FC2ブログ

【祝!】下り中心のトレイルでフォー!連発、の巻☆

ども!先週やりかけの『信長の野望』の続きがやりたくて仕方がないレオちゃんマンっす

ハセツネまでとうとう2週間。調整は、というと恥ずかしながらイマイチ。どーも毎年8~10月は調子が上がらない。単純に暑さ、というのも大きいけど年末年始からの連戦、そして締めくくりの6月サロマ、7月おんたけ100のウルトラシリーズを闘った疲れというものの蓄積が無いわけは、ない。。8月はレースも入れずそれなりにマッタリしたつもりだったけど、転勤した先での仕事がフレッシュ過ぎて知恵熱の毎日、んなわけで精神的にも肉体的にもグッタグタの中、京都一周トレイルの試走、本番を経て、大峯奥駈。。。もうボロボロになってて、癒しのためのトレイルがしんどいもの、って感じになってました。

そして、リハビリ。

大好きな下りを存分に堪能し、初心に戻ろうって意味を込めてのリハビリトレイル。

付き合って頂いたのはWカッチョさん。今年からトレイルを始められ、今回で5回目のセッション。毎回、すんごい楽しそうなWカッチョさんを拝見し、自分もフレッシュな気持ちにさせて頂いております。ありがとうございます!!


今回のコースは、のっけからバスで標高を稼ぎ、下りを意識したルート設定。≪JR芦屋⇒バス⇒東おたふく山登山口⇒東おたふく山⇒土樋割峠⇒七曲り⇒六甲最高峰⇒東六甲縦走路⇒宝塚≫



925東お多福

JR芦屋駅のバス停6番、7:10発芦屋ハイランド行きのバスに乗っかって東おたふく山登山口(470m)まで。

2010_0925_072604-DSC01231.jpg

Wカッチョさん、嬉しくて仕方がないご様子東おたふく山(697m)まではたった230mくらいの上りでOK!

2010_0925_080422-DSC01235.jpg

余力十分で東おたふく山から土樋割峠、七曲り手前の分岐まで100m程下ります。

そして七曲り。キツイけど、バスで標高を稼いだ分全然余裕です。

2010_0925_081932-DSC01236.jpg

六甲最高峰(931m)まで340m程一気の上り。

2010_0925_083714-DSC01240.jpg

500m以上の山に登るのが初めてのWカッチョさん。六甲山最高峰を示す支柱を見た途端にイヤッホー!!が飛び出しましたホント、一緒にいる僕の方まで元気をもらえる程の大喜びで、嬉しかった~

2010_0925_091510-DSC01242.jpg

六甲最高峰のあとは、下るだけ。Wカッチョさん、回を重ねるごとに下りが良い感じになってきてます。


僕も。東六甲縦走路は超気持ち良いダウンヒルの連続。小さな上りがあるけど下りの惰性で全然上りきれるものばかり。

上りでは、

にゃろー!

だらーーーー!!!!



下りでは、

フォー!

ヒャッフォーー!!

ニャッヒョーーー!!!






あーなんて幸せ

これだ、これ。

思い出した~

初心に戻り、激飛ばしのダウンヒルで息が切れても楽しいことこの上無し。結構危ないとこも過剰湧出アドレナリンパワーで駈け下り、飛びまくり。感無量、っす

2010_0925_101629-DSC01245.jpg

甲山が一番綺麗に見えるビューポイントにて。
Wカッチョさん、物思いに耽るの画。

2010_0925_110915-DSC01246.jpg

きっちり900mを下りきり、宝塚へ。
季節は変わりガリガリ君からチョコ系マッタリアイスへ。


東六甲縦走路の大好きポイント。

☆船坂峠を過ぎた棚越手前のナナメ杉のあるシングルトラック。

☆岩原山への分岐を過ぎたシングルトラック。
甲山が見えてくると激アツリーチに発展!!



すんごい元気になったから、あとはホント疲れを取り除いて、スピードの刺激入れとコースを頭に叩き入れること。それ頑張ろ。
こちらをドゥーンと押しちゃってー!!
レオちゃんマンの元気の源
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



六甲山 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2010/09/26 23:41
 | HOME |