スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

レポビタンDな京都一周トレイルラン☆【大原~保津峡】

ども!京都一周トレイルランから1週間が経っちゃったんですが、まだまだ火照りは収まらないレオちゃんマンっす

前回までのレポ
レポビタンDな京都一周トレイルラン☆【ビバーク~スタート】

レポビタンDな京都一周トレイルラン☆【伏見稲荷~大原】

じゃ、前回からの続き。大原コンビニ33.4km。

ここで約半分。かき氷を食べ、ロックアイスをハイドレーションに投入。ワーワー言いながらコンビニ前に置いてあったテーブル席に腰掛けのんびり補給。そうこうしてるなかtakacchさんはちゃっちゃと食うモノは食い、飲むものは飲んで行ってしまった

ぽつーん。

ゴツイ体のお兄さんと僕はまだまだウナダレ中。バカな話を2、3してほんま行かないとな、ってお尻に火がついてようやく動き出す。。。ん?動かない(笑)

休んだせいもあるけど、大原までの下りでアドレナリンを大噴出させてしまい、普通のオッサンになってしまったレオちゃんマン。今の状態では福娘1号のランにも及ばない。おじいちゃんペース

大原の次、と言えば鞍馬。鞍馬までの勝負どころは薬王坂。あとは田園風景。景色が素晴らしい区間。大原、静原、なんともえー。楽しく走ろう。

京都1周 (151)
ヨロヨロ走りなので周りを見る余裕は抜群にある。キロ8分で走るのがせいぜいで、少し走ると歩きが混ざる、って感じ。

京都1周 (152)
こんな小さな山も味がある。稲刈りのおっちゃんとの画が良いです。もうすぐそこまで秋は来ているのかな?って。書いている今日は9/18。2~3日前から随分と涼しくなった。1週間遅い開催なら、もっと完走率が上がっただろうな~。そんなの何カ月も前から予想できないしな。

京都1周 (154)
写真のように大原からは東海自然歩道と京都一周トレイルが重複する道が多くて標識が増える。京都一周トレイルの道標は簡易な地図が載ってて行き先が分かるようになっている。東海自然歩道の道標はシンプルなもの。だけど、東海自然歩道の道標の方が発見しやすい。

京都1周 (156)
道路横断。ここが中間チェックポイント。ここを7時間で通過しないと明るいうちのゴールが難しくなる。僕は5時間30分くらい。

順位を教えてくれた。14位。

ほんまかいな??

大文字山の手前で21位。そこから7人抜いてtakacchさんが先に行ったから、ま、そんなもんか。少し誤差があるけど道迷いとか、大原のコンビニに寄らなかった、とかで多少ずれる。

それにしても14位。速すぎるのか?

いや、そんなことはないはず。もうキロ8分でしか走れないし(笑)

京都1周 (159)
道路を横断した中間チェックポイントから少し行くと江文峠への分岐がある。冷静だとちゃんと写真のように左折できるんだけど、去年の僕は直進して彷徨った。直進すると江文神社。さらに奥へトレイルが延びているのでずんずん進んで、ボロボロのユルユルの道?っていうかただの斜面?んいなった時点で気付いて神社まで戻って、更に分岐を間違えて金毘羅山へ向かってた。『おー、結構上りキツイな~』って。自分の頭がキツかった(爆)

そんなこともあったな~って今年はスマートに進みます。ほとんど歩きに近いペースなんだけど、ようやく江文峠に到着。
京都1周 (166)

36.2k江文峠      23分 5:44

江文峠で道路を横断してプチトレイル。そこを過ぎれば静原へ。この辺はほぼフラット。単純に走力のある人が強いコース。大原を出てから前にも後ろにも人がいない。一人旅人状態。

京都1周 (170)
写真はレース一週間前に試走した時のもの。静原の風景。これも癒される。

ここからは民家の中を通るコースで少しややこしい。分かりにくい分岐が多くて困った人も多いのでは。

京都1周 (180) 京都1周 (181)

