スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

おんたけウルトラトレイル100マイルまであと2週間。



ども!来月開催のOSJおんたけウルトラトレイル100マイルまであと2週間ちょいとなりました。

昨年は第2CP(105km)にてタイムアップ。。

今年こそ。

しかしながら、コンディションは良いとは言えない現状。100マイルのロングディスタンスは付け焼き刃でなんとかなるもんじゃない。しかも制限時間は24時間。

僕にとっての最大の敵は睡魔。

昨夜、深夜の六甲全山縦走を試みましたが高取山を下りたところで全くカラダが動かずそのままロードで家路につきました。その原因はやはり睡魔。前日に2時間睡眠で仕事して深夜0時近くにスタート。昨年のおんたけウルトラトレイルに近い寝不足の状況で走りましたが、やはり睡魔には勝てなかった。

おんたけウルトラトレイル。今年は100kmのエントリーが過去最高の1000人に達する勢いとのこと。盛り上がりは大歓迎だけど、レース前のセルフコントロールが絶対に欠かせないな、と本気で感じました。

当日は受付後に最低3時間以上の睡眠を確保したい。走ること以前のコンディション作りが相当影響するのが当レース。

心して望みたい。

今年最大のガチレース。頑張ります!
スポンサーサイト
おんたけウルトラ100マイル | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/06/28 18:06

おんたけウルトラトレイル100マイルにエントリー♪

ども!日曜日にドラえもんの映画見て号泣しました、レオちゃんマンっす

エントリーしましたよ。

おんたけウルトラトレイル100マイル。

昨年は第2CP105km地点でタイムオーバー。DNFとなってしまった。。。

リベンジという言葉が嫌であえて使わないけど今年は今年の走りをしてしっかりと完走を勝ち取りたい。

去年のDNFはまともに勝負することなく自滅した感がある。

調整不足は言うまでもなく寝不足、準備不足、イメージ不足、、、反省したらキリがない。

そこまでの実力だった、ということ。

だから、あーだったらとかこーだったらというような仮定の話は虚しいだけ。

サッパリ忘れて今年に力を注ぐのであります。

しかーし、今年はどうかというと更に条件は悪い。

秋以降ずっと月100kmも走れていないし、年末からの右足首内側くるぶし周辺の炎症に加え捻挫、打撲・・・

最近になってようやく焦りだけで走っているという感じだけど、フルを走ったらサブ4も微妙って感覚。

今月は今年初レースの京滋トレイルランで始動。

20kmだし、スピード感を取り戻したい。レース勘も、やね。

でその翌週は六甲CBレギュラー112km。16時間を切りたい思いはあります。

ま、現実良くて18時間か。DNFクセが付くと嫌なので完走はマスト。這ってでも完走します(笑)



