FC2ブログ

六甲山系ロングトレイルトリップ with 雲の助さん 【レポ】

ども!3連休のとりを飾るは雲の助さんとのロングトレイルトリップ。本当は箕面まで完走したかったんですけど、自転車屋さんに娘の自転車を取りに行ってやろうと思い16時頃ラスト(所要9時間)で行けるとこまでという感じで設定。

20100322六甲山系トレイル (1)
朝7時に藍那駅に集合!
なんと雲の助さんは、ご自宅から藍那まで約15kmをランでお越しになりました!
御歳53歳とは思えない元気なお方(笑)

ごはんですよ   gohanndesuyo.jpg
イメージ映像としては桃屋のCMに出てくるキャラクターに似てる(爆)

ブログではお互いに大体の人柄は分かっていたんですけど、
第1印象はヒョウヒョウとした感じが堪らなく面白く(スイマセン)、
すっごい気遣いをされるお優しい方、という感じでした。(分かりにくい?)

20100322六甲山系トレイル (5)
雲の助さんと合流して少しロードをジョグするとすぐに藍那古道の入り口に。
少しストレッチを入れ、フーディーを脱ぎ、さー出発!
走りやすい良い感じのトレイルで、歴史を感じさせる。
もっと走っていたいけどアプローチのトレイルを抜けるとノドかな田園風景が。

20100322六甲山系トレイル (6)

今日の前半のハイライト、丹生山と帝釈山がドーンと見えてます!

20100322六甲山系トレイル (8)

丹生神社の鳥居をくぐり参道を目指します。
トレイルに入って分岐を1つ間違えたけどすぐにリカバーして丹生神社への表参道へ。
雲の助さん、慣れたものですぐにルート修正。
僕ならドンドン深みにハマって遭難間際でやっと気付くんですけど(笑)

20100322六甲山系トレイル (9)

石の道標で「十丁、九丁、八丁・・・・」と最高峰までカウントダウンされてました。

20100322六甲山系トレイル (10)

上りはキツイけど結構アッサリと丹生神社(515m)に到着。
1時間24分くらい。
神社は意外に寂しい雰囲気。。。
ここで今日のロングトレイルトリップが成功するようお参り。

ここからは帝釈山を目指します。
やや下ってから再び上り。
地味に脚にきます

20100322六甲山系トレイル (11)

帝釈山はすぐで丹生山から25分で着いちゃいました。
ここで1時間52分。

20100322六甲山系トレイル (12)

帝釈山の頂上はかなりナイスビューで淡路島や六甲縦走の山並みもハッキリ確認でき、菊水山、鍋蓋山もバッチリ見えました。別の角度から見るのもなんともオツなものです。

20100322六甲山系トレイル (13)

雲の助さんのダウンヒル。
慎重でありながら足さばきが非常にスムーズで見ていて参考になりました
帝釈山から岩倉峠までのダウンヒルはホント走りやすくて気持ち良し!
楽しいのなんの♪

岩倉峠でロードに出会い、南に右折してしばらくで左折。
ここの分岐は初めてだとかなり分かりにくい。
経験者の雲の助さんがすっごい頼もしい

目指すは稚児ヶ墓山(596m)。
一旦下っての上り返し&石段の連続で結構脚にきます。
走らず、というか走れず?お互い「ここは歩きましょうね」と
ニコニコウォーキング。
色々とおしゃべり出来て楽しかったっす!
雲の助さんは20代の頃バリバリのクライマーでチベットやヨーロッパの山を果敢に攻めた山男。あんま自慢しないところが真の凄さを感じさせる。
「デポしてたとこが雪崩で流されて登頂を諦めたんだよ~」って
何気に言われても。。。
雪崩に食料やらなんやら流されてよくぞ生きて帰ってこられた!
雪崩が雲の助さんに直撃してたら・・・今日は無いのじゃぞ。
あー恐ろし。

20100322六甲山系トレイル (16)

雲の助さんとのお話で上りの辛さも半減。
稚児ヶ墓山に到着。
帝釈山から46分。所要2時間35分。
ココからの眺望もなかなかのものでした

20100322六甲山系トレイル (18)

