スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

大峰奥駈道無泊縦走チャレンジ~未踏記録ダイジェスト

この5/3~4、奈良・大峰奥駈道無泊縦走に藪サさんとチャレンジしてきました。

結果は途中下山となり完走出来ませんでしたが生きて帰ってきたことに意味があると解釈しております。

詳細の記事は別の機会に書きたいと思いますがまずはダイジェスト版を書いておきたいと思います。



大峰奥駈道。前日の雨は上がり、曇り空。ここから好転することを期待し吉野金峯神社を早朝5時25分に出発した。出発後すぐに雨がちらついたがすぐにやむと思った。

吉野から山上ヶ岳までは心地良い風と霧雨で快適だった。暑すぎない天候に感謝すらしていた。

しかし、標高が上がるにつれ天候は悪化。ガレて滑る路面、狭い足場、連続する鎖場に木梯子が行く手を阻む。倒木に遮られ崩落した路面は急峻で一旦滑り出すと奈落の底まで落ちていくことが容易に想像できた。転がり落ちた岩の落下音が怖いくらいの時間差で鳴り、その高さを物語る。

白い霧の先は全く見えず、太陽の熱は届かない。10時間以上連続で暴風雨にさらされカラダは熱を奪われた。少しでも止まるとカラダは恐怖を感じるほど冷える。しかし、動き続けるには酷なほど奥駈道は鋭く厳しかった。

奥駈道の中間点の太古の辻で仲間が待ってくれている。しかし、事前に伝えた予定時刻を3時間以上経過した。焦りは正常な判断能力を奪う。仲間を信じ、パートナーの藪サさんを信じ、そして自分を信じて遅くとも確実に、前進した。

数度のロストも奥に突っ込まずすぐに確実なポイントに戻るという基本を守った。そのロストの先は崩落した崖や迷宮のような谷だった。
釈迦ヶ岳手前で日没しヘッデンを点ける。釈迦を越えると太古の辻まで下ってすぐ。きっと、遅い到着を案じて途中の避難小屋まで仲間が上がってきてくれているはず。そう思っていた時、三連星のように煌めくヘッデンが僕らを照らした。僕らよりも高揚した仲間の声が聞こえる。

ありがとう。

しかし、止まると寒い。感動に浸る前に下山を申し出た。太古の辻まで下るも天候は回復しなかった。。先に行きたい気持ちはあったがそれは我が儘だと思った。この状況でここまで来れた。よく頑張った。同行の藪サさんも異論は無かった。
エスケープポイントの前鬼までさらに2時間近くかけて歩いた。止まると冷える。ただただ救ってくれた仲間の後をついていった。持っていた赤飯のにぎり飯を頬張った。少しカラダに熱が入ったのを感じた。

行動15時間40分、距離50km、
累積標高5000m
(吉野金峯神社~太古の辻にて下山。前鬼で終了)
スポンサーサイト
大峯奥駈道 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2012/05/06 15:37

奈良秘境!大峯奥駈潜入レポ☆

ども!賛同者ゼロで独立してボコボコにされましたレオちゃんマンっす。え?何のことって?いえ、ま~現実逃避のことです。気にしないで~

先週末の3連休の中日。大峯奥駈170kmをちょっとかじった大峯早駈50kmに雲の助さんと一緒に行ってきました。深~い、深~い奈良の秘境、大峯奥駈はホント神秘的で、険しかった。

地図大峯
左上の赤マル印の観音峯登山口駐車場(約800m)がスタート。で時計回りに進みます。洞川温泉(どろかわおんせん)⇒母公堂⇒清浄大橋(女人結界)⇒山上ヶ岳(1719m)⇒阿弥陀ヶ森(1680m)⇒明王ヶ岳(1569m)⇒大普賢岳(1780m)⇒国見岳(1655m)⇒七曜岳(1584m)⇒行者還岳(1546m)⇒一ノ垰(1516m)⇒弥山(1895m)⇒狼平避難小屋⇒頂仙岳(1717m)⇒栃尾辻⇒川合⇒白倉出合⇒観音峯登山口駐車場 約43km(ポラール計測)

2010_0919_075409-DSC01108.jpg
女人結界。宗教上、女性の立ち入りが禁じられている。

2010_0919_091205-DSC01125.jpg
こんな絶壁。見とれる程美しいが、怖い。

2010_0919_094633-DSC01135.jpg
山上ヶ岳を越えた阿弥陀ヶ森周辺。

2010_0919_094658-DSC01136.jpg
ここはどこ?って感じの幻想的なトレイル。

2010_0919_095027-DSC01137.jpg
神がいる、ホントにそう思えた。

2010_0919_095453-DSC01138.jpg
苔生した倒木。

2010_0919_100719-DSC01140.jpg
ただただ感動。

2010_0919_105601-DSC01146.jpg
大普賢岳からの展望。山ばっか。壮観であるが、もう逃げられない、という気持ちも。

2010_0919_111700-DSC01147.jpg
鎖場。足を滑らせたり、ヒヤッとする場面も。疲れ、靴擦れ、腰擦れ、膝痛、足底筋も。思い通りにいかないイライラとこの先の長さを考えると、かなり気持ちが萎える。