民家の中を走ったり、歩いたり。

基本、道端を歩いてるおばあちゃんが手を振ってくれたらなんとか見えなくなるとこまでは走る。やっぱ、応援って、即席でも嬉しいね。

薬王坂の上り口着。薬王坂のピークまで約150m程の上り。150だったらたいしたことないよね、これが甘い。。かなりの傾斜。舐めちゃ、いかん。噛みしめないと。

坂はきついんだけど、なんとか頑張る。

京都1周 (188)
こんな張り紙も(笑) 毒キノコ、トレイルランナーは、食わないと思う。

2010_0912_111729-DSC01046.jpg
疲れた~の画。

39.7k薬王坂      34分 6:18

京都1周 (191)
ここを通る時はふわっと気持ちが楽になる。あとは鞍馬まで下り。鞍馬~二ノ瀬はロードだけど下り。補給も出来る。しばし休憩モードで重力に任せて省エネドライブ。

京都1周 (198)
自動で140m程下って鞍馬着。天狗で有名。


2010_0912_112604-DSC01048.jpg
ほんで、ゼッケンを見せると、お饅頭をくれるプチエイドにて牛若餅を頂く。「頑張りや~」「まだまだいけそやな~」「そこの水道、頭から被っていき~」って。激嬉しスなお言葉をいっぱいかけて頂き元気モリモリっくす。

京都1周 (201)
二ノ瀬へ向かう。ロードは脚にくる。

京都1周 (203)
ほんで、二ノ瀬の超難解な分岐。普通、ロードを走ってて車にも気を取られるとこんな分かりづらい分岐は見過ごしてしまいそう。僕は去年、ここを直進してしまいコースに戻るのに大変苦労しました。

京都1周 (203)
そそ、もうちょいアップしとこか~。管さんのポスターが目印ね。えっ?来年もそのポスター貼ってるの?って。そんなこと、言・わ・な・い・の~

42.5k二ノ瀬      25分 6:43

ここから夜泣峠まで1.1kmで200mの上り。アドレナリン、無しよ。

二ノ瀬の近くの守谷神社で超ベテラン強豪ランナーのM田サイレントマンさんらしきお方発見。プライベートランでも風格あり。オーラが凄くて、声をかけれなかった。。

夜泣峠への道標、丁寧に100m単位に設置。100m進むのにもかなりしんどい。そんな坂、ってこと。

なんとか夜泣峠375m、昼泣きせずに到着。1kmに17分もかかっちゃう、せめて10分で通過出来るように、なりたい。

43.6k夜泣峠      17分 7:00

試走では向山ルートを選択したけど、あまりに向山への上りがキツかった覚えがあるので回避させて頂き、旧ルートへ。大岩までトレイル、林道で下ってあとはロード。

結果、そのロードがあまりに灼熱過ぎて、向山ルートに行った方が涼しくて良かったかも、という展開に。かなりロードで歩いちゃったし。

46.4k山幸橋氷室口   26分 7:26

下りですよ。3km無いですよ。それなのに26分。ね、ダメダメでしょ。来年は気合入れて走るよ!!こんなにスローに走っても大原から山幸橋氷室口までの12kmは一人旅でした。ここでよーやく参加ランナーに出会い、ちょっとホッとする。

山幸橋氷室口130mからは小峠395まで250mくらいの上り。京都トレイル、標高は低いけど上ったり下ったりがホント大変なのよ。大体200~300mくらいの揺さぶりが多いけど、ほんましんどい。脚のスイッチの切り替えが大変。ロードも混じるし、ね。完全にロードとトレイルの総合競技。

京都1周 (231)
たぶん、ここだけを走ると走りやすい!って思うんだろうけど、堪えるよ~。

京都1周 (232) 京都1周 (236)
盗っ人橋が1から3まであるんだけど2を過ぎたとこら辺から急に上りがキツクなる。さすが盗っ人。なんで盗っ人?

小峠で1人、休んでらっしゃる方がいた。暑過ぎて脱水症状が出たので風が心地よいところで休憩中なんだとか。お互いエールを交わして元気をもらう。小峠から氷室までは数百m、フラットなので久しぶりに走る。

49.3k氷室       39分 8:05

京都1周 (242)
氷室もまた、古き良きニッポンでした。

氷室に着いたら、色々考える。ここから先の分岐で悩むポイントがあるんです。氷室は北山65。北山67-1の分岐でそれは分かれる。上りはキツイけど楽しいことを考えながらの上りは少し楽、かな?