なんしか、今年の最大のレースはUTMFではなくおんたけウルトラトレイル100マイル。

制限時間24時間で160km。

毎晩、おんたけのことを思ってドキドキしながら寝てました。

で、とうとうエントリー。

少しずつ、現実が近付いてきています。

頑張りどころは5月でも6月でもなく3月と4月。

ここを頑張らないと7月のおんたけウルトラトレイル100マイル完走は見えてこない。

多少無理して走り込みたいと思います


2010_0718_083811-DSC00097.jpg



おんたけウルトラ100マイル | コメント(6) | トラックバック(0) | 2012/03/06 00:38

【蚊取り線香】おんたけウルトラ100マイル、終戦。

ども!O・P・I (おーぴーあい)が気になる季節ですね

むっつりレオちゃんマンです

さて。ゴール編♪って書きたいとこだけどDNFだから、、ちょい、やっぱ寂しい。

前回記事が、行くぞ!的な感じで終わっちゃったけど結果が分かってるだけに自分でも哀愁感じまくり。。。



思い出して書こうにもなかなか思い出せない。

正直睡魔で頭クラクラ

かおちんにエールを送って下りを頑張った後がほとんど思い出せない。

完全に復活して第2CPまでの20km弱をぶっ飛ばして制限時間の1時間前には到着したいと思った。

一旦クラクラして歩きだすと脚も動かなくなって。

情けないくらいトボトボ歩いた。

100kmのランナーが天然エイドで水浴びしても僕はもうそんな時間は無かったのでとにかく歩いて第2CPまで行こうと思った。

休んでられない。

歩き通して少しでも前にいかないと。

でも、気持ちと裏腹に歩くスピードもすこぶる遅くなっていた。。

さっきまでに抜かしていったランナーにどんどん抜かれて行く。

かおちんが追いついてきて大丈夫?って心配してくれたけどどう応えたか覚えてない。

「眠い」そー言ったかも。

かおちんに心配させたのは気になったけど、作り笑顔も出来なかった。。。。

意地で少し走るけど続かない。

上りは歩きだし、フラットも歩き。下りも日影じゃないと走れなくなってた。

水や補給はしっかり取ってたので脱水とかハンガーノックじゃない。

写真も1枚も残ってない。

撮る気分にもなれなかった。

90km、95kmと5Kmあたりのラップは1時間を超している。

そんなに長い時間歩き続けたのか?

全然覚えていない。

まだ2回目の第1CPについた時には時間はたっぷりあった。

しんどかったけど日の出とともに眠気はもう来ないと思ってた。

一度は復活したし、フォー!!!って叫びながら下りを激下ってかおちんともエール交換した。



相当はしょるけど100km。14時間24分・・・



夢でも何か見るよ。。。

ほんと何も覚えていない。。。

やっとのことで100kmについた。

あと2Km。

あと30分以上ある。

ギリギリ辿りつける。

そーしたら泣きながらでもなんでも第3CPに行ってやる。

一番好きな区間。

そして第3CPまで行けばゴールが見えてきてからの不思議なアドレナリンに着火して24時間ギリギリでもゴール出来る。

ゴールする。


朦朧としながら一度は期待を持って前に進んだ。


キロ15分としてもなかなか102kmの第2CPが出てこない。

まだか?

まだか?

少し小走りになりながら焦る。

あの角を曲がったら見えるのか?

やっと曲がり角に着く。

何kmも先を見渡せそうなデジャヴトレイル・・・・・

目測でも数kmあるぞ・・・

でもその先には第2CPらしきものは見えない。

時計はあと5分。

もうとっくに2Kmは進んでる。

102kmには到達してるハズ。

ロストじゃないよね。

みんなこの道進んでるよね。

何故?

ぐあぁぁぁぁぁ~!!!!!

あと1分を切った。

1分以内で進める距離には何もない。

ただ曲がりくねったデジャブトレイルと小さく見えるランナーだけ。



15時間。制限時間15時間経過。

DSC03516.jpg

おんたけは、すこぶるキレイに見えた。

夏の空気。色。

肌に迫る熱。

時折吹く心地良い風。

雲。

石コロ。

沢の音。




その後、ウンザリする程曲がり道を進み、よーやくちっぽけな第2CPが現れた。

タイムアウト。

15時間33分。

100kmの看板から102kmの第2CPまで1時間8分もかかった。

もしかしたら、5Km近くあったのかも。。。

しゃーない。

それは、しゃーない。

どのみちここまで歩いて来たんだから。


100マイルかぁ。

悔しいなぁ。もう随分経つけど、悔しい気持ちはなかなか薄まらないよ。

それと何故か覚えてるのがおにぎり。

第2CPのおにぎりが堪らなくおいしかったなぁ。







≪おんたけ100マイルレース編レポ・完≫
#27レオちゃんマン 第2CP手前にて没す。




こちらをドゥーンと押しちゃってー!!
レオちゃんマンの元気の源
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村
おんたけウルトラ100マイル | コメント(4) | トラックバック(0) | 2011/07/30 00:27

