スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

ルンルン京滋トレイルラン=3【レポ4】

ども!【レポ3】の続きです。
ん?もー飽きたぁ??(笑)
気が変わったので一気に書いちゃいます。
長いのでお時間のある時にどーぞ♪


いやー、あの犬小屋を発見した時はほんと脱力しましたよ
いぬごや

気を取り直して犬小屋のある方の道を上ります。
民家の畑でおじいちゃんが笑ってます。
「あんたら、ずいぶん遅いね~」
「先に走ってた人はどれくらい前ですか~?」
1時間くらい前かなー。あんたら一緒のマラソンかいな??」

えっ、1時間。。。

完全にピクニックモード。ちょっとの上りでも歩きます。
「西国古道」っていうプレートを頼りに草道を上がると再び舗装路に。
そこを左折してしばらくラン。
そろそろ神社があるはず。
おー鳥居が見えてきた。ここの三叉路を右に下るって書いてあるから要注意!

そこで、またまた黄色いウェアの方が地図読み。

いやーな予感。。。(笑)

右、って書いてあるのに左に行こうとしてはる。
でも「神社のところの三叉路を右に下る」というルート説明に従えば、下れそうなのは黄色のウェアの方の言っている方。。。

もう、こうなりゃ心中しますわー!

って、言ったかどうかなんとかそれらしき道を下って行きまして、お地蔵さんを発見。

京滋TR (18)
このレースで初めてと言ってもいいくらい分かりやすいお地蔵さん。
めっちゃ、拝んどいたし!

この角を左折してトレイルに突入。スムーズに行ってればここで1時間くらいなんかな。
ココ通過、2時間36分だし。。。

中間点の自主関門は3時間。
間に合うんかいな?

なんていうことは考えずにトレイルを上ります。かなり急だし。。。
この辺、すっごい分かりやすくてルート説明とルートが納得の一致で(当たり前か?)スイスイ進む。
この辺でNAKAむぅ君と黄色いウェアの方を置いて進みます。
やっぱ、ちょっと後悔。
はじめの作戦通り岩間山までは集団に紛れとこう、っていうの実践していれば良かった。脚と心の余裕があればガッツリ上りで攻めれたのになーって遊びって言ってた割りにまだ未練あるし。

京滋TR (19)
おーまたまた分かりやすいポイント。奥宮神社。生き残りのガングロ君(この人もずっとミスコースに帯同しておられた我慢強いお方)とトイレ休憩&絶景を堪能。

京滋TR (20)
その横の展望所からの眺め。あー爽快

黄色のウェアの方が追いついてきたけどかなりお疲れモード。
言葉は無く、笑顔でアイコンタクト。
「僕、行きますわー☆」って言ったつもり。

すぐに出てきた駐車場ではモトクロスバイクのおっちゃんの集団がワイワイ。
総勢50名くらい???かなりの大集団。
それに乗って帰りてー!ってホント思った。
バイクのおっちゃんを横目に、再び下り。あー楽
ここで要注意ポイントをチェック!
コース説明の『右急カーブの手前のベンチの所から左のトレイルへ』って見るからにややこしそうな分岐もすぐに発見し、気持ち良い下りを堪能!中間点の自主関門に間に合うか?

でも、あくまで「自主」でしょ、ってことであんまガッつかずに中間点へ。分かりやすい橋。
ここで3時間02分。まー2分の超過は勘弁してちょってことで進みます!
橋の周りに5人程座り込んでる。
タクシーに乗ってく人もいれば、主催者の携帯に「リタイアっす。荷物取りにいきます。」なんて言ってる光景も。。。僕らも、ほんとはリタイアしたいんすけど、勝手に前に進みます(笑)
しんどいの大好き

京滋TRコース4

中間点の橋を渡って左折し100m程の舗装路を上ると右手にトレイルの入り口。なんか結構急だし。
一緒に来てたガングロ君もいよいよパンパンで
「あーしんど。あかん脚が。。。」「うー、あかん。無理っ。」「いでででででー!」
って脚より口が動いてるし(笑)
次第に虫の息・・・
GOOD LUCK!

これで、ミスコース組でトップになってしまった
なんの喜びもないですけど。
結構、上りはキツイし補給食でも取ろうと思ったら、パワージェル2発はとーに消費。
あとは種なし梅干しのお菓子のみ。ハイドレの水は1リットル持ってきたけどあと300くらいかな?セーブしなきゃ。ほんとサバイバル。コースは東海自然歩道の道標に沿って行くので間違わなさそう。この尾根で次々にへたり込んでる方々を次々発見。「ういっす。」って感じで軽い挨拶。ほんとしんどそう。

京滋TR (21)
こんな感じのトレイル。元気だったら少々の上りでもウヒョーって叫びながら走るのに、そんな元気無いっす。お腹すいたし。

京滋TRコース5

千頭岳(600m)を通過ししばらくすると・・・

京滋TR (22)
木陰から、琵琶湖が見えてきた!
かなりテンション上がる!!