右に行けば北山67-1で、山の家はせがわの超絶品なすカレー
京都1周 (252) 京都1周 (253)
こんな山奥に。ひっそりと。しかし、かなりの人気店。
京都1周 (254) 京都1周 (255)
店内は暖かいログハウス。メニューも手作り。
京都1周 (256) 京都1周 (259)
そしてなすカレーセット(サラダ・ドリンク付¥1,000-)
京都1周 (262) 京都1周 (258)
コーラを飲んでゲップでハロー!憔悴のレオちゃんマン、血管にカレーが詰まり、しばしフリーズの画。

それとも左に行けば京都一周トレイル最高の絶景ポイント、北山69の京見峠。
2010_0912_133017-DSC01051.jpg
京都の街が一望。正面に京都タワーも見えます。そしてその奥が伏見稲荷。そこからスタートして約50km。感慨深いこの風景を見るのか。


さーどっち!?


僕は悩んだ結果、京見峠。はせがわのカレーは超絶品!試走で先に食べておきました。去年食って美味くて美味くて。道に迷い過ぎて補給食も無くなってとにかく腹が減ってたから迷わずカレー食いました。でも、今日もレース自体は本当にしんどかったので、ここまで頑張ったご褒美に、って心が揺れたんですけど、ね。京見峠、まだ見ていないし。あの風景はタマランかった。それに、もうキツイ上りが無い、って事実。これも大きい。これを見てから、スパート。来年のこと、シュミレーション。残り16kmをぶっ飛ばせるような走力もつけなきゃ、ね。

はせがわの分岐と京見峠の分岐が再び交わるのは北山70。

フラットなトレイルを気持ち良く走り抜けます。

京都1周 (267) 京都1周 (268)
ほんま気持ち良し。今までの疲労を感じないくらい力が出てきます。人がいないので全開放でフォー!!を連発。調子良し!

53.4k上ノ水峠     39分 8:44

京都1周 (270)

ここで、間違わないように。去年は、はせがわのカレーを食って復活したにも関わらず、分岐を間違えて全然違うポイントまで下ってしまった。ここでのロスは痛恨でほんま完走は無理って思ったもん。

京都1周 (280)

北山80、沢ノ池北端。この辺の地味な上りもイヤだけど堂々と歩いてやり過ごす。


55.3k仏栗峠      21分 9:05

京都1周 (282)
山の中のスクランブル交差点。迷わぬよう。

あと10kmちょい。うーむ、普通に走ったら1時間でイケると思うけど、甘くないよな~。脚、温存したけどキロ5分30秒で走り続けるのは今の僕じゃ無理ってもん。ボチボチいきま。

京都1周 (295)
脚が痛~くなる林道の下り。ここで、遊びにきてたホノさんと出会う。「レオちゃんマンですか?」そうです、私がレオちゃんマンです 元気をもらう。もー、知ってる人に出会っちゃったら走るしかないじゃん。。でも、ありがとう。あっこでホノさんに出会ってなかったらあの下りをあろーことか全歩きしてたよ。

京都1周 (296) 京都1周 (297)

57.9k高雄白雲橋    20分 9:25

2.5kmの下りを20分かける。キロ7分30秒のジョグペース。これで、よか。

京都1周 (308)
標高は低いけど、綺麗な森の中を走って気持ち良し。

京都1周 (309) 京都1周 (310)
脚が動かないのが歯がゆいけど、景色が綺麗分、ま、いいか~って思っちゃう。
京都1周 (311) 京都1周 (312)
この辺では速く清滝に、ってひとつ先のポイントのことばかっり考えてた。

61.8k清滝金鈴橋    35分 10:00

ここで丁度10時間。あと4kmちょい。10時間は切れなんだ。これは来年の宿題。

清滝で、見覚えのあるランナーさんにご対面。ダイトレの主、Y上さんでした。聞くと優勝争いをして勝負どころで先行してグイグイ行ったら道間違いでハンガーノックでぶっ倒れてたらしい。お茶屋さんでなんとか介抱されて復活、なんとかゴールを目指しているところ、と。優勝争い、熾烈だ~。道、間違いしなければY上さん、優勝してただろーな。

Y上さんの前を走らせてもらう。ちょっとした緊張感と、ゴールまでもう少し、ってことでスピードアップ。すると、開眼。体が浮いたように軽く、ステップが軽く、どんどん加速してく。1km程駆けて、気付いたら頭が真っ白になってた。ヤバイヤバイ。こんなところでぶっ倒れたら川に落ちちゃう。ちょっとスピードを落として走ることに。でも、確実に、あの気持ちの良い走りはまたしたい、と思う。

京都1周 (326) 京都1周 (327)

落合着。もうちょい。あと2Km程。

京都1周 (331)
でも、上りがきつーいのん。

トンネルを抜けて、景色が開けると・・・・


京都1周 (332)

出た!ゴールの保津峡駅!!