【夏祭り】おんたけウルトラ100マイル、レース編♪

ども!スタート編からノンストップで書いてます。レオちゃんマンっす

さて、レース編ですな。

ビックリするくらい淡々としたものになる。ありのままを書く・・・

ほんま、記憶にあるのは暗闇とキレイなお月さま、トンネル、雲海、朝焼け、デジャブトレイル・・・・

ま、書き始めましょう。

午後8時スタート。47人の同志がスタートラインを切った。

みんな飛ばさない。自分はまさかのトップ集団。ヤバイヤバイ、自重してスローペースを心掛ける。

それでも10番目くらいを走る。ゆっくりゆっくりを心掛ける。

心拍は明らかに去年より楽だった。

あえて心拍計は付けなかったけど、感覚で楽、って思える走りを続けた。

10km、1時間9分。この時は知らなかったけど去年のタイムは1時間7分。

やっぱり無理せず走れてたワケだ。2分のビハインドでこの身体の負荷ならまだまだ全然余裕。

第2CPまではジョグペースで繋げよう。そう考えていた。

20km、2時間10分。ループに突入。下りもありスピードは自然に上がる。

ここまでは何事もなく自然体。ジェルは80分間隔でピットインリキッドを1個。

上りに転じても無理には走らず歩きと走りを織り交ぜて前に進む。

今になって思う敗因③ 無理に歩かなくても良かった。

温存する、という意識がものすごく強かった。

だからいつもなら攻める、っていう気持ちにリンクして集中力が研ぎ澄まされるのに、

この日は下手に防衛能力ばかりが上がってしまった。。。

結果、まさかの午後10時半での第1回ネムネムタイムに突入

睡魔はいきなり訪れた。

比較的楽な傾斜でガレてはいるが薄目でも十分走れる感じだったので、

危ないのを承知で少し目を閉じて走ってた。

そうすることで少し楽になると思ったから。。

暫くすると飛ばしてたカメさんが調子悪そうにスピードダウンしてたので、声をかけた。

転倒して打ち身だと思うけどかなり痛いと。

僕は睡魔と闘っていると言うと「鈴をハズした方が良い。チャリんチャリん同じリズムで鳴ってると眠くなるんや。」と。

そのアドバイスもその通り、正直ウザいと思ってた、と思い即行で鈴をハズしてパックにしまった。

30km、3時間31分。だいたいキロ7分なので、まだオンライン。ただ、カラダは動かない。

40km、4時間45分。遅れが目立ち出す。振り返ると結構走りやすいトレイルだったと思うのでやはりキロ7分以内でキープすることを意識しないと。

50km、6時間5分。上りを走れなくなった。かと言って下りも飛ばせないようなメマイ、吐き気。。。

53km、7時間3分。(休憩の5分を含む。)第1CP到着。やたらと3Kmが長く感じた区間。

距離はどうだったか分からない。とにかくフラフラになっていた。。

ここからは下りで脚にダメージが残らないように下っていくと集中力が回復してきて少し走れるようになってきた。

やっぱ、眠気は走ることでしか取れん。されど、走れないほど気持ち悪いぃ

60km、7時間39分。下りだから走れているという感じ。ループで下りまくり下のロードに下りてきた。

そのロードもアホみたいに長くてイヤになった。

DSC03503.jpg
このトンネルの後、急激にまたまた睡魔が訪れた。

僕のポラールのストライドセンサーがバカになって全然距離がとんでもない数字になっていたし。。。

まだ70kmも走ってないのに90km以上の距離を計測。。。

絶対バケオにやられたに違いない。。。

敗因④ レースで調子が悪いと怪奇現象だと思い込む



70km、9時間3分。やたら長かったロードも終わりトレイルへ。

でも上り。500m程だから大したことないっちゃ~大したことないんだけどね。

もうハイキングモードでしか歩けなくなってた。ひたすら歩く。

100マイル専用のループコース。前後誰もいない状況でただただクマが出ないことを祈りつつ歩く。

DSC03504.jpg

夜が明け、雲海が綺麗だった。

歩きまくるとようやく1回走ったことのあるコースに出てきた。

でも、上り。

100kmのランナーとようやく合流出来たが、合流したランナーの多くは少しゆっくりのグループで関門に間に合わないとか、ギリギリでリタイアする人とかがチラホラ出ていた。

この合流ポイントにあと1時間、いや30分速ければもうちょい展開が変わったかな?