もーちょいで僕、生きて帰れるんだ!

そー思った瞬間。生きてるって実感。
こんなのを感じられるのもトレイルラン

細かい上り下りをくり返し、音羽山の西側を通過。ここで再びの眺望!

京滋TR (23)
あー歴史を感じるな~。
どんな偉人さんがこの景色を見てきたことか。
思いを馳せ、しんどい脚を前に出します。
あと5kmってとこ?
ここで4時間16分

制限時間まであと44分。

もう、何もない。水も。無い。最後の梅干しのお菓子の残りを食べる。

あーうまい!

くぅ~。。。腹減った。ホント、ラーメン食いたい。めっちゃコッテリのん。
いやいや、あかん。サロマまではあかんあかん。って色々考えます。

さっきの写真からは緩やかな下り。いやらしい上り返しもあるけど行けなくはない感じ。この辺で沢山の人に出会う。ワイワイおしゃべりしながら気持ち良いダウンヒル
しつこいけど、コースミス無しで来てたらかなり調子良く走れたに違いない。もったいなかったなー。好きな下りを攻められないもどかしさ。。。
あーーー、もう限界。限界近し。。。
ソフトフラスクをチュッチュしてもジェルはもう無いし。。
腹減った。飴玉でもいい。
手先が痺れてきた。
あかん、ハンガーノック寸前。。。
耐えろ、耐えろっ。
自分の体重を感じない感覚。。。
やばい、コントロール困難。もうフラッフラのヘロッヘロ。
痺れは上腕にまできている。
いやーな感覚。。。

俺、ヤバイ。ヤ・バ・ぃ、、、

人生初の生命の危機を感じる瞬間。
ハイドレの水、少しの量の水が出てきた。
だけど、それっきり。。。

あーーーー乾いてる。

腹減ったー

せめてもの救いは人がいること。
前にも後ろにも。やっと前の集団にも追いついてきたんだ。

結構下って、国道を横切る歩道橋を渡ります。
渡りきったトレイルの入り口の標識にゴールの長等公園まで1.5kmの表示が。

よし、あと15分くらいあるのか。間に合うか。。。

再びの上り返し。もうパワーが無い。全然進まない。
元気を出すためにすれ違う人に声をかける。
ありがとう!
その笑顔でちょっと進める。
長ーーーいは、1.5km。。。

さっきの脱力感から少し解放される。
何で?復活?
下りきると20人くらいの団体が・・・
ここにきて迷ってるの??

ゴールまで数百メートルのハズ。
『舗装路に出て左』って書いてあるけど、この細い舗装路のことかいな?
ってもうこの際疑ってらんない。進め進め!
ミスコース代表レオちゃんマンが先導致します。

泉州
この時の感じ。村人を先導する村の長みたいな感じ!

見えた!ゴール前の階段。アレを下ればゴールがあるハズ。
もう順位もタイムも関係なし。
このコースを走れた充実感でイッパイ。
ゴール前ダッシュとか大人げないことも無し。
そのままの状態で次々にゴールイン!
先にゴールした人達や応援で来てる人達から盛大な声援を受けて感極まりマクリ

時間、後で確認したら4時間54分

間に合ったみたい(笑)

あー疲れたー!!!

生憎、飲みたかったコーラは売り切れ、ファンタも売り切れ。Qooりんご味で癒される~2本一気飲み!グビグビッくす☆

京滋TR (25)
ゴール10分後。蘇生した後のレオちゃんマン!


30分後、彼らは元気に帰ってきた。
そう、NAKAむぅ君と黄色のウェアの方・・・もとい、髭のロッキーさん(あっ名前教えてもらいました
京滋TR (27)
大人げない小競り合いを制し、髭のロッキーさんが先着!

