FC2ブログ

ダイトレのペースについて考える

ども!
2010年前半のトレイルでのガチレース、大阪府チャレンジ登山大会(通称ダイトレ)がいよいよ今週末に迫ってきました。コースはもう何度も走ったところなんで精神的には心構えが出来ていてリラックス
今週は送別会など飲み会も多く体調を維持するのには苦労するけど脚の疲労は心配無さそう。欲を言えば心肺機能に一息入れたいところなんだけど。。。

一応、イメージトレーニングモードなんで、昨年のレースペースと先々週の試走とのタイム比較を行ってみました~

<通過タイム>
P1道の駅 昨年  試走
P2竹内峠 22分 26分
P3岩橋山 30分 48分 1時間15分・・・9km
P4葛城山 75分 50分 2時間05分・・・13.6km
P5水越峠 27分 22分 2時間28分・・・15.7km
P6金剛山 54分 53分 3時間21分・・・21.1km
P7行者杉 62分 56分 4時間17分・・・27.3km
P8天見駅 51分 49分 5時間07分・・・36km(昨年は5時間21分)

まず、スタートからP2竹の内峠下、P3岩橋山まではかなりグイグイいってました。
トレイルなのに超高速ダッシュ(笑)
アドレナリン出まくりで、怖いもの無しのツッコミっぷりです。

そんで、P4葛城山までのタイムが先々週の試走に比べて25分も遅い。。。
これは、岩橋山を通過してしばらく行った岩橋峠までの激下りで登山の部の方を回避するために無理にトレイルのバンクを蹴って走ってたら、前方にも気を取られて着地した足が、有り得ない角度で、、、足首を捻ってしまったんですね。。。
あの時は、すんごいデカイ音でブチッていいましたあの時は「あかん、靭帯が切れた!」って青ざめましたけど、テーピングをしていたため、テーピングで衝撃が緩和されたんですね。ブチッって音はテーピングの千切れる音だったんですね。靭帯断裂はマノガレましたが、捻った足首はどうにも痛いここで、冷静にトレイルの脇の空き地でゴロンと横たわり、持って来ていたテーピングで応急処置。グルグル巻きにしてとりあえず歩けることを確認。以後、下りは怖くて走れず、上りを休まずに足を置いていくという辛いレース展開に。30kmのレースのわずか3分の1、スタートして10km程度しか進んでいないところでの大ピンチでした。

P5水越峠までも試走に比べて5分遅い。葛城山から水越峠までは木段中心の走りにくい嫌な下り。ただでさえ時間が余計にかかってしまうところを、激痛に耐えながらゆっくりと下ったためです。あー思いだしてきたわー。

P6金剛山までは緩やかな林道をしばらく上って金剛の水を過ぎたあたりから上りがキツクなる。前回はここで足がマヒってたのか、試走でおにぎり食べながら歩いたからかほぼ同じタイム。今年の本番では50分は切りたいなー

金剛山に上ると一の鳥居前で水とバナナのエイドステーションがあってここでハイドレに1リットル補給させてもらったなー。段取り悪く、モタモタしてしまい3分はロスったか。そこからは少しだけロードの下りで、足首のテーピングが緩んできたと感じたので「ちはや園地」でテーピングの巻き直し。ここでも結構時間がかかった。捻挫してもそこまで遅くならなかったのは、ダイトレってイヤらしいほどアップダウンが多くて上りが地味にこたえるコース。昨年は下りを捨てて上りに徹したので捻挫してもそこそこのタイムで走れたのだと思う。P7行者杉まで、金剛山から400m程下ることになるが、その間に何度もアップダウンを強いられ疲労感が一番感じられる区間。

P7行者杉からは西ノ行者を経て、ブンタ谷への分岐から激下りとなる。普段はこの分岐が分かりづらく初めての試走の時は通り過ぎてしまったけどレース当日は係の人が立ってくれている。下りきるとロードに出てくる。ロードは3kmくらいかな。ゴールの天見駅まですっごい長く感じる。

2009ダイトレ
すっごい平気そうに走ってるでしょ!
カメラの前だからですよ~

2009ダイトレ2
いやー捻挫したはずなのにアドレナリンでマヒ(笑)
後で見ても怖すぎます



えーっと、自分にしか分からない振り返りが終わったところで~(笑)

レースの目標ペースです。

結論。やっぱ前半からぶっ飛ばす!!
アドレナリンを出し切る!!
去年の二の舞はイヤだわ。リベンジリベンジ!
って、今年はそんなリベンジレースがあと4つはある

<目標通過タイム>
P1道の駅 
P2竹内峠 23分 0時間23分
P3岩橋山 40分 1時間03分・・・9km
P4葛城山 50分 1時間53分・・・13.6km
P5水越峠 22分 2時間15分・・・15.7km
P6金剛山 50分 3時間05分・・・21.1km
P7行者杉 55分 4時間00分・・・27.3km
P8天見駅 50分 4時間50分・・・36km


ちょっと欲張って4時間50分。

最低でも、5時間は切りたい!
daitore.jpg
ランママ佐藤光子先生に出して頂いた宿題を提出しなきゃいかんもん!

2009_0412_134240-DVC00003 - コピー
憧れのランナーっす!
去年のダイトレ女子2位(その前は優勝)、ハセツネ女子3位はハンパ無く強い!
この方がお山を笑顔で走っている記事を雑誌で読んでからトレランに引き込まれていったんだったけ~
ほんと素敵なランナーだ



ダイトレ、捻挫の怖さはもうございません!
階段上り下り大会を満喫するぜ~~~い!!

こちらをドゥーンと押しちゃってー!!
レオちゃんマンの元気の源
↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ



その捻挫は2週間でも完治せず、練習も出来ないまま とくしまマラソンを強行出場。ファンランと割り切り3時間37分で完走。そしてその3日後にはリレーマラソンに出場
あの時はほんと怖いもの知らずでひた走ってたな~
スポンサーサイト



第36回大阪府チャレンジ登山大会 | コメント(16) | トラックバック(0) | 2010/04/08 00:19
 | HOME |