170手前までグングン来るし。お腹もたぽたぽ過ぎで走れないし。。。よーやく冷静になって、やり過ぎたなと反省。

だけど、その反省は全然反省でもなく、開き直っていく。掬星台の自販機で今度は水を買う。500ml飲み干して、更に500mlをボトルに入れ替える。だったらハイドレ要らないじゃん、ってくらい(笑)タダの重り。

掬星台にエイドがあるよ~って聞いてたけど、どれか特定できず、何故か珍しく引っ込み思案になってしまいコレかな?ってとこをスルーしてしまった。コーヒー、飲みたかった~。

ここから33.8kmの丁字ヶ辻までは約5Km。ここは、三国岩方面へ行かずにサウスロードをチョイス。あの笹の感じが堪らなく好きで、六甲を走りはじめた時に感動したのを思い出すポイント。サウスをまったり走って丁字ヶ辻到着。ここで、もうすぐ藤原商店があるぅ~ってルンルンになる。

藤原商店には先客がいて、それはジュンマン君だった。買い食いしてるジュンマン君を見て、親近感湧きまくりだった。

2010_1024_120657-DSC01444.jpg

ジュンマン君はチョコを食った。僕はアイスを厳選してミルク系をチョイスした。

ジュンマン君はデリケートなところを攣ってしまったらしく可哀そうだったが、デリケートなところ過ぎてどーしてあげることも出来なかった。ゴメン、ジュンマン君。

それから、ジュンマン君に別れを告げて記念碑台。そしてガーデンテラス。ガーデンテラスでも水分が気になり水500mlを補給。ハイドレに300ml入れる。結構ハイドレ、飲んでないことに気付く。。でも、何故かコーラをぼちっとな。パックに予備として入れる。今、こーやって記事にしてるけど、病んでるな。確実に。ハセツネの水枯れの呪縛はかなり根深いようです。

ガーデンテラスからはほぼロードを走りました。したら、さっきのジュンマン君がいるではないですか。水を補給し過ぎた恥ずかしさから抜くに抜けないな~とモジモジしてたら気付かれて写真撮られた(笑)

モウ怒ったので、一気に抜き去り一軒茶屋到着。ここで39kmくらいかな?設定の掬星台~一軒茶屋の区間1時間30分に対し6分のオーバー。補給とかに時間取られなきゃ時間通りに来れてるのに、ね。

一軒茶屋から、心を入れ替える。

楽しみにしていた下りのオンパレード。ほぼ15kmにわたり下りっぱなし。やっぱ東六甲縦走路は大好きなのであります。多少歩きも交えたものの、フォーがしっかり連発で出たし、大満足。

2010_1024_132418-DSC01445.jpg

僕の大好きな船坂峠を過ぎて暫くのナナメ杉。僕はこの杉を巨根と呼んで親しんでおります。この辺りで完全にスイッチが入り、ガーデンテラスで買ったコーラが邪魔になってきました(笑)腰に当たるんだ~。。。

ま、コーラに怒っても仕方が無いし、「コラ!」と言ってもサブいだけなので、ね。我慢して走ります。簡単な上りなら、どりゃーっと駆け上がります。大谷乗越の手前ではヤバいくらいに飛んでたわ~。ほんまに気持ちがえー。ここまでサボったカイがあった

ラスト、今までの距離感とは全く違う新感覚を体感。なんとまー塩尾寺に着くのが早い!フォーを連発して駈け下りたら、塩尾寺の境内で座ってる2名の男子がニコニコとこっちを見ているようで、遠目でキャノンボールの応援の方かな~と勘違いしてエラいテンションで『イエーイ!!』って叫びながら手を振ってしまった。結果、全然関係の無い人だ~って分かって、ちょいハズ。しかーし、東六甲縦走路を一軒茶屋から塩尾寺まで1時間02分は僕の最速。たった1分だけど更新致しました。

ラストは、どーでもいい激下りなんだけど、ローソンまでが全縦と勝手に決めてるので最後は気持ち良く終わりたい。激下りをスーパー歩幅小さい小走りダッシュで駈け下りる。その方が脚に負荷が少ないからね~足底筋、ブチ切れるかもしれないし~。激下りを経て、宝塚ローソンへ。塩尾寺から10分。ヒャッホー!ってゴールで叫んだが、誰も居なかった7時間7分と7のゾロ目なのでご機嫌かな~。

2010_1024_140820-DSC01446.jpg

で、自分撮りでトゥース!ま、自分大好きなので良いか~♪

とそこに現れたのはけんこう堂さん、ぽんまじさん、藪サさん、雲の助さんの4人。お風呂に入ってたらしい。こんどはみんなでお風呂に入れるようにもっともっと速くなんないとな~。

けんこう堂さんは2週間前のハセツネで11時間、そしてキャノンボールで自己記録更新の6時間14分。
なんと、ぽんまじさんは5時間22分。もー意味が分からない速さです。

ほぼ一人旅状態の56kmだったけど、すごい楽しかった。もっともっと最後の仲間が帰ってくるまで居たかったけど、今回はそーもいかず、二次会まで残れなかった。。次はしっかりと最後まで楽しみたいな~って思いつつ、僕のキャノンボールは幕を下ろしたのであります。


最後に、六甲を愛するみんなに、さんくす!
そして摩耶ケーブルをなくさない。イノシシは殺さない。

では、また来年のキャノンボールで会いましょう♪



<ラップ>スタート7:00~須磨浦公園
P1横尾山 44分    44分 166
P2鵯越駅 65分 1時間49分 163
P3菊水山 35分 2時間24分 166
P4市ヶ原 56分 3時間20分 155
          *大竜寺850ml炭酸
P5摩耶山 59分 4時間19分 155
          *市ヶ原350mlコーラ
P6丁字辻 44分 5時間03分 138
          *掬星台1,000ml水
P7一軒茶 52分 5時間55分 148
          *ガーデンテラス500ml水、350mlコーラ(消費せず)
P8東六甲  6分 6時間01分 145
P9船坂峠 18分 6時間19分 152
P10大谷乗 17分 6時間37分 158
P11塩尾寺 20分 6時間57分 164
P12宝塚温 10分 7時間07分 157

*心拍平均156

スタート時ハイドレ1,400+補給300-最終800ml残り
 =消費900ml

(自販機で補給)
大竜寺850炭酸+市ヶ原350コーラ+掬星台1,000水+ガーデンテラス200水
 =消費2,400ml

900ml+2,400ml=3,300ml

結果、この時期の涼しさなら2リットルのハイドレで最後までいけちゃうことが分かりました。補給は掬星台の1回でOK。それだけでタイムは縮まる。

(補給食)
ピッドインリキッド3本。ハチミツ(レモン入り)75g。アミノ酸粉末4個。ウェハース1本。



あー、次はもっと頑張れるハズ。

早く六甲走りたい~♪






こちらをドゥーンと押しちゃってー!!
レオちゃんマンの元気の源
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



六甲全山縦走 | コメント(22) | トラックバック(0) | 2010/10/28 02:43
 | HOME |