京滋TR (28)
NAKAむぅ君もゴール!
ちょっとふざけて、お茶目にゴール!
若いってええーっすな

京滋TR (29)
そして、共に闘った同士のスリーショット!!
爆カッチョ良いし、髭のロッキーさん超オモロイ人でしたし~!笑えた~
聞くとミスコースの前科あり(笑)
髭のロッキーさんの奥様からお詫びのおにぎりをゲット!
奥さん、美味かったっすよ!
お詫びっていうよりこっちが感謝っすよ~
旦那さんのおかげで、めっちゃ遊べましたし~ルンルン~♪
NAKAむぅ君もまだまだ元気
あー盛り上がったな~☆
髭のロッキーさんに聞いたら、僕ら32kmも走ってたらしい。
20km分の水と補給食だけじゃーほんまヤバイなー
これからはお守り的な飴玉持っておこっ。
あと少々のお金と携帯もね。


京滋TR (26)
トレイルランナー間瀬ちがやさんと
美し過ぎる~
レオちゃんマン、ド緊張!
「あのー僕、レオちゃんマンって言います。はい。」
こんな怪しいアプローチにも嫌な顔ひとつされずホント女神さま
すっごい嬉しい!疲れ吹っ飛ぶ~☆

京滋TR (31)
これ、ついでに。
我々、ドロンさせていただきます

京滋TR (32)
帰りは銭湯へ。ゼッケンと引き換えに入浴料は無料に。助かったー☆




えらい長い記事を最後まで読んで頂き嬉しい限りでございます。
こちらをドゥーンと押しちゃってー!!
レオちゃんマンの元気の源

↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ


スポンサーサイト
2010京滋トレイルラン | コメント(14) | トラックバック(0) | 2010/03/16 20:37

ルンルン京滋トレイルラン=3【レポ3】

ども!【レポ2】の続きでーす!
もうここまで読んだ方は、どーせ、こんなにタイムロスしたら、って思うでしょ?
いやいや、まだまだ楽しいランは続くワケです。
だってまだ中間点にも行ってないもん。

軽快に舗装路の下りを攻めると、2人の女性ランナーさんが、恐らく最後尾。。。
話しかけ、「あっラーメンの人だ!」なんてビックリされ、事の顛末をお話。
慰めもせず、「アハッ」だって。モー

またまた、女性ランナーさん、こちらはお1人。
話しかけ、「あっラーメンの人や!」おいおい、どんだけ目立ってたの???
事の顛末は・・・「見てのとおりですわ」の一言で終わり。
でも、すごい体力やねー」って何処を褒めとる

あと、どー見てもハイキングの延長、って感じのモッサリ男子3人組に謎の「おーーーっ!」って感嘆符で威嚇されました。

そんなやりとりをしつつ楽しみながらのランは続きます。
黄色のウェアの方も追いつきました。
やっぱ、ロードは速い、すっごい良い脚してるし。
落ちこぼれ組の3番手を追走。4番手はNAKAむぅ君。
頭の中には次の分岐のことだけ。
<三叉路で右折、三叉路で右折、三叉路で・・・>
三叉路が無い!
<いや、ちょっと待てよ。もう三叉路は無事にクリアしたんかな?>
って、前の方では黄色のウェアの方ともう一人の方が地図とニラメッコ 
「犬小屋を上やろ?」「犬はいっぱい吠えてるしどれか分からんな。」
なんてヤバメな会話。。。
レオ:「いや、犬小屋っていうよりお地蔵さんを左折と違うの?」
2人:???「まー地名も合ってるしもうちょい進みましょか。」って。
ほんと冗談抜きで分かりにくい。。。
地名は合ってるし、分岐はミスってなさそう。
でもお互いに今、何処に居るのか意見はバラバラ。。
自信満々の黄色のウェアの方について行くことに。

ドンドン、ドンドン軽快なラン♪

なんて幸せな人たち…幸せな人たちぃ???

更に突き進み、地図ではあり得ないトンネルを2個越える。
そして、、、バイパスに突き当る。

ヤベッ!もう地図の外に出てる!!!

京滋TR (15)
がっかりの後ろ姿。。。

京滋TRコース3
これが、そのアホなコースアウト
僕ら地図からはみ出てるしぃ

皆で冷静に地図を見てどこで間違ったか検証。
やっぱ、三叉路。
やっぱ、三叉路じゃーーーん!

かなり戻って三叉路発見!
何故?何故これに気付かなかったのか???
果てしなく不注意過ぎる。オーマイガッ
黄色のウェアの方のGPSによると、現在、17km。
えっ、もう17km?
このコース、20kmだし、
まだ中間点にも3km程ありそうなのに・・・
って言うかそのGPS、何のために持ってんだ(笑)
って、エアーツッコミ。
まー黄色のウェアの方もただ純粋にランを楽しんで、速いが故に目印となってしまい、ついてきた僕らが甘かったとしか言えないのだが・・・

心が折れたままその三叉路を上がると…犬小屋発見。

!!!!!