京都1周 (333)
赤い橋を渡ると、あと100mちょい。もう全速力なんかで走れませーん。

2010_0912_152840-DSC01052.jpg

66.0kJR保津峡駅   28分 10:28


だらーーーーっ!!!!!は、無しよ。

タナボタだけど10位だった(にん♪)

10時間は切れなかったけど、満足っす。暑さには弱いので、まーこんなもん。水も丁度無くなったし。消費6リットルちょい。よー飲んだ。これを4リットルでいい体にすればもっと楽に走れるかな。あとロードね。遅すぎ(笑)きちんと上りと下りのギアチェンジを意識して、しっかり走ろう、と思う。


2010_0912_154616-DSC01054.jpg

ゴールでは去年10時間切りして9位だった『ランニング大学生の日常@』のペコ☆さんが待っててくれた。膝痛で無念の大原DNF。しかし、落ち込むことなく『楽しかった☆』って言えるところが僕は好きです。復活したらバンバン一緒に六甲山を走りましょう!

ほんで真ん中の方。マフェトン理論で京都一周トレイル9時間前半、ハセツネサブ12の実力者、京都トレイルランナーのまっちゃさん。顔には似合わず理論派(笑)。この日は応援で来られていて初対面。マニアックなこと書いてるので半分以上は飛ばして(ゴメンさい)読んでるんすけど、興味深々なツボやいろんな方との交わりなど共通点多数。今後もお世話になりますだ。あとで、教えてもらったけど出走160名、完走60名(時間内完走はもっと少ない)。完走率は37.5パーセントという狭き門。どーでしょ、興味ある方はチャレンジしてみて。この暑さ、ハセツネよりもきついコンディション、らしいよ。

聞くと、takacchさんは5位!シビレルね~。初トレイル、初ウルトラ、自己責任のほったらかし大会でのデビュー戦で5位はすごいっす!


あー楽しい京都一周トレイル。今年も終わってしまった。。。

でも、今年は全コース振り返られるくらい記憶がしっかりとしている。もう少し意識して来年はペース配分など自分の力をぶつけるガチ大会として頑張りたいと思います。ファンランドの前田さん、ぶっ倒れないで頑張ってくださいね~


こちらをドゥーンと押しちゃってー!!
レオちゃんマンの元気の源
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
京都一周トレイルラン | コメント(8) | トラックバック(0) | 2010/09/18 11:11

レポビタンDな京都一周トレイルラン☆【伏見稲荷~大原】

ども!健康診断良好でダイエットも軌道にノッてるレオちゃんマンっす

じゃ、京都一周トレイルのレポ、よーやく続きです。

ちょっと、長いよ~。時間ある時に見てね~。

前回レポ(ビバーク~スタート)はコチラ

伏見稲荷神社の境内を駆け上がります。
京都1周 (6) 京都1周 (8)

京都1周 (9) 2010_0912_050905-DSC01039.jpg
(写真は試走時のものも使用しています。)
すごいね~雰囲気良いんですよ。とにかく。境内を駆け上がるとトレイルに。でもすぐにロードに。暗い中、舗装路と未舗装路を交互するので足元に注意です。でもライト、今回は持って行かず。重いし、暗いのは最初の20~30分くらいだから。無理せずに慎重に進みます。

稲荷四つ辻の165mまで上ってから下ります。

それに最初の5kmまでに迷いやすいポイントが既にいくつかあって早くも開始15分で迷ってる人発見。飛ばし過ぎるのも考えもの。ちゃんとコースを知っていないとどんどんコースアウトしちゃう。そのスパイラルにハマらないのが今回の課題。

京都1周 (18) 京都1周 (20)
泉湧寺76mまで下る。右の写真のような分岐が続々。右かな?左かな?正解は、右。突っ走ると間違えちゃうのであーる。しかもまだここを通過する時は薄暗い。注意じゃ。

