FC2ブログ

ルンルン京滋トレイルラン=3【レポ4】

ども!【レポ3】の続きです。
ん?もー飽きたぁ??(笑)
気が変わったので一気に書いちゃいます。
長いのでお時間のある時にどーぞ♪


いやー、あの犬小屋を発見した時はほんと脱力しましたよ
いぬごや

気を取り直して犬小屋のある方の道を上ります。
民家の畑でおじいちゃんが笑ってます。
「あんたら、ずいぶん遅いね~」
「先に走ってた人はどれくらい前ですか~?」
1時間くらい前かなー。あんたら一緒のマラソンかいな??」

えっ、1時間。。。

完全にピクニックモード。ちょっとの上りでも歩きます。
「西国古道」っていうプレートを頼りに草道を上がると再び舗装路に。
そこを左折してしばらくラン。
そろそろ神社があるはず。
おー鳥居が見えてきた。ここの三叉路を右に下るって書いてあるから要注意!

そこで、またまた黄色いウェアの方が地図読み。

いやーな予感。。。(笑)

右、って書いてあるのに左に行こうとしてはる。
でも「神社のところの三叉路を右に下る」というルート説明に従えば、下れそうなのは黄色のウェアの方の言っている方。。。

もう、こうなりゃ心中しますわー!

って、言ったかどうかなんとかそれらしき道を下って行きまして、お地蔵さんを発見。

京滋TR (18)
このレースで初めてと言ってもいいくらい分かりやすいお地蔵さん。
めっちゃ、拝んどいたし!

この角を左折してトレイルに突入。スムーズに行ってればここで1時間くらいなんかな。
ココ通過、2時間36分だし。。。

中間点の自主関門は3時間。
間に合うんかいな?

なんていうことは考えずにトレイルを上ります。かなり急だし。。。
この辺、すっごい分かりやすくてルート説明とルートが納得の一致で(当たり前か?)スイスイ進む。
この辺でNAKAむぅ君と黄色いウェアの方を置いて進みます。
やっぱ、ちょっと後悔。
はじめの作戦通り岩間山までは集団に紛れとこう、っていうの実践していれば良かった。脚と心の余裕があればガッツリ上りで攻めれたのになーって遊びって言ってた割りにまだ未練あるし。

京滋TR (19)
おーまたまた分かりやすいポイント。奥宮神社。生き残りのガングロ君(この人もずっとミスコースに帯同しておられた我慢強いお方)とトイレ休憩&絶景を堪能。

京滋TR (20)
その横の展望所からの眺め。あー爽快

黄色のウェアの方が追いついてきたけどかなりお疲れモード。
言葉は無く、笑顔でアイコンタクト。
「僕、行きますわー☆」って言ったつもり。

すぐに出てきた駐車場ではモトクロスバイクのおっちゃんの集団がワイワイ。
総勢50名くらい???かなりの大集団。
それに乗って帰りてー!ってホント思った。
バイクのおっちゃんを横目に、再び下り。あー楽
ここで要注意ポイントをチェック!
コース説明の『右急カーブの手前のベンチの所から左のトレイルへ』って見るからにややこしそうな分岐もすぐに発見し、気持ち良い下りを堪能!中間点の自主関門に間に合うか?

でも、あくまで「自主」でしょ、ってことであんまガッつかずに中間点へ。分かりやすい橋。
ここで3時間02分。まー2分の超過は勘弁してちょってことで進みます!
橋の周りに5人程座り込んでる。
タクシーに乗ってく人もいれば、主催者の携帯に「リタイアっす。荷物取りにいきます。」なんて言ってる光景も。。。僕らも、ほんとはリタイアしたいんすけど、勝手に前に進みます(笑)
しんどいの大好き

京滋TRコース4

中間点の橋を渡って左折し100m程の舗装路を上ると右手にトレイルの入り口。なんか結構急だし。
一緒に来てたガングロ君もいよいよパンパンで
「あーしんど。あかん脚が。。。」「うー、あかん。無理っ。」「いでででででー!」
って脚より口が動いてるし(笑)
次第に虫の息・・・
GOOD LUCK!

これで、ミスコース組でトップになってしまった
なんの喜びもないですけど。
結構、上りはキツイし補給食でも取ろうと思ったら、パワージェル2発はとーに消費。
あとは種なし梅干しのお菓子のみ。ハイドレの水は1リットル持ってきたけどあと300くらいかな?セーブしなきゃ。ほんとサバイバル。コースは東海自然歩道の道標に沿って行くので間違わなさそう。この尾根で次々にへたり込んでる方々を次々発見。「ういっす。」って感じで軽い挨拶。ほんとしんどそう。

京滋TR (21)
こんな感じのトレイル。元気だったら少々の上りでもウヒョーって叫びながら走るのに、そんな元気無いっす。お腹すいたし。

京滋TRコース5

千頭岳(600m)を通過ししばらくすると・・・

京滋TR (22)
木陰から、琵琶湖が見えてきた!
かなりテンション上がる!!

もーちょいで僕、生きて帰れるんだ!

そー思った瞬間。生きてるって実感。
こんなのを感じられるのもトレイルラン

細かい上り下りをくり返し、音羽山の西側を通過。ここで再びの眺望!