京滋TR (16)

いぬごや
犬小屋に、犬のぬいぐるみ??
それに何故か電話の子機が
<俺たちが探し求めた犬小屋って・・・

京滋TR (17)
ここまで、クールに走ってたカッチョマンNAKAむぅ君もこのとおり、おかしなテンションに

さてさて、どーやらトータルのロスタイムは1時間30分くらいになってきた。。。
このままでは完走すら危ぶまれる状況。


行くのか?行かないのか?
いよいよレオちゃんマンたちは屈辱のDNFという辛酸を舐めることになるのか?
もうみんな、脚にも疲労が・・・
心は折れて、、、
水は少ないし、補給食もわずか。

これはもう、探検である


まずはここまで!そろそろラスト?
まだ、中間点にも行ってませんで~
エスケープして電車でゴールにワープする??

続きは【レポ4】でね!


こんな、珍トレイルもたまにはいいじゃん!
こちらをドゥーンと押しちゃってー!!
レオちゃんマンの元気の源
↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ


2010京滋トレイルラン | コメント(6) | トラックバック(0) | 2010/03/16 06:01

ルンルン京滋トレイルラン=3【レポ2】

ども!【レポ1】の続きでーす。

日頃から冷静かつ戦略的なレオちゃんマンですから、序盤は全然温存しまくりっすよ。それにトップにも出ていってないし。こういうレースは駆け引きっていうのが大事なんです!
駆け引きがねっ
駆け引きが…
何て?何て?何て~???

なーんてこった!!

京滋TR (13)
なーんてこったの瞬間っす!
黄色のウェアの方、10名近くを引き連れて集団ミスコース!
はい!レオちゃんマンもその一員。。。

どこまでミスったかというと・・・

京滋TRコース2
グイグイと気持ちの良いトレイルを下って………ひたすら下って
アハハ~ほとんどスタート地点近くまで戻っちまった
でも、みーんな笑ってる。
だって他の190人くらいは走ってないコースを走ったんだ!
得した!ってプラス思考満開!!
逆境に追い込まれると力を発揮するレオちゃんマンは再び悠然と上り返す。気持てぃうぃートレイル、だけど上りはキツイはな~。さっき下りですれ違ったお婆ちゃんに「あんた、今度は上ってるの?」って聞かれて「うん、僕、お山、大好きやねん。」ってアホな返しで強がりっ

これで40分以上はロスったブー

上がってきて、再び舗装路に戻る。あー、こんなヒネらずにストレートに舗装路を下ってけば良かったわけね。遥か彼方を見渡しても誰もいない。。。現在最下位から数えて10番目!


今日はここまで!続きは【レポ3】でね!




さーて、どーなる?驚異のリカバーで後半に望みを繋げるのか?はたまた、、、
続きが気になる人も、気になんない人もボチッとしてみて
レオちゃんマンの元気の源
↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ


2010京滋トレイルラン | コメント(13) | トラックバック(0) | 2010/03/15 20:21

ルンルン京滋トレイルラン=3【レポ1】

ども!今日はお楽しみの京滋トレイルラン!
まみ公さんの東京マラソンレポのタイトル「ルンルン~」をパクらせて頂きました~!
寝坊&よくある気変わりでのギアの変更なんかでバッタバタ
シッチャカメッチャカ散らかして予定の30分遅れで出発
JR山科で地下鉄で乗り換え。。。その時、バックからウェアリングからセンスの良さそうな兄ちゃんを発見。タダの山登り君ではあるまいと思ってつけていたら、やっぱり!
お世話になっているアウトドアショップの店員、NAKAむぅ君ではないですか
京滋TR (4)
ミドリの方がNAKAむぅ君ね。かなりのカッチョマン
去年の大阪府チャレンジ登山にも一緒に参加したりで仲良くさせて頂いとるワケ。趣味が合うし話していて楽しい好青年だ(念の為、僕はアッチ系ではないので誤解なく(●^v^●))

京滋TR (2) 京滋TR (3)
醍醐寺、こういう由緒正しい京都のお寺がスタート地点。

京滋TR (5) 京滋TR (7)
(左)リラックスモードのレオちゃんマン。今日は遊ぶ気マンマン
(右)禁ラーメン選手権2010オリジナル禁ラーTシャツ&しまねこワッペンのコラボ!