2010_0919_112102-DSC01148.jpg
多分、六甲でこんな場所があったとしてもどーってことない、と思う。この山奥で何かこれ以上のトラブル、例えば捻挫、骨折、裂傷などなど、些細な怪我なんかも命取りになりかねない、なんてことまで考えるとドンドン萎縮していっちゃった。情けない。。。

2010_0919_112132-DSC01149.jpg
危険な鎖場のすぐ後にこういう光景があったり。写真を撮ることで、恐怖心を誤魔化そうとしてたのか。

2010_0919_112609-DSC01154.jpg
この形。カッコええ、と見とれた。

2010_0919_130950-DSC01164.jpg
一ノ垰の避難小屋を過ぎたあたりでコースアウト。2人とも全然コースアウトしおてると気付かず。小谷林道。

2010_0919_131758-DSC01165.jpg
早めに気付いて良かった。早め、って言っても往復3Km程のロス。意外にコースアウトに関しては堪えなかった。ここまで逆に迷わなかったことが不思議なくらい。ただ、結構下ったので上り返しが辛い。靴擦れは一歩一歩嫌でも脳にまとわりつくくらい痛く感じるし、右膝も皿の下が鈍く痛む。

2010_0919_145041-DSC01171.jpg
コースアウトをリカバリー。そっから4km先の弥山までが一番キツかった。上りっぱなし。雲の助さんの「頑張ろう」の声にも応えられなくなってきた。「明るいうちに下りないと。急ごう。」分かっちゃいるけど、歩くしかできない。弥山の小屋で一泊しても良い。そー思ってた。

2010_0919_150409-DSC01173.jpg
よーやくの弥山小屋。ここには、いろいろと期待し過ぎた。なめこ汁とか、カレーとか色々食べられると思った。そういう店舗的なもんは無かった。水2リットルを250円でハイドレに入れてもらって、すぐに次のポイントへ進む。

2010_0919_150600-DSC01177.jpg
弱いな~。自分。

2010_0919_161351-DSC01184.jpg
狼平の避難小屋を越えてしばらく行ったとこ。フカフカのトレイル。こういうとこだけ切り取るとホント優しいんだけどね。だんだん暗くなってきた。自然と焦りは無い。もう下るだけ。それに難しいとこは無さそう。たとえ山の中で暗くなってもなんとかなる、って漠然と思ってた。だけど脚は膝から下がほんと動かない。木の根っこでつまずく。その度に大袈裟に声を上げて。。。情けない。

2010_0919_172706-DSC01189.jpg
よーやく安心できたポイント。眼下には民家が。やったー!自然に叫んでた。

2010_0919_180643-DSC01192.jpg
山から下りて暫くロード。歩いてたら、どんどん暗くなってきてヘッドランプ装着。やっぱ必携。ヘッドランプ無しで大峯には入れん。持ってなかったら、、山上ヶ岳~大普賢岳で引き返してた、と思う。

2010_0919_183916-DSC01198.jpg
ラスト、ロードだけで終わり、と思ったらひたすら長い階段&トレイルでかなりヤラレ気味。よーやくベースの駐車場に戻ってこれた。11時間46分。不完全燃焼な部分が多くて正直、完踏した、という感動はあまりなかった。それよか安心、の方が強かった。今、これを書いている気持ちとしては、行って良かった。っていうのがほとんど。あとはどーしようもない自分のコンディション。これは悔やんでも仕方がない。イケる、と判断したのは自分だし。でも毎週40km以上のロングトレイルが続いていたし、疲労も溜まってたんかな。もーお腹一杯っていうのん?ちょっと変わったもん食べて最初は良かったけど、結構これ重いね、みたいな感じ。表現がちと違うか。

あと、近畿最高峰の八経ヶ岳。時間切れで行けなんだ。

また今度、大峯行く理由が出来たから、良しとするか。

今思っていることは、いつか大峯奥駈道全走破。

吉野から熊野本宮に行きたい。

夜が怖いな。熊、出るのかな?

小屋で泊れば大丈夫か?うーむ。

地図を見てたら、もっと考える。

熊野本宮から中辺路で那智勝浦。

那智勝浦から大辺路で田辺。

田辺から中辺路で再び熊野本宮。

熊野本宮から小辺路で高野山まで。

これって、いったい何kmだろ?

何日かかるんだろ。

トランスジャパンとどっちがしんどい?