泉湧寺を通過するして暫くで住宅地を通過。

京都1周 (24) 京都1周 (25)
写真の赤○に注意。こんな看板も見逃してはならない。

でも、コースを知っていれば簡単に対処できるし無駄な動きが減らせる。走りのペースも乱れるしね。走ったり止まったりだと。

住宅地から再びプチトレイル。

京都1周 (27) 京都1周 (28)
ほんと、普通の住宅地からこんなトレイルに気軽に入れる。

プチトレイルを抜け国道1号線横断地下道を通過。

5.9k国道1号横断地下道 42分 0:42
まだまだ楽勝。長い集団で走ります。

国道1号で100m、ここから上りです。

京都1周 (32) 京都1周 (35)
階段を上って舗装路を右折すると暫くでまたトレイルに。清水山241mの手前でtakacchさんの奥さんが応援してくれてました。さんくす!

京都1周 (37)
8.2k東山山頂公園    19分 1:01
東山山頂公園は220m。たいしたことないんだけど小さなアップダウンでも結構疲れる。

京都1周 (38)
すぐ近くに展望台あり。遠くに京都タワーも望める。展望良し!

ここからは一気に蹴上まで下り。ここも下りの分岐を見失うと軽く5~10分はロスってしまう。

京都1周 (44)
下りきると粟田神社。ここからロードに出て蹴上60m。

10.3k蹴上       14分 1:15
結構ここまでは余裕。トップは多分50分くらいで通過したんじゃ。まだ6時、少し暑さを感じる程度。このまま気温が上がらなければ、って思う。

ここから再びトレイル。今度は大文字山455mを目指します。

京都1周 (46) 京都1周 (51)
大文字山へ向かう途中で、サポートのおっちゃんに「お客さまで21番目ね。」って言われる。あれ?そんなに速かったかいな?って思いながら進む。上りはほとんど歩き。途中でtakacchさんが追いついてきて先に行ってもらう。なかなかtakacchさん、上りが軽い。この辺で疲れがグッと増してきた。本番まで小指の水膨れが潰れたとこが痛くて5日ランオフしたおかげでスタート当初は良かったけどやっぱ息の上がり方がおかしい。早くバテそうなのでペースダウンして様子を見る。

辛抱の上り。

14.2k大文字四つ辻   27分 1:58

大文字四つ辻455mから大文字頂上465mまではすぐ。一気に駆け上がる。

2010_0912_065929-DSC01040.jpg
もうヘロヘロ。やっぱ調子悪いんかいな。

頂上では休まずに先を急ぎます。

2010_0912_070550-DSC01041.jpg
大文字の火床で写真撮影中のtakacchさんと再びご対面。takacchさん、全然余裕だし。ここでも写真はあまり取らずに先を急ぐ。

下るとすぐに銀閣寺。一気に350m程下ったんかな。僕はアイスクリームの自販機でアイス購入。冷たいのんがタマラン。グレープシャーベット美味し!

17.4k浄土寺橋     42分 2:22
浄土時橋で76m。少し先に行けばエイドがあります。同じペースで来ているランナーが5人程。仲良くエイドに駆け込みます。

2010_0912_073036-DSC01042.jpg
ここが唯一の正式なエイド。水500mlと梅おにぎり1個をもらえます。アイスでもたついてたらtakacchさんに先行されてた(笑)ハイドレの水を大分飲んだのでもらった水500mlを補給。ほんで、コンビニにてパピコ購入。さっきからアイス2連発。のっさのっさと結局10分近く休んでた。

さーこれからは前半のヤマ場、比叡山。ここからは山深くなってくるのでココロせねば。休憩し過ぎて30位くらいに後退。まー気にしない。勝負は後半、だからね。ってホント余裕が無い、だけ。。。

パブテスト病院の脇の道からトレイルへ。ここもダラダラ走って(歩いて)たら、ペコ☆さんが追いついてきた。ちょっと話しながら歩く。だけど、ペコ☆さん、ちょいしんどそう。もしかしたら痛めてる膝が、やっぱ調子悪いのか。お互い、ここが最後、だったね。ここまで一緒に走れて良かった、と思う。

2010_0912_074406-DSC01043.jpg
木漏れ日、というか凄い眩しいんだけどこんな時にこんな幻想的な中を走ってることに感謝したり。しんどかったけど呑気にこんなこと考えて走ってる分まだまだ余裕があったのかな?