京滋TR (6) 京滋TR (8)
あるのは地図だけでエイドも案内も看板も何にも無しの大会に200名が集結!
主催者のマエダさんの開会挨拶&諸注意でいよいよスタート前に。

京滋TR (9) 京滋TR (10)
funrundeのマエダさんのいつもの気の抜けたアヒル笛が「ぶーっ!」って鳴っていざスタート。いきなりの急坂。階段を上るとまたまた容赦ない急斜面。ここは皆歩いて温存。僕は10番目くらいにつけて様子見。<前半の分岐はややこしく間違いやすいから慎重に行こう。右膝だって万全じゃないし~。中間点手前の岩間山までは自重しよう。>なーんて冷静を装っておりましたが、なんだか右膝は<行っても良し!>の状態。じゃー行きますかと自分を抑えることなく自然体の上りで3番手に。<トップはやめておこう。神経使うし、ミスコースもある。慎重に、慎重に・・・>そーです。かなり冷静だったんですよ。

京滋TR (11)
黄色のウェアの1番手の方、悠々と進みます。<ん?んん?こりゃ地元の方かな?エライ自信ありそう!>この方について行けば間違いなさそう。細かいアップダウンも挟みます。
そこで、レオちゃんマン、、あろうことか本日の補給食パワージェル2発を入れたソフトフラスクを落っことしたことに気付く。やばい3番手についてたNAKAむぅ君にそのことを告げ、バックしてソフトフラスクを探すことに。<おいおい、あれ2000円くらいしたんやで。それにパワージェル2発以外に梅干しのお菓子しか持ってないし。。。>ってテンパって戻ったらほんの50mくらいで発見!おー今日はついてるぜっ!

順位は入れ替わり、1番手黄色いウェアの方、2番手NAKAむぅ君、5番手レオちゃんマンで進む。まだ皆の気配を感じられる位置。しばらくして高塚山の頂上を通過。ここで、黄色のウェアの方が慎重に地図読みで立ち止まってる。僕が、「もう頂上っすから後は下りっすよ。すぐで舗装路ですわ。」とカッチョ良いリーダーシップを発揮皆を引き連れてダウンヒル~ってこの先自信無いっすから道を譲ります。
そう、今日は金魚のフン大作戦!

京滋TR (12)
ここで再び5番手。
なーんか楽しくなってきた☆
ファンランのつもりが右膝は異常なしだし、脚は軽い。絶好の入賞チャンス

今日はここまで、続きは【レポ2】でね!





良い行いをしていると運ってついてきますね!
ついでにこちらをドゥーンと押しちゃおう!

レオちゃんマンの元気の源
↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ


2010京滋トレイルラン | コメント(10) | トラックバック(0) | 2010/03/15 00:38

日曜日は京滋トレイルラン=3

ども!明日(もう今日?)は京滋トレイルラン(20k)へ参戦してまいります。
もう夜中の1時過ぎ、まだ準備が出来ておりません。
ムックリと起きてきて、今から準備、と思ったら。。。
一緒に参戦予定のペコ☆さんがケガでDNSという報告が

あちゃー、僕も右膝下が少し痛むし、ペコ☆さんは1週間前にフルを快走しているんで疲れがあるだろうからファンランで一緒に楽しめればな~って思っていたのに、残念。




明日のレースは、funrundeさん主催のレースで渡されるのは地図のみ。コース案内無し。看板も無し。エイドも無し。地図とコンパス、水と補給食を持ってルートを間違えないように進みます。今回はあまりコースミスしなさそうな感じ。京都の醍醐寺から東へ進み、高塚山(486m)、横嶺峠を経て舗装路を走って集落を抜け再びトレイルへ。東海自然歩道に沿って小さな上り下りをくり返し岩間山(443m)の手前で方向を北に向け進み千頭岳(600m)、音羽山(593m)を越えてゆきます。このあたりの大パノラマは気持ち良さそう。琵琶湖も京都市内も一望できるみたい。あとは楽しい下り。ちょっと膝が痛いので攻められないかな?
滋賀県の大津まで出て来てゴールです。

京滋1
今回のゼッケン。1ケタの「2」。テンション上がります!
今回の参加は出走名簿で206人。
今までfunrundeさんのレースは40人~60人程度が多かったので、200人となるとかなりの大人気コースというのがうかがえます。京都のトレイル、楽しみです


そうそう、ようやく1月の諭鶴羽古道トレイルランの記録証が届きました。
京滋2
雨の中、コースミスもしたけどタナボタの3着
だらーーーーーっ!!!じゃなくてホント笑顔でゴールしました。

京滋トレイルも楽しめたらいいなー☆




ペコ☆さんの分も楽しんでくるべ
こちらをドゥーンと押しちゃってー!!レオちゃんマンの元気の源
↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ


2010京滋トレイルラン | コメント(4) | トラックバック(0) | 2010/03/14 02:02
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。