攻めないと眠い。攻めすぎると潰れる。

どっちもダメなら攻めて潰れた方が本望だったと思う。

勇気が足りなかったのか?

温存するってことがゴールへの執念だったのか?

温存という言葉を盾に甘えていたのか?

そんなこと考える余裕も無かったべ。。。情けない。

ほんま、人間として機能しているんかいなっていうくらいしんどかった。

DSC03505.jpg

でも、ようやく日が昇り沢山の人と一緒に前に進むことで色々なものが蘇ってきた。

長い上りの後ようやく再びの第1CP。

バナナをむさぼり、即行で先を急ごうとした矢先、シゲちゃんに出会った。

『かおちんが10分ちょっと前に出たよ。』

さんくす!

DSC03506.jpg
シゲちゃんのコスチュームに一瞬???と思ったけど脳がきちんと処理できなかったよ。

あとで写真見て笑った。

第1CPから第2CPこの間、約26km?制限時間まで5時間ある。

この時は第2CPまで4時間を目指そうと思って走りだした。

去年リタイアしたかおちん。

おんたけの壁はデカイ。乗り越えて完走したものからはその壁は少し低く見えたりもする。

だけど1度越えて低く見えたハードルを越えれなかった時。

それは数段以上高く見えるに違いない。

怖くてもう2度とスタートラインに立てないかもしれない。

かおちんは1度完走し、2度目で体調不良DNF。

何が引き金となっても完走が遠ざかる恐怖。

それに立ち向かい、スタートラインに立った。

今もきっと笑って走っているに違いない。

かおちんは強い。その強さをしっかりと見たい。

ならば、僕も笑って走って追いかけよう。

去年のカツウォ君を追いかけるように。




軽快に下れるようになって調子が上がってきた。少々の上りでも走ってかわす。

DSC03508.jpg
そこにカニさんが現れた。

特攻ハチマキのカニさんはまさに特攻だった。

かなり調子良く走ってはったので何が原因だったのか分からないけどエールを送って前に出た。

走る、走る。

よーやく走れる楽しみが蘇った。

これだ。走ってる。走れてる。

DSC03510.jpg
100マイルのハーフ通過

80km、10時間33分。

ここで思った。

こっからカウントダウンや~!!

こっからドンドン距離は減っていく。

初のサロマの時も四万十の時も、もちろんこのおんたけの時も。

ロングを走る時にポイントとなるのがハーフ。

どんなに疲れていてもハーフを過ぎれば、数字が小さくなってくれば元気が出た。

確かに元気が出た。

走って走って、歩くのを拒むかのように走った。

出てこい、かおちん!

出てこい!

DSC03511.jpg
いた!

DSC03514.jpg
かおちんはめっちゃ元気に走ってた。

嬉しかった。元気がカラダにみなぎった。



去年、かおちんがDNFした付近だろうか、越えたところだろうか。

それを見届けてエールを送り更に前に出る。


第2CPの関門まで約20km。4時間程ある。

イケる!イケるぞ!!

第2CP越えたら第3CPまで17km程だし下り中心。

第3CPで貯金が30分あればなんとかギリギリ24時間に間に合うかも。

ダイトレ1回分の距離だし。第3CPでなんとか6時間30分あればなんとかなる。

別の力が湧く。

絶対にゴールに、ゴールの向こう側に行く!