途中、ガンちゃんさんという大阪在住のランナーさんが座ってたんでご挨拶。聞くと最初トップランナーに交じって走ってたけどひどく道を迷って離脱してしまったんだとか。見るからに速そうだったので、道迷いの怖さを再認識。

京都1周 (69) 京都1周 (71)
途中、石鳥居419mまでは緩やかな上り。頑張って走る。今日は虫が少ない。なかなか気持ち良く走らせてもらえる。

22.4k石鳥居      52分 3:14

石鳥居から30m程下って、水飲対陣跡碑。
京都1周 (127)
ここも一杯一杯になってるとミスっちゃうポイント。
こっからケーブル比叡駅690mまでは300mの一気の上り。やっぱ、ここもゆるゆるで一旦抜かした大学生3人組に歩きで抜かれる。なんてことだ。ま、あまり気にせず、というより半ばタイムよりも完走できたらいいや、ってテンションで上ってく。ケーブル比叡駅へは旧道と新道と二つコースがあるが、旧道がオススメ。なぜなら旧道はケーブル駅に通じていて自販機で補給できる。新道はスキー場へ一気にいっちゃうので補給が難しくなる。それに旧道の方が無駄に上らなくて済むメリットもあるんだな。自販機ではコーラを爆飲み。まだハイドレは温存気味だったので水の追加は無し。

京都1周 (74) 京都1周 (79)
24.6kケーブル比叡駅  32分 3:46(旧道)
それにしても、ケーブル比叡までの上り、キツかった~。冬場ならもっと楽なんだろうけど、ね。暑さでどうでもよくなってくる。

京都1周 (81) 京都1周 (82)
廃墟となったスキー場を通過。かなりもの寂しい気持ちになる。

ま、でもそんなのも少し進んだところの展望台からの景色で癒される。

京都1周 (84)
ね、良いでしょ。正面の平地が大原。右の山が横高山・水井山。こー見ると遠い。。

ここからは軽く下って行きます。

京都1周 (86) 京都1周 (87)
浄土院では水が補給できます。僕は暑かったので頭から水を被りました。

京都1周 (90)
釈迦堂に到着。

27.1k釈迦堂      25分 4:12

試走ではここから大原への道のりがキツかった。距離で7km程なんだけど、ね。連続するアップダウンが厳しい。特に横高山と水井山連合。あれは、ヤバイ。でもそれを越えると大原。やっぱ癒しの前には試練あり、ってことですな。

29.4k横高山登り口   20分 4:31

横高山の上り口687mに着くと既に5人くらいがペースを同じくして上ってた。勝負どころと捉えて疲れない上り方を実践。太腿に力を入れるのではなくお尻で上る、っていう基本テクと合わせてカニ歩きも随所に入れていく。スキーを水平にして上っていくでしょ、あんな感じ。そーすると使う筋肉を分散できてかなり楽に上れる。これ、雲の助さんが教えてくれた。

横高山を越えて下りで加速、そのまま上りもジェットコースター方式で減速せずに飛ぶように上ってく。ここで先行してた5人を一気にパス。下りに転じてさらに差を拡げて水井山の上りへ。ここでも脚の疲労が少ない分、攻めの上りが出来た。多分大原までの前半で一番気に入っているポイント。

水井山を越えると好物の下りが約3km、600m近く下ります。比叡山の上りでヘロヘロだったのがアドレナリン大噴出で覚醒。大原までのカウントダウンでヒートアップ。動機は、アイスが食える。これ(笑)

31.9k仰木峠      22分 4:53

京都1周 (107)
凄いガレ場の連続。少しでも弱気になったらガクンってスピードダウンしちゃう。ここでtakacchさんともう一人をパス。あーやっと大原だ。

京都1周 (110)
この風景に癒される。

京都1周 (143)
そして、このコンビニはいつもお世話になる。ハイドレにロックアイスを詰め、かき氷を食って。体を冷やしたり冷たいのを飲めるようにキンキンに凍ったペットボトルを1個購入。のんびりしてたらtakacchさんが到着。ちゃっちゃと補給して座らずに走りだした。うーむ。僕はあれが出来ない。おんたけ100でも20分とか平気でエイドで休憩した。ここが課題のような気はするが、あまりストイックにいけないのがレオちゃんマン。


34.4k大原コンビニ   28分 5:21(休憩約10分?含む)


ここで半分。後半は、また。


こちらをドゥーンと押しちゃってー!!
レオちゃんマンの元気の源
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村
京都一周トレイルラン | コメント(6) | トラックバック(0) | 2010/09/16 06:37