稚児ヶ墓山からの下りも絶品でもう少しトレイルを堪能したかったけどゴルフ場に出てきてからは、ひたすらロードを下ります。写真は鰻の手池。なんちゅう名前や。
ひたすらロードの下りで脚にキマす。
あー下りはトレイルを走りたい。。。
ほどなくして谷上駅に。
ここで3時間45分。
コンビニでチャージして今度は裏六甲を山田道から攻めます。
雲の助さん曰く「この山田道から徳川道は六甲山の弱点をついた道で・・・」というウンチクを拝聴しながら進みます

20100322六甲山系トレイル (21)

トレイルの取りつきには桜が。キレイだな

山田道を進みます。んー確かに傾斜は緩やか。でもさっきのロードの下りからギアがなかなか切り替わらず歩いたり走ったりの繰り返し。まーゆっくり行きましょ、ってお互い同じくらいのペースなんで問題なし。やっぱロングとなると大体の走力や経験が同じくらいが一番楽しめるんですよね。

山田道から徳川道を経て杣谷峠へ。
所要5時間21分。
ここからは六甲全縦コース。
ここからは後半。僕がリード役を務めます。
久しぶりのサウスロードは気持ち良かったな~
余分に15km走ってきた雲の助さんも若干疲れ顔。
ここで大体45kmは走ってるはず。僕は30kmくらいかな。
普段の六甲全縦よりもきっとキツイコース。
そりゃ疲れます
丁字が辻、記念碑台をサクサク進み、ゴルフ場を抜けてガーデンテラスに。
あと3km程で六甲最高峰。ほとんどお互い無口(笑)
何かしゃべると「脚にきましたね。」
雲の助さん、丹生山からそのセリフ言ってましたよ~
ワーワー言ったり、悲鳴を上げたりしながら楽しくツライアップダウンを経てようやく六甲最高峰(931m)に到着!
所要6時間53分。

20100322六甲山系トレイル (26)

一度コレをやってみたかった。夢が叶いました

20100322六甲山系トレイル (27)

そして雲の助さんとしまねこポーズ!
またやっちゃった
って、雲の助さん。ポーズが面白過ぎ!カメラ見てるし(笑)

さーて、お楽しみのロングダウンヒル。東六甲縦走路は細かい上りもあるけど、全体的には長ーい下り。それが12kmも続きます。

20100322六甲山系トレイル (28) 20100322六甲山系トレイル (29)

雲の助さんも復活して怒涛のダウンヒル!
って小さくて分かんないけど、カメラにちょっと照れ笑いしてます

20100322六甲山系トレイル (30)

僕の好きなお山。
うちの娘と初めて上った甲山(309m)もすっごい綺麗に見えました。
小さいけど独立峰でカッチョ良い!

ラストの下りは疲れても出てくるアドレナリンの処理で大変
フォー!フォッ!フー!ヒャッホー!
ダウンヒルの絶叫4段活用を多用しまくり(笑)
何の動物が走ってきたのか、って表情でハイカーさんが振り向いてよけてくれます。
笑顔&気持ち良い挨拶でかっ飛ばし!
「おー頑張りや~!」
との声援もあり、調子乗りまくり!
あー楽しい

塩尾寺まで駆け下りてあとは仲良く雲の助さんと宝塚駅まで。
ローソン前でゴール!
所要8時間24分。

20100322六甲山系トレイル (31)

やっぱ、ゴールしたらお酒ですね!
グビグビーっと頂いちゃいました!



何キロ走ったのでしょうか?さーてGPS持ってないし。
大体、地図で判断して僕は50km、雲の助さんは65km?

まー楽しいロングトレイルトリップでした。

雲の助さんと話してたこと。。。

「次回はおんたけ100の練習も兼ね、夜10時出発で箕面まで目指そう!」

箕面までだと80kmくらいになるのかな?


【補給食】
水 2リットル(ハイドレ1.5、ボトル0.5)
パワージェル梅 3発(ソフトフラスクへ投入)
カロリーメイト ハニーメイプル味
ビスコ
アメ (ヴェルタース オリジナル)

<追加>
100%コーラ 0.5リットル
おにぎり 2個(赤飯、昆布)
魚肉ソーセージ 極太
アミノ酸ゼリー



毎度の長文で恐縮です。最後までお読み頂きありがとうございました。
ついでに、ついでにで結構ですので、

こちらをドゥーンと押しちゃってー!!レオちゃんマンの元気の源
↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ




スポンサーサイト



六甲山 | コメント(13) | トラックバック(0) | 2010/03/23 01:07
 | HOME |