こちらをドゥーンと押しちゃってー!!
レオちゃんマンの元気の源
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村



おんたけウルトラ100マイル | コメント(4) | トラックバック(0) | 2011/07/27 02:34

【夏祭り】おんたけウルトラ100マイル、スタート編♪

ども!おんたけからもう10日も経ったのか。

ファミコンだったらブチ切りリセットしてもう一度走りたい・・・

あで、即行未練ポロリ(笑)

おんたけへは予定通りの電車で予定通りに着いた。

前日はいつもの段取りの悪さからこの期に及んであーでもないこーでもないとウェアや補給食をひっくり返してさながらアウトドアショップ状態。。。

で、寝たのは深夜0時。

でも起きるのは朝4時半。いつものクセじゃ。

そーなるとまた荷物をゴソゴソ。

まずは整理整頓グセを定着させないと強くなれないな。

はい、敗因① 準備が常人の5倍時間かかる。

DSC03466.jpg
結局、勝負ウェアはサロモンのLABにした。あとは大好きな赤を随所に。

夜はライトするのでヘッドバンド、夜が明けたらバイザーへチェンジ。

DSC03485.jpg
シューズもサロモン。LAB3 XT-WING♪

さてさて。新幹線で新大阪から名古屋へ。そこからワイドビューしなの。

景色がサイコーのご機嫌特急!

木曽福島まで寝過ごすのが怖くて寝れなんだ。

木曽福島に着くと、そこはトレイルランナーの行列!

そこに真っ先に発見したのがかおちん。

DSC03468.jpg DSC03467.jpg
そして、ココ旅さんと50-RUNさん。

なんでしょう?初対面なんですけどパッと見で走ってる仲間って意気投合。

かおちんは100kmリベンジ。おんたけ卒業デスマッチ。

ココ旅さん、50-RUNさんは僕と同じ100マイルチャレンジャー。

バス待ちしてたら顔の広いかおちんがrossiさんに車で乗っけてもらえるからどう?って誘ってくれた。

世間は狭いものでrossiさんはツイッターで相互フォローさせてもらってる間柄(笑)

DSC03469.jpg DSC03470.jpg
DSC03472.jpg

で、会場について年々感じるのがブースの寂れ感。だんだん少なくなってくブース。


いつの間に無くなったサロモンゲート。。

それもなんだか『僕らだけ感』を高揚させるもので悪くなかった。

てっぺんに飾りは要らない、のであーる

DSC03471.jpg
あるのは仲間あるのみ。

ルール。時間内に100kmと100マイルのお好きなトレイルを走って帰ってくること。

シンプルなことにアホみたいに遠くから集まってくる総勢700名強。

素晴らしい磁力じゃ、おんたけは。

DSC03473.jpg DSC03474.jpg
DSC03475.jpg DSC03476.jpg
会場におればおるだけ知り合いがやってくる。

知り合いじゃなくても『あのレースでコケてましたね。』みたいなことで打ち解ける。

ほんま、スポーツは素晴らしい。

3歳児のように自然に仲間ができる。

名残惜しいが会場を後にし、公民館へ。

やっぱ直前の準備もへたくそ。グズグズしながらココ旅さんと王滝食堂へ。

DSC03480.jpg DSC03481.jpg
事前にツイッターで「王滝食堂のチャーシューが爆ウマ」と聞いていたのでチャーシューメン。

あまりこってりでもなくレース前でも丁度良いラーメンでした。

DSC03482.jpg DSC03483.jpg
フランク翔太さんにカニさん(変身前)

DSC03487.jpg DSC03488.jpg
ベッソにスッシー。名前が、何人じゃ?って人ばっかでほとんど本名知らない(笑)

とうとう渋滞で遅れてたアフロさんにはレース前に会えなかった。

レース中に会えれば良いな、って思いながらしばし仮眠。。。たぶん寝れなかったけど1時間は目を瞑ってた。

敗因② 意外にナイーブ。外出先で寝れない。。。

DSC03490.jpg DSC03492.jpg
カメさんとカニさん(変身後)。そして百年くん。

DSC03495.jpg
みんな100マイルを前にドキドキワクワク。

DSC03496.jpg
集まる、100マイラー! 47人の戦士たち。

DSC03499.jpg
イケる!イケる、イケる!!

DSC03493.jpg
ナンバーカード27番、レオちゃんマンいざ出陣!!








こちらをドゥーンと押しちゃってー!!
レオちゃんマンの元気の源
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村







おんたけウルトラ100マイル | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/07/27 00:00
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。