レポビタンDな京都一周トレイルラン☆【ビバーク~スタート】

ども!爪は死んでますが、筋肉痛はお尻だけ、で有名なレオちゃんマンっす
京都一周トレイル完走した次の日に仕事。ある意味、国内にいながら時差ボケできます(笑) 会社の朝礼(8:40)の段階で『あっ、今頃比叡山のケーブルだ。』とか昼飯(12:30)で『よーし、夜泣峠も越えたし、あとは氷室までの上りか~』ってな感じで、京都一周トレイルに時間軸がいっちゃってる(笑)。

ま、なんしかレポ、いきますわ

レース前日は人生初のビバーク(野宿)。安宿に泊るのも、と思いましたが例年以上の参加人数ってこともありどこも一杯かな、と。それに新しいトレランシューズやギアも買っちゃったし。コレがアレなんで。
2010_0911_222413-DSC01032.jpg
伏見稲荷神社の境内にて。工事中で屋根があって石畳でフラット。虫も少ないという好条件を確保。の、はずが、警備員さんに、
「あんたらお参りかいな?」
「はい、そです。」
「でも、ここ、参拝の人が通るしな。」
「でも、3時ちょいでどきますよ。」
「いや、でもな。ここはアカンわ。こっちにエエとこあるから。」
って案内されたのは30m程離れた参道。『ここも人通るやんけ。』って思いながらも聞き分け良く寝どこを敷いて就寝。の、はずがⅡぅ~。
蚊が。蚊が。蚊が。蚊が~!!!。

ぶ~ん、って。蚊のテリトリーにお宅訪問。

最初はディフェンシブに対応しましたが、やはり無理というもの。10対1くらいの優勢な布陣を敷く彼らには関係無し。払ってる手に停まりよる。ほんでチューって。もう、チューされたら為されるがままです。はい。10数ヶ所以上、複数の奴らにイロンナことされました 最悪、秘部は守りましたが、ほんま堪忍して欲しいです。京都の蚊、わきまえてくれてはる模様。

このおじちゃん達の手下か?時々見回りに来る警備員さんと蚊に悩まされながらも凸凹の石畳が背中のツボに良ろし、と即寝爆睡。レム睡眠毎に軽く起きるんだけど、これ本能なんかね。ヤバイところで寝てると危険が隣合わせだからちょいちょい起きる。フクロウは脳を半分ずつ睡眠させて身を守ってるんだとか。

はい、3時過ぎに無事起床。5時間近く寝れて大満足。寝起きは良しです。着替えをちゃっちゃと済ませてコンビニで水と氷を購入。

2010_0912_045541-DSC01036.jpg
なかなか壮観。鳥居のライトアップに200名近いトレイルランナー。強者(狂者?)多し。ハンパ無くイカツイお兄さんがゾロリンピックでアワワ状態です。

2010_0912_041911-DSC01033.jpg
『マラソンにハマッた!!!』のtakacchさんとパチリ青・赤・黄と信号みたいで良いでしょ♪

2010_0912_043232-DSC01034.jpg
『ランニング大学生の日常@』でお馴染みのペコ☆さんともパチリ久しぶりに会ったらイカツクなってた(笑)

始まるのか、始まらないのか全然緊張感の無い中、早朝5時、幕は切って落とされました。てか、近隣住民の迷惑にならないように、ぶ~♪っていう気の抜けた小さな音だったんだけどね。

2010_0912_050001-DSC01037.jpg
朝5時。空が少し白んできていますがまだまだ暗い。先頭集団はすごいダッシュで階段を駆けていきます。

2010_0912_050244-DSC01038.jpg
千本鳥居をくぐるのは気持ち良し。僕は階段をあまり走らない第2集団の中間ってとこ。みんなのんびりいきます。なんたって66kmっすからね。ぐるっと京都一周ですから。


そんなこんなで、レオちゃんマンの京都一周トレイルランという名の旅が始まったのです。しっかし、痒いよ。


こちらをドゥーンと押しちゃってー!!
レオちゃんマンの元気の源
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村
京都一周トレイルラン | コメント(6) | トラックバック(0) | 2010/09/14 01:31