京滋TR (23)
あー歴史を感じるな~。
どんな偉人さんがこの景色を見てきたことか。
思いを馳せ、しんどい脚を前に出します。
あと5kmってとこ?
ここで4時間16分

制限時間まであと44分。

もう、何もない。水も。無い。最後の梅干しのお菓子の残りを食べる。

あーうまい!

くぅ~。。。腹減った。ホント、ラーメン食いたい。めっちゃコッテリのん。
いやいや、あかん。サロマまではあかんあかん。って色々考えます。

さっきの写真からは緩やかな下り。いやらしい上り返しもあるけど行けなくはない感じ。この辺で沢山の人に出会う。ワイワイおしゃべりしながら気持ち良いダウンヒル
しつこいけど、コースミス無しで来てたらかなり調子良く走れたに違いない。もったいなかったなー。好きな下りを攻められないもどかしさ。。。
あーーー、もう限界。限界近し。。。
ソフトフラスクをチュッチュしてもジェルはもう無いし。。
腹減った。飴玉でもいい。
手先が痺れてきた。
あかん、ハンガーノック寸前。。。
耐えろ、耐えろっ。
自分の体重を感じない感覚。。。
やばい、コントロール困難。もうフラッフラのヘロッヘロ。
痺れは上腕にまできている。
いやーな感覚。。。

俺、ヤバイ。ヤ・バ・ぃ、、、

人生初の生命の危機を感じる瞬間。
ハイドレの水、少しの量の水が出てきた。
だけど、それっきり。。。

あーーーー乾いてる。

腹減ったー

せめてもの救いは人がいること。
前にも後ろにも。やっと前の集団にも追いついてきたんだ。

結構下って、国道を横切る歩道橋を渡ります。
渡りきったトレイルの入り口の標識にゴールの長等公園まで1.5kmの表示が。

よし、あと15分くらいあるのか。間に合うか。。。

再びの上り返し。もうパワーが無い。全然進まない。
元気を出すためにすれ違う人に声をかける。
ありがとう!
その笑顔でちょっと進める。
長ーーーいは、1.5km。。。

さっきの脱力感から少し解放される。
何で?復活?
下りきると20人くらいの団体が・・・
ここにきて迷ってるの??

ゴールまで数百メートルのハズ。
『舗装路に出て左』って書いてあるけど、この細い舗装路のことかいな?
ってもうこの際疑ってらんない。進め進め!
ミスコース代表レオちゃんマンが先導致します。

泉州
この時の感じ。村人を先導する村の長みたいな感じ!

見えた!ゴール前の階段。アレを下ればゴールがあるハズ。
もう順位もタイムも関係なし。
このコースを走れた充実感でイッパイ。
ゴール前ダッシュとか大人げないことも無し。
そのままの状態で次々にゴールイン!
先にゴールした人達や応援で来てる人達から盛大な声援を受けて感極まりマクリ

時間、後で確認したら4時間54分

間に合ったみたい(笑)

あー疲れたー!!!

生憎、飲みたかったコーラは売り切れ、ファンタも売り切れ。Qooりんご味で癒される~2本一気飲み!グビグビッくす☆

京滋TR (25)
ゴール10分後。蘇生した後のレオちゃんマン!


30分後、彼らは元気に帰ってきた。
そう、NAKAむぅ君と黄色のウェアの方・・・もとい、髭のロッキーさん(あっ名前教えてもらいました
京滋TR (27)
大人げない小競り合いを制し、髭のロッキーさんが先着!

京滋TR (28)
NAKAむぅ君もゴール!
ちょっとふざけて、お茶目にゴール!
若いってええーっすな

京滋TR (29)
そして、共に闘った同士のスリーショット!!
爆カッチョ良いし、髭のロッキーさん超オモロイ人でしたし~!笑えた~
聞くとミスコースの前科あり(笑)
髭のロッキーさんの奥様からお詫びのおにぎりをゲット!
奥さん、美味かったっすよ!
お詫びっていうよりこっちが感謝っすよ~
旦那さんのおかげで、めっちゃ遊べましたし~ルンルン~♪
NAKAむぅ君もまだまだ元気
あー盛り上がったな~☆
髭のロッキーさんに聞いたら、僕ら32kmも走ってたらしい。
20km分の水と補給食だけじゃーほんまヤバイなー
これからはお守り的な飴玉持っておこっ。
あと少々のお金と携帯もね。


京滋TR (26)
トレイルランナー間瀬ちがやさんと
美し過ぎる~
レオちゃんマン、ド緊張!
「あのー僕、レオちゃんマンって言います。はい。」
こんな怪しいアプローチにも嫌な顔ひとつされずホント女神さま
すっごい嬉しい!疲れ吹っ飛ぶ~☆

京滋TR (31)
これ、ついでに。
我々、ドロンさせていただきます

京滋TR (32)
帰りは銭湯へ。ゼッケンと引き換えに入浴料は無料に。助かったー☆




えらい長い記事を最後まで読んで頂き嬉しい限りでございます。
こちらをドゥーンと押しちゃってー!!
レオちゃんマンの元気の源

↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ


スポンサーサイト



2010京滋トレイルラン | コメント(14) | トラックバック(0) | 2010/03/16 20:37
 | HOME | Next »