っていうか、あんだけズコズコにやられたのに、もっとすごいこと考えてる。その考えてることに近づくために、またこれからもアホなラン、続けていきたいと思います。




~ 雲の助さんへ ~

ほんま、ありがとうございました。終始引っ張ってもらって。励ましてもらってるのに、後半、ほとんど反応も出来ずにすいませんでした。「暗くなる前に山から出よう。」正直、この言葉を何度言われても「無理」としか思えなかった。歩くことは出来ても走れん。。無理に走ってトラブルよりも少しずつで良い。暗くなっても避難小屋で寝れるし、ライトも持ってる。でも、もっとしんどかっただろうな、そんなことしてたら。あんだけ絶妙なタイミングでギリギリ暗くなる前に山から出れたのはほんと雲の助さんのおかげです。慎重になりすぎたり心配し過ぎたら逆に悪いこともある。リスクを取りながら、最善の結果を模索する、っていうのが一番やもんね。僕は最初からいろんなところに力が入り過ぎた。足底筋、あれも滑る、滑ると思い過ぎて変に力み過ぎた結果だと思う。今まで感じることが少なかった山の怖さ。身を以て経験して、良かったです。
ほんま、ありがとうございました!
また、これに懲りずに一緒に行きましょう。
八経ヶ岳、行ってませんから。
今度は僕がリードします!





こちらをドゥーンと押しちゃってー!!
レオちゃんマンの元気の源
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村
大峯奥駈道 | コメント(16) | トラックバック(0) | 2010/09/22 03:13

大峯早駆から生還、その後。。。

ども。
奈良県の奥地、大峯奥駆道の日帰りコース、大峯早駆に行ってきました。今までのレースや山行きなど2年ちょっとのトレイル経験なんかと比べものにならない経験ができました。自然への畏怖と言いましょうか畏敬と言いましょうか、とにかく自然はデカかった。

ま、抽象的なことばっかり言ってすいません。詳細はもー少し落ち着いたら。


現実逃避のための山行きが、実際には現実から目を背けられないくらい自分がちっぽけだってことを思い知らされました。


で、昨日は完全に現実逃避。『信長の野望』を久し振りに引っ張り出してきて10時間くらいやりっ放し。閉塞感を打破すべく信長の家臣の明智光秀を煽って独立させてそれに便乗。次々に城を攻め落としてさー俺の時代だ!って思ったところで小谷城が炎上。。明智光秀が斬られて振り出しに戻る。しかし、信長に目を付けられ冷遇。信長の呼出しにもどーせ処断されると思い込みブッチ。賛同者ゼロの中、独立。信長不在の安土城を落とした後、岐阜城に避難した信長率いる大群に押し寄せられ、、、ってとこで嫁はん率いる福娘連合が帰宅。

おーまいがっと とぅぎゃざー!!

頼まれていたことは何らしておらず、散らかし放題。

怒られた~。。。

一気に現実に引き戻されました。


そんなこんなで、少しずつ大峯奥駆のショックから立ち直りつつあります。

あ、ここまで読んでくれた人。優しいね~
大峯奥駈道 | コメント(12) | トラックバック(0) | 2010/09/21 07:21

明日は奈良・大峯早駆に行くアドル☆雲の助さんと雲隠れ、の巻

ども!平日ちっとも走ってませんが、週末はお山に入ってロングトレイル三昧なレオちゃんマンっす。そろそろ、テント買います。ビバークして、慣れたら暮らします、をモットーに頑張っていきたいもんですね♪

明日は、超お楽しみ、目玉企画の奈良・大峯早駆に行くアドル!(憧れのK.KATOさんの語録、アドルを使わせていただきました。K.KATOさん、関西のお山系の神っす。知らん人は、おらんでしょ~)

ご一緒するのは、伝説のクライマーであり、現役のトレイルランナー。コーナーでの瞬間雲隠れと、蛇行運転を得意とする・・・はい、雲の助さんっす!

2人で、大峰早駆行ってきまーす!

って、早駆って???

な人に解説。

大峯奥駆道って本当は170kmなんだけど、日帰りで行ける距離じゃ~ないんで、プチ大峯ってことで早駆。でも距離は52kmあるんすよ。その早駆をレースにしちゃったのが、こないだの京都一周トレイルの大会主催者であるファンランドの前田さんなんです。でのその大峯早駆ってレースを過去何度も優勝し、今年も2等賞だったK.KATOさんオススメのコースだったので、じゃ、いっちゃおう!ってことに相成りましたワケです。

2010_0918_202935-DSC01075.jpg

大峰山脈の地図を引っ張り出して来て~♪

2010_0918_211106-DSC01078.jpg

ルートを確認中♪地図を読んでるだけで楽しくなっちゃう~

*あっ、そそ、楽しそうに書いているけど山深いよ~。装備なんかはバッチリ準備して、ヘッドランプなんかも要るよ~。初めて行く良い子は一人で行かないでね。死ぬよ~死ぬるよ~


こちらをドゥーンと押しちゃってー!!
レオちゃんマンの元気の源
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村
大峯奥駈道 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2010/09/18 21:37
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。