京都一周トレイルのラップ☆

ども!京都一周トレイル、レポの前にラップ書いときまーす。

朝5:00伏見稲荷神社前スタート

5.9k国道1号横断地下道 42分 0:42
8.2k東山山頂公園    19分 1:01
10.3k蹴上       14分 1:15
11.7k七福思案処    15分 1:30
14.2k大文字四つ辻   27分 1:58
17.4k浄土寺橋     24分 2:22
20.5k一乗寺林道出会  34分 2:56(コンビニ休憩8分含む)
22.4k石鳥居      18分 3:14
24.6kケーブル比叡駅  32分 3:46(旧道)
27.1k釈迦堂      25分 4:12
29.4k横高山登り口   20分 4:31
31.9k仰木峠      22分 4:53
34.4k大原コンビニ   28分 5:21(休憩約10分含む)
36.2k江文峠      23分 5:44
39.7k薬王坂登り口   34分 6:18
42.5k二ノ瀬      25分 6:43
43.6k夜泣峠      17分 7:00
46.4k山幸橋氷室口   26分 7:26
49.3k氷室       39分 8:05
53.4k上ノ水峠     39分 8:44
55.3k仏栗峠      21分 9:05
57.9k高雄白雲橋    20分 9:25
61.8k清滝金鈴橋    35分 10:00
63.5k落合       15分 10:15
66.0kJR保津峡駅   13分 10:28
2010_0912_152840-DSC01052.jpg

ま、何かの参考になる方も、ならない方もいらっしゃるかと思いますが、来年のためにしたためときます。来年は全ての区間で1分ちょい縮めれば10時間切りが見えてきます。あとエイド、休み過ぎぃ~


こちらをドゥーンと押しちゃってー!!
レオちゃんマンの元気の源
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村
京都一周トレイルラン | コメント(2) | トラックバック(0) | 2010/09/14 00:54

京都一周トレイル、前夜☆

ども!
今、京都への電車の中です。
明日は京都一周トレイル66K。
すんごい楽しみにしてたレースなんで、準備してたらソワソワしてしまいこんな時間に。

朝、5:00スタートで制限時間は13時間。目標は9時間59分59秒。サブ10が目標です。

でも、あんまり暑かったり調子が良くなかったら無理せずファンランかな~。案外切り替えが早いかも~。ま、あまりガツガツ追い込まずに楽しく駆けっこが出来ればいいな~って思ってますぅ。

パック、悩みました。

大きめのネイサンのやつにしよーか、ノースフェイスのマーチンウィングとウェストポーチの合わせ技か。普通にグレゴリーのルーファスか。どっちも同じ考えに基づくんだけど、必須なのはボトルなのね。

京都一周トレイルは自動販売機が多い。

だから、給水は自販で十分なんよね。

極論するとウェストポーチのみでもいけちゃう。

まだそこまで根性無いんだけど、ね。

結論、ボトルは絶対なので取り出しやすさとストレスの無さで、ノースフェイスのマーチンウィングとボトルポーチの合わせ技にしました。
じゃ、ルーファスだけでも良いんだけど、僕は肩が固くてルーファスのボトル入れからボトルを取るのに苦労する。それに、型が古くてハイドレーションのチューブの固定がいまいちでちょくちょく、ぶらーんってなるのでレースではあまり使いたくないんすね。僕、イラちだから。

あと、シューズ。

これは、ね。また迷いました。サロマレーサーかモントレイルのマゾヒストかイノヴェイトのタロン212か。それとも今日新しく買ったテクニカのシューズか。

結論、マゾヒスト。

ロードも多いのでサロマ?って思ったけど結構滑る箇所があるので気にしてしまうかもって、却下。タロン212は大原までのガレ場が怖いし。結局マゾヒストにしました。これがこの距離と路面の状況では一番のチョイスかと。

これは今までの信頼と試走でも確認済み、ってとこで決まりですね。新しいテクニカは、ちゃんとレポしてからレースで使おうかな、と。ハセツネで、なんだこのシューズ!!ってビックリさせてあげたいね。

あー。それにしても決まらないことがひとつ。

今夜の寝床。

ちょっと怖いけど伏見稲荷の境内でビバークするか。カラオケ?ネカフェ?さーて、どーするべ。

どーでもいいけど早く寝なきゃ。。



こちらをドゥーンと押しちゃってー!!
レオちゃんマンの元気の源
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村
京都一周トレイルラン | コメント(2) | トラックバック(0) | 2010/09/11 21:36
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。